天皇制」タグアーカイブ

2. 「三代目は国を滅ぼしましたね」―私の人生哲学

中西 治

幼少年時代、私はもっぱら兄弟や近所の友だちとの相撲やチャンバラ、戦争ごっこなどに興じた。小学校に入ってからも自宅で勉強らしい勉強をしたことはなかった。それでも算数は比較的よくできた。算盤塾に通っていたので、算盤が頭の中に入っていた。算盤の時間には担任の先生に代わって教壇に立って算盤を教えていた。この先生は剣道も書道も良くできた文武ともに優れた教育熱心な方であった。夏休みには水泳指導、冬休みには剣道の寒稽古などをおこなった。私はこの先生から大きな影響をうけた。

先生は吉田松陰に心酔し、松下村塾の教育を模範とされていた。士規七則を教え、児童に暗記し、先生の前で暗唱するように指示された。私は早速、懸命に覚え、授業前の早朝、学校に行き、宿直明けの先生の前で暗唱した。「志を立てることを以て万事の源と為せ」、「交わるべき友を撰んで仁義の行いを輔けよ」、「書を読んで以て聖人賢者の訓えを考えよ」。志、友、仁義、書、聖賢。これが幼き日の私の出発点であった。身近にあった偉人の伝記を愛読し、歴史書を読んだ。

国民学校では紀元節や天長節などに校長が講堂で教育勅語を朗読し、全児童は黙祷しながら聴いた。校長は天皇を現人神と讃え、「一旦緩急あれば、義勇公に奉じ、天壌無窮の皇運を扶翼すべし」と教えた。昭和天皇は私の父より1歳下、皇太子(いまの天皇)は私より1歳下であったので、私は子供心に、天皇は父の弟、皇太子は私の弟のように思い、天皇を神、皇太子を神の子とは考えていなかった。このことを私はあるとき母に言った。母はそのことを外では絶対に言ってはならないと戒めたが、叱らなかった。

その母が1945年8月15日の玉音放送直後に「三代目は国を滅ぼしましたね」と父にひそひそと語っていた。これは驚きであった。私にとって昭和天皇は神武天皇以来124代目であったが、明治生まれの両親にとって昭和天皇は明治・大正に続く三代目であった。母のこの言葉が私の戦後思想への旅立ちとなった。両親よりもさらに一つ上の世代にとって敗戦は「公方様(将軍)」の天下から「天子様(天皇)」の天下、さらに「マック様(マッカーサー連合国軍最高司令官)」の天下への転換であった。

昭和天皇は「満州事変」のとき30歳、「真珠湾攻撃」のとき40歳、「玉音放送」のとき44歳であった。「40にして惑わず」というが、昭和天皇は40歳ではまだ迷っていた。敗戦という大きな失敗を経て、40歳代なかばにしてやっと迷いから抜け出し始めたようである。普通の人間はおおよそこの程度である。私もそうであった。

目次に戻る

エッセイ 52 羽仁五郎と坂口安吾の天皇制論

木村 英亮

雅子妃の病気が機縁となって、天皇制についていろいろ議論がおこなわれている。その根本には、天皇制と民主主義との矛盾がある。これは憲法のはらむ大きな矛盾である。具体的には、皇族の仕事や人権、天皇の跡継ぎの問題があるが、根本に矛盾があるので、すっきりした答は期待できない。無理をしなければ自然消滅であるが、国民にとっても天皇家にとっても、それが一番いいのではなかろうか。

敗戦直後1946年の2つの明快な見解を紹介しよう。

羽仁五郎は次のように書いた。

「日本において、天皇制が連綿としてつづいて来たことの現実の意味は、日本においては、今日に至るまで、いまだ一度も真実の徹底的な革命がなかった、ということにほかならないのである」(斉藤孝編集・解説『羽仁五郎歴史論抄』筑摩書房、1986,222ページ)。「天皇制をなくするときは日本に社会の安定の中心がなくなってしまうのではないかというような宣伝は、日本における新たなる民主主義革命の徹底に反対しようとするものにすぎず、日本人の自治能力に対する重大なる侮辱である」(229ページ)。

同じ年に坂口安吾は、「続堕落論」で、「天皇制だの、武士道だの、耐乏の精神だの、五十銭を三十銭にねぎる美徳だの、かかるもろもろのニセの着物をはぎとり、裸となり、ともかく人間となって出発し直す必要がある」(『堕落論』角川文庫、1957,105ページ)と主張し、天皇制について、次のように書く。

「藤原氏や将軍家にとって何がために天皇制が必要であったか。何がゆえに彼ら自身が最高の主権を握らなかったか。それは彼らがみずから主権を握るよりも、天皇制が都合がよかったからで、彼らは自分自身が天下に号令するよりも、天皇に号令させ、自分がまずまっさきにその号令に服従してみせることによって号令がさらによく行きわたることを心得ていた」(102ページ)。

「たえがたきを忍び、忍びがたきを忍んで、朕の命令に服してくれという。すると国民は泣いて、ほかならぬ陛下の命令だから、忍びがたいけれども忍んで負けよう、と言う。嘘をつけ、嘘をつけ、嘘をつけ」(104ページ)。

二酔人四方山問答(20)

岩木 秀樹

B:この前、多くの税金が皇室に使われているという話があったけれど、今回の清子内親王の結婚に伴って、一時金とかいう名目で、1億5千万円以上が支給されるらしいよ。これって税金だよね。

A:そう、羨ましいね。ぼくもその千分の一の15万円でもいいから欲しかったよ。それはそうと、皇室費や各地の御用邸や皇居、そして様々な骨董品や芸術品などの全ての皇室財産を合わせると膨大なものがあるらしい。

B:今、「聖域なき財政改革」とか言われているけれど、皇室関係は例外なのかな。でもこんなことをしていると、かえって世論の反発を招き、皇室の存続を危うくしかねないと思う。

A:そうだね。ただ皇室や宮内庁も生き残りに必死だ。民間からお嫁さんを捜したり、皇族の仲むつまじい映像を公開したりして、ソフトなイ メージを作っている。また天皇は、「憲法を守るように」、「日の丸・君が代を強制しないように」との発言や、サイパンでの韓国人や沖縄出身の戦死者の墓参 りなど平和の象徴の役割を果たそうとしている。

B:そうなんだ。でも若者の間では天皇制への無関心は半数を超えているし、天皇制を維持するための大きなコストを考えると、あっさりいらないと考える人も増えてくるかもしれない。

A:また皇室の様子は芸能人と変わりなくワイドショー化されている。ただ雅子様、愛子様と急に改まった口調で言われるけどね。おもしろいの はそのすぐ後で、急に威圧的な口調で、「金日成・金正日親子の世襲による体制」などと朝鮮が報道されていることだ。あれっ、皇室も世襲ではなかったかなと 思ったよ。

B:そうそう。この前、朝日新聞に載っていたんだけど、天皇家って125代続いているんだってね。

A:いや、僕のうちはもっと古いよ。アウストラロピテクスから換算すれば、何万か何十万なのかわからないくらいになるよ。僕がこの世に今存在していることを考えれば、僕の家も万世一系だ。

B:まーまー、そうだろうけれど。そりゃ、どこかで途切れたら、今存在していないし、万世一系ではなくなるけれど。

A:ところで、この万世一系という言葉は、男系のみが一貫しているということで明治憲法でうたわれたんだ。

B:そうそう、僕のおじいさんは歴代の天皇の名前をそらんじていたよ。

A:そうだな、現在70代以上の人は戦前の教育を受けていたので、「神武・綏靖・安寧…」と暗記されられていたからだ。ちなみに日本古代史研究では、実在の天皇は15代の応神以降と考えられている。

B:え、実在しているかどうか怪しい人まで数えているの。ずるいな。じゃあ、僕の家もこじつけて300代続いていますとか言おうかな。

A:神武から125代の現天皇まで124回の継承があったけれど、色々な継承があったらしい。直系継承が69例、兄姉弟間継承が27例、その他の継承が28例で、そのうち非嫡出子(側室の子)は55人とされている。

B:へー、直系ばかりでないんだ。

A:遠い血縁への継承は、皇位をめぐる争いや、継承者不足の危機を乗り越えるためだったんだ。

B:どのくらい遠い親戚からの継承だったの。

A:一つの例は、25代の武烈に男子がいなかったため、15代の応神の五世の孫が現在の福井県から連れてこられ即位した26代の継体がいる。約200年隔たった傍系からの継承で、王朝が変わったとの説もあるくらいだ。

B:そんなにさかのぼったの。本人もビックリしたろうな。自分が天皇の子孫だとは知らなかったりして。

A:継承争いで有名なのは、壬申の乱だ。38代の天智の後継をめぐって、息子の39代弘文と弟の40代天武が内戦をした。他にも南北朝の争いなど多くの継承争いが存在する。

B:天皇家の歴史は抗争、戦争の歴史だな。兄弟や親子、親族で殺し合いをするなんて、血塗られた一家じゃあないかな。

A:僕は天皇家が好戦的で、家族愛に乏しい一家だとは思わない。むしろ権力がそうさせたと言えると思う。権力を維持・継承するために殺し合いをしたという側面がある。現在の天皇家は政治権力はそれほど持っていないので、争う必要はない。

B:そうか。でも今でも皇太子と秋篠宮との対立が報道されているけれど。あれって継承争いかな。

A:週刊誌レベルの報道だから当てにならないけれど、全くないとは言いきれないと思う。女性天皇を認める皇室典範が改定されると、秋篠宮は 皇位継承順位が2から3に落ちる。また皇室典範改定のタイミングにもよるけれど、秋篠宮家が天皇家になる可能性がほとんど無くなってしまうからだ。

B:いやー、大変だね。天皇家に生まれるのも辛いね。僕の結論は庶民でよかったということかな。それと税金は大事に使って欲しいということだな。

二酔人四方山問答(19)

岩木 秀樹

B:この前の靖国神社の話で、天皇の軍隊についた戦死者しか祀られないと言っていたよね。

A:そうだよ。靖国神社は日本の伝統的な神社と異なる国家神道だ。伝統的な神社では亡くなった人は皆等しく神様になるが、靖国はそうではない。敵はおろか民間の犠牲者も祀られないんだ。

B:ふーん。靖国神社は日本の伝統だと思っていたけど、そうじゃないんだ。

A:明治に作られ、陸軍省と海軍省が管理し、日本の国体と天皇制の象徴だ。だから伝統的神道の信者は、靖国神社は神道をゆがめる存在だと怒ってもいいと思う。

B:色々話を聞いていて、やはり天皇制の問題が避けて通れないと思ったんだ。でも日本では天皇制を直接論議することはタブーなんでしょ。天皇制批判をすると、右翼などから脅しや暴力を受けると聞いたことがあるよ。

A:確かにあるが、言論の自由が保障されている日本ではそんなことがあってはならない。相手の人権を侵害しなければ、どのような議論も自由にできなくては自由主義国家、法治国家と言えない。

B:今、女性天皇の論議が盛んだけど、どう思う。

A:今の皇室典範のまま行くと、あと数十年で天皇制が無くなることは誰の目にもわかる。だから皇室や宮内庁にとっても皇室典範を変えることは死活問題だという現実がある。その上で女性天皇の論議について考えると、僕は当然の流れだと思う。

B:どうして。伝統的に男が天皇になるもんでしょ。

A:いや、明治以前までに10代8人の女性天皇がいたんだ。だから男系男子のみが天皇というわけではなかったんだ。ただ女性天皇を認める理 由としてもっと重要なのは、憲法第14条に男女の平等が書かれているからだ。これは当然、皇室典範より上位に位置するもので、皇室典範第1条「皇位は、皇 統に属する男系の男子が、これを継承する」は憲法違反だ。

B:なるほどね。

A:男系男子天皇制は家父長制の近代家制度のもとで作られ、戦後、皇室典範もかなり修正されたが、男系男子規定はそのまま維持された。ただ女性天皇が認められれば、天皇制に何の問題が無いというわけではない。

B:他にどんな問題があるの。

A:これは女性史研究者の加納実紀代さんが言っているんだけど、民族・階級・ジェンダーの三つの観点から、たとえ女性が天皇になっても問題があるとしている

B:へー。おもしろそうだね。

A:第一の民族の観点では、天皇は日本国民の統合の象徴とされており、逆に言えば、非日本国民の排除という排外主義をはらんでいる。第二の 階級の観点では、天皇制は生まれながらの貴賎や階層秩序を生み出す根源であり、人間平等の理念に反する。第三のジェンダーの観点では、天皇制は世襲であ り、血統に権威の根拠を置いていて、そうである限り皇室の女性は子供を産むことが強制される。

B:そりゃそうだ。色々根本的な問題が山積しているね。これじゃあ、天皇制存続についての議論が起こるのも無理ないね。

A:そうなんだ。憲法第2条の「皇位は世襲」との規定と、14条の「国民は人種、信条、性別、社会的身分又は門地により差別されない」との規定が大きく矛盾するんだ。14条にはさらに、「華族その他の貴族の制度は認めない」ともあるんだけどね。

B:これを矛盾ではないとするためには、天皇や皇室は国民でもなく、華族でもない、特別の存在とするしかないね。

A:そう。実は天皇制は皇室の人々から見てもかわいそうな制度だと思う。職業選択、学問、居住、結婚、信教その他の自由はほとんどない。もちろん僕らのような戸籍もなければ、選挙権も被選挙権もない。つまり人権が認められていないということだ。

B:人として認められていないということか。パン屋になりたいとか、歌手になりたいとか、思ってもだめだろうな。

A:学問の自由もないよ。古代日本史や近代天皇制研究、マルクス主義や東アジア研究などは危なくてやらせてもらえないだろう。自分たちの出 自や一族同士の骨肉の争い、軍国主義下での天皇制の果たした役割などが明らかになったら、自分たちの存在そのものに懐疑的になってしまうよ。だから当たり 障りのない、ナマズや鳥や植物の研究がせいぜいだ。

B:イスラーム教徒になりたいとか創価学会に入りたいとか論外だろうな。結婚相手も相当限定されるだろう。外国人や同性などは想定の範囲外だ。

A:本当は京都かどこかでひっそり暮らしたいんだけどな、と思っていてもだめだろう。

B:うーん。かわいそうな人々。僕、天皇家に生まれなくてよかったよ。

A:でももっとかわいそうなのが、天皇家やそれを支える制度に大量の税金をつぎ込んでいる僕らかもよ。この続きはまた今度しよう。