月別アーカイブ: 2011年1月

獄中からの手紙:ウボンラーチャターニー中央刑務所の赤シャツ

高橋 勝幸

ウボンの刑務所に収容されている主婦(42歳)から手紙を預かった。拙ない訳だが紹介したい。

他人に罪を着せること 山を見るが如く明らかなり
己に罪を着せること 一本の髪の毛を見る如し

他人の臭いは 我慢ならない
自分の臭いは 気にならない

(名僧)

この詩はタイの今の状況を言い表している。国家は武器を用いて多数の国民を殺傷した。にもかかわらず、国民を傷つけた人々は投獄されない。

然るに、国民を殺傷させないために、国民に武力を行使する国家に反対するために集会に参加した純朴な人民は、却って起訴され、刑務所で身柄を拘束されている。これが民主主義制度であろうか。

国王を元首とする民主主義制度によれば、国民は国家行政に賛成であろうと反対であろうと政治的意見を表明する権利がある。これこそが民主主義制度ではなかろうか。

しかし今国民はこのように人権を侵害されている。私たちはどうしたらいいのだろうか。私たちタイ人はこのような状況にあとどれくらい耐えればよいのだろうか。

とにかく、私の思いを獄中から伝えたい。この体験を通じてわかったことは、個人の尊厳が憲法によって保障されているはずなのに国家権力によって侵されているということだ。私たちは憲法を堅持していると言えるのだろうか。私たちが民主主義制度の中に生きているならば、このように虐待されるはずがない。

私は今回の経験を高くついた教訓としたい。政治改革のために役立てたい。そして、民主主義を発展させる糧としたい。次なる集会の規範としたい。

憲法にとって、国家権力から人権を守ることこそが最も重要な点である。

少しでもタイ人のためになればと思い、最後に詩を託したい。

いかなる国家も団結が無ければ
何をしようと益もない
国家が衰亡して
個人に幸福があろうか

(ラーマ6世の詩)

団結なき国家に、発展はない。
ごきげんよう

この手紙を僕に託した女性はウボンの社会運動グループ「チャックトンロップ(戦旗掲揚)」の会員である。このグループも赤シャツの統一戦線運動に参加した。彼女は自宅で逮捕され、5月24日から収容されている。容疑は非常事態勅令違反、騒乱、県庁焼き討ちである。5月19日午前10時ごろ、民主党(政府与党)事務所前で「政府の統治はよくない。我々は政府のバンコクでの暴力行使に反対するために来た。公共財は破壊しない」と演説した。それから県庁前の通りに行ったが、中には入っていない。庁内の車を燃やしたと疑われているが、外にいた。銃撃で倒れる人を見て、怖くなって逃げ、火災が起こる前に帰宅した。彼女はイギリスとタイの2つのパスポートを持つ。夫がイギリス人で、彼女はロンドンに12年間住んだことがある。裁判を傍聴した夫もタイの司法に呆れているという。13歳の男の子が一人いる。

地方裁判所で、12月15日の午後の審理が始まる前に、彼女は「憲法は人権を保障していないのか。こんな国が他にあるか。出獄したら、自分の体験、人権状況を大学で講演したい」と僕に熱く語っていた。

午後の休憩の時も、廊下で彼女は僕に話しかけてきた。「政府は正しくない。ガバナンスが良くない。国民を虐げている。国民は権利と自由を有する。偏見を排し、民主主義、公正、平等が保障されれば、家庭、社会、国家に幸福がもたらされる。重要なのは憲法と法律だ。良い憲法であれば、国民の生活は安定する。国民が憲法の意味と内容を知らないことも問題だ。赤シャツ、黄シャツの対立は馬鹿げている。タイは悪い方向に向かっている。問題の出口を見つけるために団結し、知恵を絞らなければならない。私は民主主義を求め、却って投獄された。不幸である。法律が人を殺すのではなく、人を守るために行使されるように力になりたい」と。

原告証人の警察官も廊下で休んでいた。彼女が真実の証言を彼に求めたので、僕も、「助けてやってくれよ。刑務所暮らしは大変だぜ。食事はまずいし、自由はない。少しは良心があるんだろ」と声をかけた。警察官の耳には入ったはずだが、返答はなかった。

タイ国ウボン県の赤シャツ逮捕状

高橋 勝幸

バンコクの刑務所に収容されている赤シャツ指導部の釈放、保釈要求は声高に叫ばれるが、注目されないだけに、地方末端の赤シャツ収容者の状況は一層深刻である。前回のレポートに書いたように、裁判を傍聴して、証拠写真と逮捕状がいい加減であることがわかった。このアドレスに2010年12月25日にアクセスしたところ、ウボンラーチャターニー県警による県内364人分の非常事態勅令違反者手配ポスターが表示された。それぞれの容疑者の写真をクリックすると、逮捕状と証拠写真などを見ることができる。ここでは、3人の容疑者を取り上げたい。

ポスター番号19 この「男性」は氏名不詳となっているが、既に逮捕されている。僕はまだ誰だか確認していない。

ポスター番号19 逮捕状
<ポスター番号19> <逮捕状>

左上の写真を画面上でクリックすると、右上の逮捕状と左下の証拠写真が現れる。この逮捕状j.177/2553は2010年5月20日付けで、ウボンラーチャターニー県裁判所が発行している。刑事事件として、ウボンラーチャターニー市警が次の容疑で逮捕状を請求していることがわかる。すなわち、①公共建造物放火(県庁焼き討ち)、②10人以上が暴力を使って騒動を起こした集会に参加(10人以上の政治集会)、③不動産不法侵入(武器を所持して県庁敷地に立入り)、④公務執行妨害、⑤公共物破損である。逮捕状は同年5月19日から20年間有効とある。

証拠写真 民主党国会議員宅
<証拠写真> <民主党国会議員宅(筆者撮影)>

僕が撮影した右上の写真と比較すると、証拠写真が県庁ではなく、スタット・ガーンムーン民主党国会議員の邸宅前(5月19日午前、赤シャツがデモを行ない、タイヤを燃やした)で撮影されたことは明らかである。容疑者は右手で大きな容器を持っているが、警察と裁判所はこれを県庁放火の燃料と見たのだろう。頭に何かかぶり、サングラスをかけ、マスクをつけているが、逮捕に当たりどのように当人を識別したのだろうか。性別すらはっきりしない。証人の証言に基づくものなのだろうか。

ポスター番号25 この氏名不詳の女性に逮捕状j.232/2553が出された。左下写真の後方の女性であるが、既に逮捕され、県庁焼き討ち事件で現在、裁判所で審理が行なわれている。証拠写真からはっきり判別できるのだが、僕はこの女性とよく赤シャツの集会に参加していたので親しい。僕の教え子の伯母に当たり、12月15日の裁判には教え子の母親も傍聴に来ていた。本人は主婦。ウボンの赤シャツ・グループの1つ「ノーポーチョー・ウボン」のメンバーである。僕が以前に彼女と刑務所で面談したところ、5月19日は、サパシット病院に用事があり市内に出たところ、10時半頃、多数の兵士が出動するのを目撃した。そこで、県庁に行ってみた。夫が陸軍1等准尉なので、軍人の知り合いが多い。知り合いの陸軍大佐が県知事と一緒に庁舎前にいたので、「暴力を使わないでください」と掛け合った。銃撃が庁舎2階からあり、彼女は逃げ出した。県庁が燃え出す前に帰宅した。5月22日、郡警に逮捕状が出ている人の写真と名前を見に行って捕まった。刑務所の寝食の状態が悪く、睡眠薬がないと眠れない。娘が心配で恋しいが、囚人服姿で子供に会いたくないという。保釈は未だ認められない。

逮捕状は、1人目(ポスター番号19)と日付が5月24日で異なるが、内容は全く同じである。しかし、逮捕されたのがそれ以前なのが気になる。証拠写真には、「5月19日県庁焼き討ち、5月22日逮捕」と書かれている。写真が県庁舎前で撮影されたことは僕にも確認できる。しかし、これが県庁焼き討ちとどう関係があるのかわからない。

ポスター番号25の証拠写真 ポスター番号10
<ポスター番号25の証拠写真> <ポスター番号10>

ポスター番号10 指名手配のプラユット・ムーンサーンである。逮捕状j.213/2553。逮捕状の発行は5月22日。警察の請求理由は前記2人と同じだ。証拠写真はなく、国民証が指名手配に使われている。というのも、ウボンの赤シャツ・グループの1つ「タクシンを愛する人のグループ」の公然たるリーダーだからだろう。彼は末期の癌を抱えながら、ウボン県等の赤シャツを指導した。5月19日の事件後、森に隠れていたが、資金面と病状の悪化から自首することになった。新聞やテレビでも取り上げられ、全国的に有名になった。まだ逮捕を恐れて姿を隠している赤シャツは少なくない。

プラユットは県庁焼き討ちの容疑で逮捕されたが、社会活動家やプアタイ党(タクシン派)の支援で20万バーツの保釈金を払い、療養生活を送っている。癌の治療には月々1万バーツ以上かかる。7つか8つの容疑をかけられている。記者とのインタビューで、「県庁の焼き討ちは赤シャツだけの仕業ではない。県庁舎の2階から炎が見えた。誰かが放火し、赤シャツに罪を擦り付けている。ビジネスマンや役人の間に近代的な庁舎を望む声があったのは広く知られている」と彼は話している[注1]。

政府が赤シャツ問題を解決するために設置した真実和解委員会は11月15日、憲法の規定に基づき、容疑者を罪人として扱ってはならないと、政府に提案した。国家人権委員会は2010年12月初旬になって初めて、赤シャツ収容者の人権状況に関する6月の調査を公表した。赤シャツ収容者は適切な捜査や証拠もなく逮捕され、拷問を受け、虚偽自白を強制され、抗弁する機会なしに投獄されていることがわかった。全国で422人が勾留されていたという。その多くが「野次馬」であった。暴力活動に関与していない人々がいわれのない容疑をかけられ、不適切な扱いを受けている。親族や弁護士との面会も難しく、保釈手続きも遅々として進まないのが現状だ[注2]。

[注1] Achara Ashayagachat, “Panel claims red shirt inmates tortured,” Bangkok Post, December 7, 2010.

[注2] Ibid.