大学」タグアーカイブ

エッセイ 58 教員の限界の自覚について

木村 英亮

渡辺一夫は、辰野隆に「俺たちは、東大の教師だということになっているから、何とかやっていけるんだぜ。そうでなかったら、世間からはなもひっかけられねえよ」と言われ、別の機会に、「大学教師と乞食とは、三日やったらやめられねえね」ともふざけられた、と書いている(『ちくま日本文学全集・渡辺一夫』、1993,343ページ)

56歳のとき東京工業大学の「文学」教授となり、定年まで4年勤めた作家の秦恒平は、概論や講義で学生に無駄な負担をかけないで、「わたしの教室から、授業から、そして教授室からも、一つぶ二つぶの『砂金』をつまんで帰ってくれて、幸いに生涯だいじに記憶してくれますように」(『東工大「作家」教授の幸福』、平凡社、1997,13ページ)という心構えで教室に出た。「学生たちの心からの言葉を、教室で、教授室で、豊かに溢れ『みちびき』出すことならば、わたしにも出来ると思った。それこそが理系『文学』教授の仕事だと思っていた。結果として、わたしはなに教えず、学生諸君にたくさん教えてもらった。ほんと、楽しかった」(147ページ)と書いている。

なだいなだは、旧制中学で成績がよくなく、医学部進学を諦めようかと教員に相談すると、「『マグレってものもあるからなあ、頑張れや』といってくれた。なぜか、彼は無責任だったから」(『こころ医者の手帳』、ちくま文庫、1998,171ページ)と感謝する。そして、「子どもの人生まで指導出来るという思い上がりは、善意から発しているとしても、鼻もちならない」(173ページ)と書いている。

私も教員の仕事には限界があるという認識は大切であると思う。大学や大学院のトラブルの多くは、教員の責任意識が強すぎお節介が過ぎるところから生まれる。「一生面倒を見てやるから」などという無責任教員もいるようであるが、そんなことができるはずもない。教員がまず伝えなくてはならないメッセージは、他人はあてにすることはできず、自分に実力をつける他はない、ということであろう。

エッセイ 42 ピント外れの議論

木村 英亮

最近、公務員住宅が問題にされている。都心の便利なところに、安い家賃で住んでいるのはけしからん、民間に払い下げよというのである。国家財政の赤字解消にたいして役立つわけではないが、心構えとしておかしいということらしい。これが問題にされる原因は、ひとつは何でも民営化すればよい、という風 潮と、ひとつはリストラのなかでの公務員への風当たりである。

しかし、この問題は、国政にとってプラスになるかどうかという観点で判断しなくてはならない。もし「高級」公務員の住宅が都心になくて もいいと言うのであれば、国会の横にある議員宿舎もいらないはずである。場合によっては、政府、国会、官庁に近いところに、ワンルーム・マンションのよう な施設をつくり、忙しいときは、単身でそこに住めるようにでもしないと、国政が滞るのではなかろうか。

公務員に限らず、働く労働者や職員の労働条件、生活条件は良くしなくてはならない。それは、仕事がきちんとおこなわれるための必要条件 である。切り詰められるだけ切り詰めて働けというのであれば、奴隷と同じで、何のために働くのかということになる。すなわち、生産性の上がった分の利益 は、だれがとるのであろうか。

大学についても基本的には同じである。教育や研究の仕事の場合はさらに、そもそも生産性といった考え方になじまないところがあるのに、それがよく理解されていないような気がする。教育はもともと贅沢なものなのではなかろか。

世間でおこなわれている議論には、ピント外れのところがあるように思われてならない。

エッセイ 41 郵便局で

木村 英亮

郵便局の窓口で、杖をついたおばあさんが、局員と話をしていてなかなか終わらない。10分、20分、窓口はいくつかあるが、待っている人も多い。いまは、機械で預け入れや振込みなどができるので、簡単なことはそちらでやれば早いが、窓口でないとできないことも沢山ある。

ようやくおばあさんの話が済んだようである。おばあさん、用が足りましたか、と話しかけたいような気もする。いま、お年寄りは話し相手が いない。老人といっても女性の方が多いのであるが、つきあいは広くないであろう。郵便局の人なら信用できるし、いろいろ相談したいこともあるでしよう。

郵便局も能率が悪いなどと非難され民営化されることになった。むだを少なくしないと競争に負けてしまう。一方ではサービス向上と言って いるが、能率とサービスが矛盾することも多い。そういえば、銀行ではお年寄りはあまり見かけない。 学校でも、生徒は郵便局のおばあさんのように、ひとりひとりていねいに丁寧に教えてもらわなければ分からない。しかし、教師は雑務に追われて忙しく、「で きない」子は相手にしてもらえず、切り捨てられてしまう。そもそもできない子などいないのであって、「できない」子ができてしまうのは、学校と社会の責任 であると思う。

大学では、1年の学生に対する1クラス10人程度の基礎ゼミが広くおこなわれるようになり、個々の学生の希望に対応しようとしている。教員の負担は増え、ゼミ室も沢山必要であるが、これが教育の原点であろう。

教育はもともと能率などという概念にはなじまない。

エッセイ 38 盲点について

木村 英亮

高い山に登ったり、航空機からみると、地表の全体的状況がよく見える。社会の問題も「上」のほうには資料などの便宜もあり、よく分かるはずである。ところが、私のみるところでは、実は逆で、「下」から見た方がよくわかるようである。政治の最高権力者のところには情報が沢山集まり総合的判断ができやすいはずである。しかし、都合の悪いことは、どうしても伝わりにくく盲点が生まれる。水戸黄門や大久保彦左衛門が求められるわけである。

1968-69年の東大紛争のとき、私は助手であったが、ほとんどの学生たちが知っているのに、教授にはまったく伝わっていないことが多くあった。また、いろんな大学の教員や大学院の学生と話し合った機会に気づいたのは、東大の教授や大学院学生は夢にも思っていなかったようであるが、他の大学の教授は事態の収拾を支持しているばあいでも、東大が潰れるとをむしろ望んでいるようであったことである。

そのときは、膨大な労力を使って沢山の改革案がつくられたようであるが、実行に移されることもなく、結局もとのもくあみとなった。

現在、大学改革は、文部科学省や公権力の強引な「上からの改革」によって推し進められている。大学自体で改革ができなかったわけなので、自業自得といわれてもいたしかたない。しかし、学生はもちろん教員の意見も聞かず、学長にさえ逆らっておこなう「改革」とは何であろうか。このようなやり方が教育、研究のためになるとは思われない。

エッセイ 29 ゲマインシャフトとゲゼルシャフト

木村 英亮

ライブドア問題をとりあげたテレビ番組で、いまの日本政治ややくざ社会とのむすびつきが話題となっていた。また、若者がやくざ社会にはいっていくのは、家庭の崩壊のなかで、密接な人間関係を求めているからであるという発言がなされていた。すなわちライブドアは、一見、現代社会のなかの封建的な構造 を破壊する新しい明朗な企業であるような印象を与えたが、若者をひきつける古い共同体的な関係と資本主義という利益社会両方の闇の部分にしっかりと基礎を置いているというのである。

大学はもともと学生の共同体として始まったのであり、いまの日本の学生もゲマインシャフト的なものを求めて入学するのであろうが、実態は利益追求の企業であり、また社会の中の役割も、すぐに役に立つ研究と、会社員・労働者の養成が期待されている。しかし、ここには、研究、教育の本質的部分との矛盾がある。

大学教員、学生とも、欲得を離れて真理をまなび追究したいという欲求をもっているのであるが、具体的な問題では、経営体としての大学の要求と矛盾することがしばしば起こる。大学院などではゲマインシャフト的なところがわずらわしく思われ、1960年代後半の大学紛争は、一面ではゲゼル シャフトとして貫徹せよという要求でもあった。しかし、ゲゼルシャフトとして貫徹できないところがある。

社会主義は、平等な人びとの共同体、ゲマインシャフトを理想として掲げたはずであるが、現実のソ連では、当面社会主義すなわち「労働に応じた分配」のゲゼルシャフト形成をめざした。その崩壊は、ゲゼルシャフトとしての完成に失敗したものと考えられる。

エッセイ24 お世辞より奉仕

木村 英亮

松下電器をトップメーカーにした松下幸之助は、若いうちに勤勉努力の習性を身に着けつけておかなくてはいけない。習性というのは恐ろしいものだ、それは、ダイヤモンドのように堅牢な真実である、と言った(津本陽『老いは生のさなかにあり』幻冬舎文庫、182.)。

かれはまた、『商売戦術三十カ条』に、「売る前のお世辞より売ったあとの奉仕、これこそ永久の客をつくる」と書いている(177.)。

大学はいま、受験生集めに必死である。そのさい、私は大学経営者に松下の観点が欠けているのではないか、といつも考えてきた。すなわち、入学してきた学生に対するサービスである。授業料はもちろん第一に講義に対するものであろう。そのために教員の授業アンケート調査などをおこなっているわけであろう。しかし、授業料は学生が自発的に学ぶための設備、すなわち図書館やサークル施設などの利用料を含んでいると考えられる。また、事務サービスも当然ふくまれる。

入学後の奉仕、これこそ大学の基盤をつくる。これらのサービスに学部間で格差があってはならない。

今の大学における学問

わたなべ ひろし

先日次のような新聞記事を目にした。

日本学術会議が、参加している1481学会を対象にアンケート調査を実施。全体の約5割に当たる838団体が回答した。研究者として倫理的に問題がある行為が、1999年以降の5年間に学会の役員会などで話題になったケースがあるかどうか尋ねたところ、113学会が「ある」と回答した。不正の内容で最も多かったのは、論文の二重投稿で67学会。論文やデータ盗用の23学会がこれに続き、データのねつ造、偽造は6学会であった。(読売新聞 7月5日 一部要約)

職場の同僚の話しによると、論文やデータの盗用などまだかわいい方で、例えば彼の専門である生物学の分野では、学術誌の審査員(レフリー)を務める大学の教授が、審査対象である未発表の諸論文それぞれのアイデアやデータを盗用して組み合わせることによってより「完成」された論文を作成し、先に発表して自分の成果にしてしまったりするというのである。

この話しを聞いて僕は絶句してしまった。

日本学術会議というのは、科学技術系の学会の団体なので、人文・社会科学系の学会ではこんなことはないと思いたいのだが、当コラムでの木村英亮さんの文章などを読んでいると、それも怪しいものである。

先週、「大学の後輩」という人から自宅に電話があった。「大学の卒業者名簿から渡辺さんに電話をかけさせていただきました。」という前置きの後、彼が話し始めたのは「投資」の勧誘、具体的には「金(ゴールド)」の先物買いのことであった(と思う。なにぶんこれ系のお話しにはうといので)。彼によれば、なんでもアメリカが近々金相場への介入を計画しており、そのため金の相場は間違いなく上がるとのことで、例えば今600万円の投資をすれば半年後に最低でも(!)1600万円にまで増えると言うのだ。

普段なら「投資」の話しが出た段階ですぐにきるのだが、なんといっても「愛校精神」旺盛な僕なので、少し彼と話しをしてみた。

「君はいくつになるの?」
「24才です。」
「じゃあまだ卒業してあまりたってないんだ。今うちの大学の就職率ってどれくらい?」
「私のときは60%ぐらいで良かったです。」
「60%ぐらいで良いんだ!僕のときはほぼ100%で当たり前だったけどなぁ。学部はどこ?」
「経済学部です。」(ちなみに僕は文学部)
「ゼミの先生は君の就職先のこととか知っているの?」
「就職が決まったときはとても喜んでくれました。」
「お金を投資してお金を儲けるというのようなことは、僕はあまり好きじゃないんだ。君の仕事について、ゼミの先生や大学の先輩は何も言わない?」
「このような仕事をしているおかげで、いろいろな方とお知り合いになれてとても楽しいです。投資された方にも非常に喜ばれていますし。」

彼との電話をきった後、僕が最初に考えたことは、彼のゼミの先生のことであった。

大学の後輩ということを看板に突然相手に電話をかけ、半年後には600万円が1600万円になるともちかけて「金」の先物買いを勧誘して歩くような彼の仕事を、僕の感覚では「まとも」だとは思えなのだが、その先生はどう思っているのだろうか?就職の段階で、教え子がどのような種類の会社に入り、どんな仕事をすることになるのか、いやしくも大学の経済学部の教員であればわかりそうなものであろう。それとも自分の教え子として恥ずかしくないまっとうな会社に入ってくれたということなのであろうか?あるいは教え子の人生は教え子自身が決めることなのだから、就職先などは本人が決めればそれで良いということなのであろうか?

今大学においてどのような研究・教育が行なわれているのだろうか。それは少なくとも、憧れの対象としてあのような本を書きたいとか、あの先生のような研究者になりたいとか、学生時代僕が想っていたものとは全く別物になってしまっているようだ。

僕は学問というものは、全人格的なものであると思っている。しかし、今の大学においては、自身の学問と自身の「人格」は切り離されたものになってきているのであろう。

エッセイ10 教員と学生

木村 英亮

井上 靖の『おろしや国酔夢譚』に、主人公光大夫らがイルクーツクのキリル・ラックスマンの家をはじめて訪ねた場面がある。井上はそこを次のようにまとめている。「日本の漂流民たちは一人残らずラックスマン家を訪ねたことに満足を感じた。ラックスマンその人は気難しくもあり、わがままでもあるようだったが、言うことにも、することにも飾りというものはなかった。それが光太夫にも仲間たちにも、何とも言えぬいい印象を与えた。」(文春文庫版、169ページ)

最近読んだ木村幸雄「臼の上に座る人」(『中野重治の会会報』第5号、2ページ)に、募金のために中野重治を訪ねた学生時代の思い出がある。口座に振り込むからと現金を渡さず、口座番号を記載した広告を出し賛同者が振り込むようにすれば、学生も勉学の時間を失わなくてすむ、運動をもっと合理的に運ぶことを学ばなければならぬと話し、「臼の上に座って、そういう話をする中野重治の風貌姿勢は、古風で頑固なものに見えた。しかし、話の中身は、新鮮かつ柔軟で合理的であり、目を開かれる思いがした。」と結んでいる。

ラックスマンや中野の言動には、対人関係についてのひとつの態度がある。大学の仕事も人が相手であるが、その人は、学生に重点を置くべきであると思う。携帯やインターネットの時代、人間関係の常識も変わっている。たとえば教育実習校・指定校訪問など、ありがた迷惑になっているのではないかと感じることもある。もう少し合理化し、研究・教育の時間を確保した方がいいのではないであろうか。

エッセイ9 時間と仕事

木村 英亮

スクールという言葉は、暇を意味するギリシャ語のスコレに由来する。東奔西走、いらいらしていては勉強はできない。いま大学教員は、講義負担のほか に、会議、雑用が増え、ゆとりを失っている。講義負担も総合課目から大学院まで、過大である。さまざまな沢山の講義のいずれにも十分な準備をして教壇にた つことは不可能であろう。結局手抜きが行われざるをえず、しわ寄せをうけるのは学生である。以前は助手というポストがあり、事務職員もサポートしていた。これらの人々の削減によって、教員の仕事はいっそう増えている。

普通の大学では図書館もおもに学生向きで研究図書館ではない。結局、大学の研究室にいては研究できない。

教育・研究の仕事は、生産会社の場合と異なり、生産性の向上といった考え方にはなじまない。大学の場合、学生は教員から教わるばかりでな く、自分達で自主的に勉強することも大切である。ゼミやクラブ活動が大きな意味をもっており、そのためのスペース、図書館、機器の充実、教員・職員による 援助・コンサルティングの体制も必要である。

しかし、同様のことは初等・中等教育の場合にも言えよう。教員が忙しすぎることは、小学生・中学生・高校生には困ることであり、社会的 に損失である。子供の数が減っているいま、教育の充実の機会である。教員の質を確保するとともに、余計な雑務から解放するよう、行政、父母とも努めてほし いと思う。

エッセイ8 基幹科目と専門科目

木村 英亮

日本の旧制大学では、学部は法学部、経済学部など研究の方法によって分けられていた。戦後、1950年代はじめ、東京大学教養学部に、3.4年の専門課程として教養学科が設けられ、そのなかに国際関係論やアメリカ科、フランス科など地域分科がおかれた。これには、教養部を学部として成り立たせるため専門課程を置こうとすると、英語、ドイツ語などの語学の教員、教養の歴史学、経済学などの教員を主たるものとせざるをえなかったという事情もあった。

これは、学生の人気は高く、志望者を集めて発展した。社会的ニーズもあり、卒業生の就職もよかった。そこで問題になったのは、国際関係や地域研究から学生が勉強を始める場合、経済学、歴史学など専門の研究方法を知らないために、ジャーナリステックな論文を書いて卒業し、基礎的勉強の機会を失うのではないか、という危惧を、とくに既存の学部の教員が指摘した。それに対して、理論や原則から始めるというドイツの影響の強いそれまでの大学の学問のあり方に対して、現実は多面的であり、プラグマチックに具体的問題からアプローチするアメリカ的なやり方から学ぶことも大切であると主張された。その後、社会的要請によって国際関係学部などが多くの大学に設置されるようになり、また、環境学部なども置かれるようになった。環境問題も、自然科学も含め、いろんな研究方法で接近しなくてはならず、法律学、物理学などさまざまな専門分野の協力、視野の広さが必要である。環境学概論を基幹科目として、多分野の専門科目をおくことが求められるであろう。

たとえば国際政治経済学部では、国際関係論というものは基幹科目として適当なのではないかと思う。学生は同時に政治学、法律学、経済学、歴史学、地理学などの基礎的諸科学の方法のうちからいずれかに重点をおき学ばねばならない。