月別アーカイブ: 2006年12月

設立5周年記念新春シンポジウムのお知らせ

事務局

地球宇宙平和研究所では、下記のように新春シンポジウムを開催する予定です。5周年を記念して行うものであり、研究所の今までの総括をして、更なる飛躍をはかりたいと考えています。事業の反省や今後の研究所の在り方を論じるとともに、さらに私たちの目指す平和学とは、日本社会における公共性とNPOの使命なども討論できたらと考えています。

またこのシンポジウムでは、フロアーの皆さんからのご意見も積極的に受けたいと考えております。宜しくお願いいたします。なおシンポジウムの詳しい内容は追ってお知らせいたします。

多くの皆様のお越しをお待ちいたしております。なお下記のようにシンポジウムの前には理事会、後には新年宴会も予定しています。こちらも奮ってご参加ください。それではよいお年をお迎えください。

事務局 岩木秀樹

続きを読む

入門スペイン語講座のご案内

事務局

年末の慌ただしいところ、いかがお過ごしでしょうか。以前にもお知らせいたしましたが、地球宇宙平和研究所では、下記の通り入門スペイン語講座を開催いたします。これは2007年2月26日から3月7日にかけてのキューバ学術交流に向けてのものですが、学術交流に参加されない方ももちろん歓迎いたします。奮ってご参加ください。参加希望の方は2007年1月10日までに、事務局までご連絡をいただければ幸いです。

事務局 岩木秀樹

続きを読む

キューバ学術交流の最終〆切

事務局

すでにキューバ訪問についてお知らせしましたが、旅行社から添乗員なしやトロントでの専用バスからシャトルバス利用の場合の料金を出していただきました。まだどのプランにするか決定していませんが、多少安くなる予定です。以下のプランを参照ください。

また燃油特別付加運賃も¥26,000から¥16,000へ下がりましたので、その他の諸費用も安くなります。

*参照プラン

8名〜10名添乗員なしの場合の料金¥269,000

15名〜20名 トロントでの移動をシャトルバスに切り替えた場合(添乗員同行)
ツイン利用の場合のお一人様あたりの料金 ¥279,000

11名〜15名 トロントでの移動をシャトルバスに切り替えた場合(添乗員同行)
ツイン利用の場合のお一人様あたりの料金 ¥287,000

なお日程表と見積書については参加者募集に関する記事をご覧ください。

現在までに10名弱の参加希望を受けております。ぜひ多くの皆様の参加をお待ちいたしております。最終〆切は2007年1月7日といたします。参加希望の方は事務局までご連絡ください。何卒宜しくお願いいたします。

事務局 岩木秀樹

年内の事業完了にあたって

中西 治

私たちの研究所の設立5周年を記念する研究合宿が無事終わり、年内の事業はすべて完了しました。私は残念ながら研究合宿に参加できませんでしたが、この催しが成功したことを心から喜んでいます。

本年4月からの諸研究部会の活動、9月以降の講義・演習、12月の研究所所報の創刊と研究合宿の開催など私たちの研究所は着実に発展し、質的に変化しています。

これもひとえに会員の皆様のご指導とご支援のたまものと深く感謝しています。多額の会費と寄付、ありがとうございます。

このところ新しい会員の入会が続き、会員数も増えています。来るべき2007年を飛躍の年にしたいと願っています。

幾人かの方から身近な人を亡くした悲しみの知らせをいただきました。遅ればせながら心からお悔やみ申し上げます。

今年も残り少なくなりました。元気で良い年をお迎え下さい。

5周年記念研究合宿報告

事務局

先ほど5周年記念研究合宿から帰ってきました。参加者はお子さまを含めて8名で、皆様のご協力のおかげで、充実した楽しいものとなりました。有り難うございました。研究発表者およびテーマは以下の通りですが、活発な議論をしていただき、時間が足りないくらいでした。また深夜まで論議がつきませんでした。

ご家族でいらした方も、露天風呂を堪能していただき、また参加者全員ペンション「はじめのいっぽ」の食事をおいしくいただきました。合宿終了後、私は東照宮に行き、奥の方の静かな杉木立にたたずみ、日頃の喧噪と多忙から解放され、よいひとときを過ごすことができました。

なお合宿費用が315円余りましたので、参加者の賛同をいただき、研究所の事業収入とすることにいたしました。ご了承ください。

12月の忙しい中を、日光までお越しいただき、発表までされた皆さんにあらためて感謝いたします。また今後とも様々な企画を考えたいと思いますので、斬新なものでもかまいませんので、事務局までご意見をお寄せください。

研究発表者およびテーマ(敬称略・発表順)

  • 吉野良子 「ヨーロッパ・アイデンティティの浸透-英国を事例として-」
  • 川崎高志 「中国内陸部の農村女性のエンパワーメント-寧夏回族自治区を事例として」
  • 渡辺 宏 「戦後日本社会論-戦後における『平和』価値の展開-」
  • 渡辺直毅 「台湾における『台湾意識』をめぐる言説とその変容」
  • 岩木秀樹 「文明の衝突から文明の対話へ-宗教間対話の覚え書き-」

事務局 岩木秀樹

講義・演習についてのお礼と研究合宿のご案内

中西 治

今年9月から始まった私たちの研究所の2006年度後期教育研究活動の講義・演習の全日程が無事終了しました。講義を担当いただいた木村英亮さん、岩木秀樹さん、星野昭吉さん、清水学さん、講義・演習に参加いただいた多数の会員・非会員の方々に心から厚く御礼申し上げます。

私も随分多くのことを学びました。まだまだ勉強しなければならないと強く感じました。

今週土曜日(16日)から日曜日(17日)にかけて1泊2日で日光のペンション「はじめのいっぽ」(東武日光駅からタクシーで5分くらい)で研究所設立5周年記念の研究合宿が実施されます。参加費は一人1万2千円程度です。食と風呂にこだわったペンションのようです。

16日14時30分に東武日光駅からペンションの迎えの車が出ます。
15時ー17時30分 研究会
19時ー21時 夕食兼懇親会
17日8時 朝食
9時30分ー12時 研究会

年末のお忙しいときですが、参加希望者は岩木さんに明13日(水)夜までに連絡下さい。

年明けの2007年1月21日(日)には恒例の新春講演会を横浜駅西口のかながわ県民センターで開催します。企画広報委員会、学術研究委員会、理事会などで今年度の活動を振り返り、来年度のいっそう活発な活動計画を立てていただきたいと願っています。ご意見・ご要望を事務局あてにお寄せ下さい。

ソヴェト社会主義とは何であったのか、ソヴェト体制はなぜ崩壊したのか

中西 治

来る12月10日(日)の中西治担当の演習「ロシア語文献研究指導」は今期の最終回です。これまでロイ・メドヴェージェフ著『ロシアの社会主義とは』を逐語訳し、解説してきましたが、今回はつぎの要領でおこないます。

場所は横浜洋光台の研究所事務所です。

午後2時から2時30分までは『地球宇宙平和研究所所報』創刊号の紹介をします。

地球宇宙平和学の誕生です。

2時30分から4時まではロイ・メドヴェージェフの論を検討しながら、中西治が「ソヴェト社会主義とは何であったのか、ソヴェト体制はなぜ崩壊したのか」について報告し、そのあと参加者全員で討議します。

午後2時から4時までの内容はインターネットを通じて研究所の内外に公開します。

同日の会場またはインターネットでの参加は無料とします。自由にご参加下さい。

午後4時過ぎから会費千円で簡単な会食会を催します。会食会への参加希望者は12月8日(金)までに中西に連絡して下さい。

木村英亮さんの今期最後の講義と所報創刊号発刊のご案内

中西 治

師走となり、今年も残り少なくなりました。

明12月3日(日)は木村英亮さんの連続講義「21世紀の民族と国家」の最終回です。

中国、キューバ、ベネズエラなどの民族の問題が語られます。中国は私たちの研究所と関係の深い地域、キューバはこれからお付き合いする地域、ベネズエラはいま話題の地域です。ぜひご参加下さい。

木村英亮編集長をはじめ岩木秀樹さんと吉野良子さんなどのご尽力で素晴らしい『地球宇宙平和研究所所報』創刊号が発刊されました。吉野さんの手になる海面を背景とした表紙。「水惑星」といわれる地球と宇宙の名を冠した私たちの研究所にふさわしいものです。

面倒な印刷と製本を担当されたマチダ印刷に心から厚く御礼申し上げます。

会員の皆様と顧問、客員研究員および研究所が日頃お世話になっている方々に所報創刊号を贈呈します。近く事務局からお送りします。

一部一千円、友人の方々にぜひお勧め下さい。表紙だけではなく、内容も立派です。

12月10日(日)の中西治のロシア語文献研究指導のさいに最初の30分間ほどを使い、インターネットで創刊号の内容を内外に紹介しようと思っています。

このあと年内に研究合宿、年明けに新春講演会、キューバ旅行と続きます。この間に学術研究委員会、企画広報委員会などで今年度の総括と来年度の計画などを検討していただきます。そのあとに理事会を開催し、総会に向けての本格的な準備に入ります。

来年度は役員改選です。設立満5年を経て、やっと研究所らしい研究所に成りつつあります。それにふさわしい体制を作り出したいと願っています。

地球宇宙平和研究所所報創刊号 発刊

事務局

『地球宇宙平和研究所所報 創刊号』地球宇宙平和研究所、2006年12月、定価1000円 (会員価格 900円)
所報創刊号

印刷版の在庫が無くなったため、PDF版(地球宇宙平和研究所所報創刊号)を公開いたしました。(2013/10/27)

目次

中西  治 「創刊の辞」
中西  治 「宇宙地球史の展開」
岩木秀樹 「東アジアの平和のために」
植木竜司 「グローバリゼーションとネパール」
宮川真一 「公教育における宗教教育とナショナリズム」
王 元  「中国社会动乱的周期性与自律性」
林 亮  「東アジア安全保障レジームと日米安保再編」
高橋勝幸 「北朝鮮を訪ねて 2005年8月」
木村英亮 「人種から見たキューバの歴史」

「編集後記」