月別アーカイブ: 2004年12月

2004年度 地球社会論「研究部会」

事務局

第1回研究会 2004年4月25日

報告者 中西 治
テーマ 「イラク・パレスチナ・イスラエルの紛争をどのようにして解決するのか」

第2回研究会 2004年5月23日

報告者 中西 治
テーマ 「冷戦とは何か:20世紀国際関係史の中でどう位置付けるのか」

第3回研究会 2004年6月27日

報告者 中西 治
テーマ 「戦後冷戦はどのようにして始まったか」

第4回研究会 2004年7月25日

報告者 曽我 陽三
テーマ 「最近の米国:大統領選挙とイラク戦争を中心として」

第5回研究会 2004年9月26日

報告者 中西 治
テーマ 「グローバリゼーション・エンパイア・インぺリアリズム」

第6回研究会 2004年10月24日

報告者 中西 治
テーマ 「人類史の再検討」

第7回研究会 2004年11月28日

報告者 中西 治
テーマ 「アメリカ合衆国大統領選挙結果と米国の今後

第8回研究会 2004年12月26日

報告者 中西 治
テーマ 「アメリカ合衆国は帝国か、その政策は帝国主義か」

「日本社会」研究部会 第5回研究会

事務局

日時: 12月17日(金) 19:00〜21:00
場所: 大久保地域センター会議室C(JR新大久保駅から徒歩6分くらい)
報告者: 木村英亮(二松学舎大学教授)
テーマ: 「日本の社会主義研究と運動 ―石堂清倫氏と私」
参加費: 500円

◎石堂清倫(1904〜2001)

  • 『20世紀の意味』(平凡社、2001年)
  • 『わが異端の昭和史』上・下(平凡社ライブラリー、2001年)

「平和の歴史・思想・現在」研究部会 2004年度研究会

岩木 秀樹

これまでの発表テーマは、「どのような地球宇宙平和学を創るのか−非戦の歴史と私たちの課題−」「イスラームの戦争と平和−国際秩序観と共存形態−」「キリスト者における戦争と平和」「古代中国思想における戦争観・秩序観」「中国安全保障戦略における東アジア地域協力の意味−われわれは戦争への道を追い越すことができるのか−」です。

これまでは、思想における平和・戦争観の発表が多かったのですが、今後は私たちに身近な現在の戦争と平和問題などを扱う予定です。またせっかく来ていただいたのですから2時間ではなく、時間を延長して研究会の他に、平和に関する古今東西の読書会も企画しています。

平和に関するものなら何でも扱うとの、雑駁ともいえるどん欲さを持ったフォーラムにしていきたいと考えています。

第一回研究会 2004年4月11日(日) 午後3時から5時まで

報告者 岩木 秀樹
テーマ 「どのような地球宇宙平和学を創るのか−非戦の歴史と私たちの課題−」

第二回研究会 2004年5月15日(土) 午後3時から5時まで

報告者 岩木 秀樹
テーマ 「イスラームの戦争と平和−国際秩序観と共存形態−」

報告者 遠藤 美純
テーマ 「キリスト者における戦争と平和」

第三回研究会 2004年6月13日(日) 午後3時から5時まで

報告者 亀山 伸正
テーマ 「古代中国思想における戦争観・秩序観」

第四回研究会 2004年7月4日(日) 午後3時から5時まで

東アジア安全保障」研究部会との合同研究会

報告者 林 亮
テーマ 「中国安全保障戦略における東アジア地域協力の意味」

第五回研究会 2004年10月10日(日) 午後2時から5時まで

報告者 岩木 秀樹
テーマ 「日本における最近の戦争と平和研究の動向と公共性」

報告者 吉野 良子
テーマ 「平和思想としてのヨーロッパ統合思想」

第六回研究会 2004年11月14日(日) 午後2時から5時まで

報告者 岩木 秀樹
テーマ 「戦争の起源−人はなぜ争うのか−」

報告者 渡辺 直毅
テーマ 「『紛争』の概念−『戦争』をめぐる概念を中心に−」

第七回研究会 2004年12月12日(日) 午後2時から5時まで

報告者 遠藤 美純
テーマ 「絶対的平和主義の論理と可能性−武力行使への態度をめぐって−」

報告者 吉野 良子
テーマ 「パトリオティズム対コスモポリタニズム−合衆国における論争とカントを題材にコスモポリタニズムを考える−」