月別アーカイブ: 2013年2月

加藤寛さんのこと、中嶋嶺雄さんのこと

中西 治

加藤寛さんが2013年1月30日に亡くなり、中嶋嶺雄さんが同年2月14日に亡くなった。
加藤さんは1926(昭和元)年4月3日に岩手県で生まれ、86歳、中嶋さんは1936(昭和11)年5月11日に長野県で生まれ、76歳であった。

私が中嶋嶺雄さんと初めて会ったのは1960年代半ばであった。彼は1960年に東京外国語大学中国科を卒業後、世界経済研究所に勤務し、現代思想研究会の活動に参加していた。彼が東京大学大学院社会学研究科国際関係論専門課程修士課程に入学してきたとき、彼はすでに学生運動を経験した新進の若手論客として知られていた。指導教官は私と同じ江口朴郎教授であった。

私は彼の著書『現代中国論』を読み、「才のある、できる人」であると思っていたが、互いに忙しくしていたのでゼミで顔を合わせることはほとんどなかった。彼との付き合いが深まったのは、彼が勤める東京外国語大学で私が非常勤講師として「歴史」を教え、研究会をともにするようになってからである。私は彼の主著『中ソ対立と現代』の書評を『日本経済新聞』に書いている。

中嶋さんは戦後、幼少時からバイオリンを習っていた。彼が学長を務めていたときに東京外国語大学はキャンパスを都心から府中に移した。彼はこの移転式典で式辞を読み、バイオリンを演奏した。私はこの式典に参加し、彼の晴れ姿を見、祝いの言葉をおくった。これが彼と話し合った最後であった。その後、彼は秋田に新設された国際教養大学の学長として大活躍した。

私が加藤寛さんと初めて会ったのは1970年代初めであった。彼が主催するエネルギー問題研究会に参加した。この研究会の目的は日本政府に対していかなるエネルギー政策を採るべきであるのかを提言することであった。私の役割はソ連のエネルギー資源を調査し、これに日本がどのように対応するのかを考えることであった。

この研究会が終わった後、二度にわたるオイル・ショックが起こった。このとき加藤さんはオイル・ショックにより石油や天然ガスの値段が騰がったので日本で原子力発電所を建設するのが容易になったと語っていた。原発建設は高くつくというのが原発建設推進のネックの一つになっていたからである。私は加藤さんを原発建設推進論者であると考えていた。ところが、彼が亡くなった後、彼が晩年に原発廃止を主張していたことを知った。

「君子は豹変する」という。「君子は悪いと知れば、すぐに改める」という意味である。加藤さんの原発廃止論は「君子の豹変」であったのか、それとも、もともと廃止論者であったのだろうか。

加藤さんと中嶋さんに共通するのは強烈な現状改革志向である。加藤さんは日本資本主義の危機を感じ、国鉄の分割民営化や郵政民営化などを推進した。中嶋さんも学生時代から大学学長時代に至るまで一貫して大学の改革に努力した。これらの改革をどのように評価するのか。それは今後の問題である。

加藤寛さんも、中嶋嶺雄さんも、働きすぎるほど働き、成功した人であった。 幸せな生涯であった。

彼らはともに情の通ずる人であった。

2013年2月21日

隕石の地球落下に想う(2)

中西 治

137億年前に宇宙が誕生し、46億年前に太陽と地球ができ、40億年前に地球上でもっとも早い生命が誕生した。それ以来、長い歳月が経っている。
この間にいま話題の「アステロイド・インパクト(小惑星衝突)」が6500万年前に起こっている。この事件を考える場合、現在の地球の表面を想定してはならない。当時は地表の形成期であり、現在の地表とはずいぶん異なっている。

地球ができた当初のことは省略して、3億年前にシベリアがヨーロッパとつながり超大陸パンゲアが形成された。これは現在のアフリカだけでなく、南北アメリカも含んでいる。
1億年前にインドが南極大陸から分離し、4500万年前にユーラシアと衝突し合体した。
6000万年前にアメリカがヨーロッパから分かれ、大西洋ができた。やっと現在の地球の地表に近くなってきた。

丁度この時期、5700万年前にゴリラ、チンパンジー、オラウンタンなどの尾のない大形サルが現れ、700万年前に二本足のヒトが登場した。現在ではこのときが人類誕生とされている。この人類が「ホモ・サピエンス(知恵の人)」になったのは20万年前である。

私たちは40億年前に生まれた生命を源とし、多くの試練を乗り越えて、いま生きている。

私はこのような論議ができる私たちの研究所を誇らしく思っている。

「隕石の地球落下に想う」への返信(2)

のぶおパレットつじむら

2月15日の晩、テレビ朝日「報道ステーション」に惑星物理学者の松井孝典さんが出演し、ロシアへの隕石落下について、次のように解説されました。「今日落ちた隕石は重さは10トンと推測されている。密度から考えると直径は10メートルくらいになる。直径100メートルくらいの隕石なら1000年に1度、ユカタン半島に落ちた(恐竜絶滅の原因となった)直径10キロメートルほどの隕石だと6000万年から1億年に1度くらい落ちて来る。」(大意)

2010年3月、松井さんと国際ビッグ・ヒストリー学会の中心人物である地質学者ウォルター・アルヴァレスさんを含む科学者の国際チームは、メキシコ・ユカタン半島に残る小惑星(と呼べるほど大きな隕石)の衝突跡を調査し、6550万年前に恐竜を中心として地球に生息していた60-70%の生物種が絶滅した原因は、天体衝突以外に考えられない、ということを結論づけ、恐竜絶滅原因論争に決着をつけました。

これを報じた新聞記事によれば、約6550万年前、直径10-15キロメートルの小惑星が当時は海だったユカタン半島に秒速20キロメートル(弾丸の約20倍の速さ)で衝突し(そのエネルギーは広島型原爆の10億倍に相当)、直径180キロメートル以上のクレーター(衝突吼)ができました。衝撃波と熱線が走り、マグニチュード11以上の地震と高さ300メートル以上の津波が起こり、1000億から5000億トンの硫酸塩やすすが大気中に放出されて太陽光をさえぎり、酸性雨や寒冷化を引き起こし、植物プランクトンの光合成が長期間停止するなど生物の6割が絶滅したそうです。(「恐竜絶滅 原因やはり小惑星」『朝日新聞』2010年3月5日朝刊)

隕石衝突による天変地異が、当時の生態系の頂点に立っていた恐竜を滅ぼさなければ、その後の哺乳類の大繁殖もなく、哺乳類の中から人間が現れてくることもなかったかもしれません。最近では地球に現存する水も、生命の元となる有機物も、宇宙から飛来した彗星や隕石がもたらしたとも考えられているようです。宇宙からの飛来物なしには、今の地球に水も生命も存在しなかったかもしれません。そうなると、隕石の落下・衝突自体は、人間にとっては恵みでもあり災いでもあるとも言えそうです。慈悲深く恐ろしい神というのは、人間が自然に相対したときに抱く自然な思いであり、体験からの学びであったのでしょう。

今回ロシアに落ちた隕石の何倍もある、直径100メートル級の隕石が1000年に1度は落ちたとなると、人間の歴史は2、30万年と言われていますから、その間に2、300回は落ちたことになります。人間が滅びず生き続けていくならば、今回以上の隕石が落ちて来るのは確かなようです。

「隕石の地球落下に想う」への返信(1)

岡田 邦生

チェリャビンスク州は、私がこの数年、最も多く通っている州です。
一昨日、昨日(注)と、数名の友人と話しました。
隕石が市中心部を直撃したわけではないのですが、やはりその時は、パニック状態だったようです。
私の知る人には、幸い被害がないようです。
市内、州内全般では、爆風で窓ガラスが割れ、けがをされた人は、千人を上回るようです。
また、厳寒の冬季故、何百枚も割れたガラスを修理するのは、大変なことのようです。


(注)この文が投稿されたのは2013年2月17日であり、本文中の「一昨日、昨日」はそれぞれ2月15日、16日を指す。

隕石の地球落下に想う

中西 治

2013年2月15日に隕石がロシアに落下した事件をめぐって、IGCP・UUのメーリングリストで交わされたやり取りを4回にわたり掲載いたします。―事務局

2013年2月15日午前9時20分(日本時間午後0時20分)頃、宇宙からロシアのウラル地方に飛来した隕石が空中で爆発し、多数の家屋のガラスや屋根を壊し、多くの人を傷つけたと伝えられている。隕石の破片は地表に落下し、大きな穴をあけたという。

これがモスクワであったら、東京であったら、ニューヨークであったら、隕石ではなく惑星そのものであったら、どうなったであろうか。

6500万年前に小惑星が地球に衝突した「アステロイド・インパクト」のあと恐竜が絶滅したことを知ったとき、なぜ惑星衝突が恐竜絶滅になるのかよく分からなかった。今回、テレビで隕石落下の映像を見て、なるほど、こういうことであったのかと少し理解できた。同時に、これからも宇宙では何が突然起こるのか分からないと思った。

宇宙は生きている。地球は生きている。その中で人間は生きている。人間はどう生きるべきであろうか。