イギリス」タグアーカイブ

イギリスの非暴力による平和の闘士 ―Brian Haw―

高橋 勝幸

今年の3月も全世界でイラク侵略と占領に反対するデモが繰り広げられた。そのデモに合わせて、一通のEメールがイギリスから届いた。ブライアン=ホーさんの支持者からのメールである。

私は2005年3月25日、その人に会った。昨年の3月19日、ロンドンの反戦デモに参加して、もらったカードを頼りに会いに行った。

ブライアンさんは議会広場に陣取って、平和を訴える。イギリスとアメリカのイラク政策に抵抗して、議会広場にいる。イラクに対する経済制裁、侵略、占領に反対して、2001年6月1日から居続けている。

私が日本から来たというと、ブライアンさんは、イラクで急増している白血病やガンに苦しむ子どもたちや奇形児の展示写真を案内してくれた。というのも、それらの写真は日本人が撮影したものだからである。フォトジャーナリストの森住卓氏が1998年より撮影した、湾岸戦争で米英軍が使用し た劣化ウラン弾で被爆したイラクの子どもたちがブライアンさんを抗議に駆り立てたのである。

「私は湾岸戦争の子どもたちによって目を開かれた。イギリス軍が犯した子どもたちへの放射能被爆に対してイギリス人として、一市民として本当に申し訳ない。かれらにはケアーが必要だ。私は抗議して4年間座り続けている」、と。

ブライアンさんが議会前に座り続けて、5年が経とうとしている。この間、ブライアンさんは何度も、逮捕によって立ち退かされ、展示物を取 り壊され、また、暴力を振るわれた。幾度も起訴され、勝訴した。2005年4月7日、ついに「2005年重大組織犯罪及び警察法」が成立した。この法律は 2005年5月5日の総選挙をにらんで、労働党が治安強化をアピールするために性急に法制化した、異議申し立ての自由を剥奪する悪法である。その第132 条は「議会広場から1km以内の、主務大臣が命令によって指定区域とした場所において、許可を受けていないデモを行うことを逮捕可能な犯罪とし、組織した 者には最高で51週間の拘禁刑と罰金2,500ポンドを科し、参加者には罰金1,000ポンドを科する」(岡久慶「2005年重大組織犯罪及び警察法− 「イギリスのFBI」設置へ」『外国の立法225』)と規定している。この規定の標的こそ、ブライアンさんなのです。これまで11人が警察の許可なしに議 会周辺のデモに参加したために有罪となり、その多くはブライアンさんの支持者であった。しかし、2001年6月から抗議しているブライアンさんには法律の 遡及効果がないと高裁は判定している。ブライアンさんは議会前での抗議の権利を守るためにも戦っている。

ブライアンさんの行動と勇気は、平和と正義のための運動に元気を与え続けている。

takahashi3.png
議会広場で子どもたちのために抗議を続けるブライアン=ホーさん (2005年3月25日筆者撮影)

takahashi4.png
森住卓氏が撮影した、米英軍による劣化ウラン弾で被爆したイラクの子どもたちの展示

二酔人四方山問答(9)

岩木 秀樹

B:イギリスの後はエジプトでテロ、イラクでもパレスチナでもずっと続いている。どうなっているんだ。しかもイギリスのテロの実行犯はイギリス人のようだね。

A:イギリスに生まれた育った移民の子供たちが引き起こした。外部からテロが来たのではなく、先進国の内部で絶望感のために生み出されたんだ。ワシントンポストにも「ロンドン・テロを生んだ社会的疎外感、もって行き場のない憎悪、そして狂信主義は国産物であり、いつ爆発してもおかしくない。もちろん米国でも」と書かれていた。

B:イラクに派兵した西側の先進国はみんな標的になっているのか。どうしてこんなことになるんだ。何が原因なんだ。

A:いや原因ははっきりしている。全て想定の範囲内だ。前にも行ったけれど地下鉄サリン事件よりも因果関係はわかりやすい。まずイスラーム世界の外部要因として、イラク戦争などへのアメリカの軍事介入、イスラエル・パレスチナ問題の停滞がある。内部要因として、貧困、失業、政治腐敗、民主主義の欠如、石油などの資源の不均衡な配分などがある。さらに歴史的要因として、第一次大戦期の西欧の外交による中東諸国体制の形成がある。これらがイスラーム過激派が台頭している要因だ。

B:でもこのままで行くと中東イスラームのみならず、世界がどうにかなってしまいかねないよ。「暴力の連鎖」を止めなくてはならない。

A:待って。その「暴力の連鎖」という言葉は最近よく使われるけれど、よく考えてみないといけない。特にイスラエル・パレスチナ問題を扱うときには。

B:また始まった。細かいこと言うなよ。いいじゃない、みんな使っているんだし、本当に止めなくてはならないんだから。

A:じゃあまず少し考えてみよう、例えば警察と暴走族がお互いが暴力を行使して戦った場合、それを「暴力の連鎖」というかい。

B:言うわけないじゃん。警察の方が正義であり、法律に基づいているし。

A:最近警察は非合法なこともやっているけれど、まあいいや、「暴力の連鎖」とは言わないね。ではアジア太平洋戦争中、日本の侵略行為に対するアジアの人々の抵抗運動と日本軍の戦いを「暴力の連鎖」と言うかな。ナチスに対するレジスタンスでも同じだ。

B:うーん。それは言わないね。まあ時代も違うからかな。

A:確かに時代性も考えなくてはいけない。ただ「暴力の連鎖」とは、暴力の規模や手段、それを使用する目的や理念が比較的均衡な集団間に使用される用語なんだ。そう考えてみると、特に中東イスラームの問題で根っこになっているイスラエル・パレスチナ問題は「暴力の連鎖」とは一概には言えないと思う。

B:そんなものかなー。

A:イスラエルとパレスチナは多くの点で非対称性がある。それは、イスラエルは主権を有する独立国家だが、パレスチナは自治政府とはいえまだ運動組織体であること。イスラエルは占領者で、パレスチナは被占領者であること。イスラエルは圧倒的な軍事力を持つこと。イスラエルはアメリカを始めとして多くの経済、軍事援助を得ていることだ。

B:そんなに違うんだー。

A:このような非対称性を持つ二つの主体の暴力を等価なものとみて、「暴力の連鎖」と言うことは明らかにイスラエルの側に立ったものの見方であり、強者の論理だ。

B:なるほど。パレスチナの側は、抵抗する側の止むに止まれぬ暴力、自分の命を賭してまでするレジスタンスか。

A:ただそこが今後問題になってくると思う。弱者や抵抗の暴力をどう考えるか。21世紀以後の究極の問題だと思う。20世紀までは暴力には暴力の時代であり、弱者の暴力がまだ問題として提起されなかった。ただ今一つだけ言えるのは、弱者や抵抗の暴力が無差別性・大量殺戮を続けていくと、強者の側とかわらなくなる。そしていつしか自らの理念や目標が、その無差別性という手段によって融解させられてしまうということだ。

二酔人四方山問答(8)

岩木 秀樹

B:イギリスではテロの余波がまだ続いているね。イギリスにあるモスクなどが焼き討ちにあったり、女性がナイフで斬りつけられたり、イスラーム教徒への暴力が強まっているらしい。

A:日本でも似たようなことがあった。朝鮮民主主義人民共和国が過激な行動をとると、日本国内の朝鮮人学校の女生徒のスカートが切られたりした。当該問題の行動を起こした主体とその周りの一般の人々をごっちゃにしているんだ。

B:そうだよね。例えば、アメリカ政府がイラク戦争などで、国際法を無視した犯罪行為をしたとしても、アメリカ人全員が犯罪者とは限らない。

A:それはそうだ。ただ政策決定の中枢にいた人、それを支持した人、黙認した人、反対した人などで、犯罪に関する責任の度合いが違うということはあ る。これは戦争責任論などで大きな議論になる。また被害者から見れば、同じ集団に属している者は、皆同じ犯罪者に見えてしまうのかもしれない。これはイス ラーム過激派側にも言える。西側に属する者は皆、イスラームに敵対する者だ、みたいに。それはそれとして、今回のように同じイスラーム教徒という理由だけ で、様々な暴力を受けるのは明らかにおかしい。このような暴力が続いていくと、穏健なイスラーム教徒も過激化する可能性がある。

B:新聞に載っていたんだけど、イギリスに住むイスラーム教徒へのアンケートで、「差別を受けた」との回答が2000年は約45%だったけれど、2004年は約80%になったそうだよ。明らかに、9・11事件やイラク戦争などが影響しているよね。

A:イギリスには約160万人のイスラーム教徒がいて、現在は2世3世が多い。彼らは失業や貧困にあえぎ、偏見とも闘わなくてはならない。そのよう な中から一部が過激化する。移民の1世は祖国をよりどころに出来るが、イギリス生まれの2世3世はイスラームに自己のアイデンティティを求める傾向にある そうだ。

B:差別や迫害を受けた社会には適合しようとせず、むしろ憎悪の対象にしてしまうのかな。

A:こんなアンケートもある。イスラーム教徒の中で、「イギリス社会の一員だ」と答えた人は41%、「一員ではない」と答えた人は27%だ。

B:一員ではないが27%か。これは多い数字だよね。

A:多いと思う。これからの課題は、貧困や失業などの対策を図り、平等性を高めることによって、穏健な人々を過激化させないということだ。イスラー ム教徒の多くはテロ行為には反対だ。西側諸国にも話し合いで解決しようとの流れも大きい。いわば「対話派」の人々の世界連合を作る必要がある。

B:でもアメリカの保守派は「文明の衝突」を声高に主張している。

A:アメリカの保守派もイスラームの過激派もどちらも文明の衝突になってほしいと考えている。どちらの側もキリスト教や自由、イスラームをイデオロギーとして利用し先鋭化している。

B:案外、敵同士だけれど、どちらの側もお互いの存在があって自分たちの存在証明をしている側面があるよね。

A:どちらも相手が必要なんだ。

B:そうそう、そのことを誰かがこう言っていた。なんだっけ。えーと。「ジハードとマックワールドの共謀関係」かな。

A:バーバーの言葉だね。彼によれば、ジハードとは自らの共同体に過剰なまでの誇りを持ち、敵対する者たちを聖戦で打倒する傾向。マックワールドとはアメリカに端を発し、英語を基幹言語として、資本主義経済、物質至上主義、消費文化を謳歌する傾向だ。

B:なるほどね。その二つは、一見全く逆の立場だけれど、共謀・共犯関係にあって、互いが互いを必要としているってことか。

A:おもしろい論だし、キャッチフレーズとしてもなかなかだと思う。でもジハードは本来このような意味ではないことは前回説明したとおりだ。イスラーム教徒から見ても、自分たちの宗教的用語を歪曲化されて使用されるのは侮辱と捉えるだろう。原理主義という用語もそうだけれど、本来はアメリカのプロ テスタントの一部の運動をファンダメンタリズムとしたが、それが他にも使用されるようになり、今ではイスラームの専売特許のように使用されている。本来の 意味を援用して学術用語として使用する際はもっと慎重にする必要があると思う。

B:マクドナルドだって怒るかもしれない。われわれはもっと高い理想を持っている、ってね。裁判沙汰にならないのかな。

A:でもマックだったら宣伝してくれて有り難う。マックはその通りだ、と言うかもね。

「7・7」英国同時多発テロ事件

宮川 真一

7月7日、ロンドン中心部で、複数の地下鉄車両やバスでほぼ同時に爆発が起きた。警察当局は少なくとも33人が死亡、重傷45人、その他負傷者がおよそ300人と発表している。

テロリズムは、単なる暴力や殺人とは異なる。第1に、暴力の行使が社会的恐怖と結びつく点にその本質がある。暴力がメッセージ性を帯びてさらなる暴力を予期させつつ、人々を戦慄させ麻痺させて影響を及ぼそうとする。第2に、個人的で偶発的な暴力ではなく、政治的・社会的背景をもつ、組織性と計画性を伴った系統的暴力の発動となる。第3にテロリズムは暴力と恐怖という手段を発動してまで達成したい何らかの目的をもっているのである。テロリズムとは「組織的暴力による恐怖を強制の手段として用いようとする思想や行動」と定義できる。

現代世界を覆うテロリズムの根本原因として坂本義和氏は、貧困という要因をも含む社会の抑圧構造と、それに対応する被抑圧意識をあげている。今日の世界のこうした抑圧構造には、次の3つの側面があるという。第1に、米国を頂点とする超大国や大国のグローバルな政治的・軍事的優越や、グローバル・キャピタルの経済的優越に結びついたグローバルな格差・抑圧構造。第2に、それと連繋した、とくに途上国での国内的格差・抑圧構造。第3に、そうした二重の格差・抑圧から脱しようと国境をこえて相対的「先進国」に大量に移動する人々が随所に当面するトランスナショナルな格差・抑圧構造である。

マジッド・テヘラニアン氏は、多様なテロリズムを次のように分類する。第1に、多くの民族解放運動における反体制集団によって実行されるような「抵抗テロリズム」である。この例としては、アメリカの軍事プレゼンスに対するテロ、イスラエル市民に対するパレスチナの暴力行為などがあげられる。第2に、「表示テロリズム」は世界に衝撃を与えて特定の政治的不満と課題を認めさせようとするものである。「9・11」米国同時多発テロ、モスクワ劇場占拠事件はこれに含まれよう。第3に、宗教的信条に動機づけされた「救世主テロリズム」である。1993年テキサス州でのブランチ・デビディアン事件、1995年東京での地下鉄サリン事件などがこれに該当しよう。第4に、「国家テロリズム」はあるレジームによってそれ自身における無辜の市民や「敵」に対して日常的に行使される。イラクのクルド人に対する化学攻撃、イスラエルのレバノンとヨルダン川西岸地区における軍事報復などが良く知られた事例である。

今回のテロ事件は、G8サミットが開催されたその日、その国を選んで実行された。前日には、2012年のオリンピック開催都市にロンドンが選ばれ、国中が沸き立っていた。この都市は五輪招致活動に60億円を費やしたという。「7・7」は、「イラクとアフガニスタンでの虐殺に対する報復」 との犯行声明からすれば「抵抗テロリズム」であろう。しかし、そこには、国際社会の格差・抑圧構造に目を向けよ、とのメッセージも読み取ることができる。 「表示テロリズム」の側面を併せ持っている。「9・11」からはや4年の歳月が経とうとしているが、国際社会はあの惨劇の教訓から何も学んではいないのかもしれない。

イギリスの平和マーチに参加して

高橋 勝幸

2005年3月19日土曜日の正午、イラク攻撃2周年の前日、平和マーチはハイドパークからスタートした。私は前日の朝、新聞で、「反戦行進」の小 さな見出しに偶然にも目を留め、戦争協力阻止の強い意志を首相に示すデモが行なわれることを知った。夕刻帰途に地下鉄の駅前で、英軍撤退要求署名運動があ り、すかさず署名した。その場で、翌日の平和デモのチラシをもらった。

私は公文書館で資料を収集するために3月初旬にイギリスの地を初めて踏んだ。ロンドンは数日前からすっかり春めき、当日は汗ばむほどの陽気で、デ モに絶好の日和であった。私はハイドパークの入り口で、世界一のテロリストと書かれたブッシュの肖像のプラカードをもらい、アメリカ大使館を経由して、ト ラファルガー・スクエアまで、約6キロを約2時間かけて練り歩いた。老若男女、皮膚の色を問わず、大勢の人々が意気揚々と行進した。参加者があまりにも多 いため、アメリカ大使館を過ぎるまでは、遅々として行進が進まない。参加者は警察の推定によると4万5千人だが、主催者側は20万人と発表した。グラス ゴーとスコットランドでも平和デモが行なわれた。私は日頃の運動不足がたたり、多くの人に先を越された。しかし、歌あり、シュプレヒコールありのデモに励 まされ、何とかゴールまで辿り着くことができた。

新聞の報道によると、デモが行なわれた2005年3月19日までに、110人のイギリス人が命を落とし、その内イギリス兵はイラクで 86人が死亡した(アメリカ1,512人)。開戦時に45,000人を派遣し(全軍170,000人)、3月の時点で、8,930人の英兵が駐留していた (全軍175,000人)。2937人が負傷して引き上げ、その内824人は心的傷害を負った。(インディペンデント紙)もちろん、デモで配布されたビラ はイラクの被害者を強調し、イギリス派遣軍の撤退とブッシュによる戦争の阻止を求めた。

トラファルガー・スクエアでの集会では、平和運動団体、労働組合、学校、各種運動グループの代表がスピーチした。息子を戦場で失った母親は、「ブ レア氏は、私たちが黙ってはいないことを知らなければならない。軍隊を撤退させる時である。たった一人の母親がそう言っているのではない。世界中の母親の 言葉である」と(ガーディアン紙)。午後5時過ぎには、歌と踊りの祭典になった。集会は、国立美術館前の広場で開催されたこともあって、観光客も加わっ た。ブレア退陣や米英軍撤退を要求するプラカードをもって記念撮影する光景も見られた。

3月18日から20日にかけて、世界各地で反戦デモが展開された。イギリスでは今回のような全国規模のデモはイラク戦争以来11回目になる。主催 団体は戦争ストップ連合(Stop the War Coalition)、核兵器撤廃運動(CND)、イギリス・ムスリム協会で、これに社会主義労働者党(Socialist Workers Party)、Respect党、緑の党、共産党やパレスチナ解放支持団体などが参加した。5月5日の総選挙をにらみ、イラク攻撃に賛成した政党を不利に し、賛成した議員を落選させることも意図した。選挙直前に、法務長官がイラク戦争の合法性に疑義を進言した機密文書が暴露され、イラク戦争は大きな争点と なった。残念ながら労働党が辛勝し過半数を占め、ブレアの続投となった。しかし、小選挙区制のため議席には反映しないものの、労働党の得票率は与党として 最低の36.2%(47議席減の356)、イラク戦争に賛成の保守党は33.2%(+33の197)、イラク戦争に反対した自由民主党(+11の62議 席)は22.6%と前回より3.8%増やし、180人が次点であった。Respect党(社会主義労働者党、戦争ストップ連合が支持。議席1)などイラク 戦争に反対した候補者が活躍した。(毎日新聞)

イギリスのデモは象徴的な意味を超えて、小選挙区制度では選挙の争点になりにくい国際問題に対する国民の厳しい批判を、3期目のブレアに突きつけた。イラク参戦の責任はブレアの頭上に重くのしかかっている。

takahashi1.jpg
プラカードを手に、ハイドパーク・コーナーを出発しようと待機する市民たち。

takahashi2.jpg
トラファルガー・スクエアで登壇者のスピーチを聞き入る人々。背景に国会議事堂のシンボル、ビッグベンが覗く。