月別アーカイブ: 2004年8月

日本国憲法第9条を支持する宣言

事務局

日本国憲法第9条は、人類が営々と築き上げてきた非戦の誓いの最高到達点と言えるでしょう。その第9条が現在揺らぎ、改定が叫ばれています。このまま行くと再び日本は大きな過ちを犯す可能性があります。

私たち地球宇宙平和研究所会員の中から、このような状況を強く憂い、自分たちの主張を宣言として全世界に訴え、行動を起こそうといううねりが強くなりました。宣言文に関する多くの方の議論を経て、この「日本国憲法第9条を支持する宣言」が発表されました。私たちのこの宣言は21世紀の地球と宇宙の平和を維持する指針の一つになるものと信じています。

——

日本国憲法第9条を支持する宣言

私たちは日本国憲法第9条を支持し、その精神を地球全体に広めることをめざしてこの宣言を発表する。

日本国憲法はその前文において、日本国民はわれらとわれらの子孫のために政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意し、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚して、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意したことを表明している。

この憲法は第9条で、その目的を達成する具体的な方策を次のように規定している。
(1) 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
(2) 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

20世紀の二つの大戦が人類に与えた教訓は、いかなる紛争問題も戦争によってではなく、平和的に解決しなければならないということである。日本国憲法第9条はこの結論を法制化したものである。

憲法前文は「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う」と誓約しているにもかかわらず、いま憲法第9条が危機に瀕している。

この崇高な理想と目的を捨ててはならない。21世紀に入っても世界中で戦争の惨禍が絶えない今日、いまこそ憲法第9条を高らかに掲げ、その精神を人類共有の理念としなければならない。

日本の自衛隊の存在や日本の国際連合安全保障理事会入りのために憲法第9条を変えるのではなく、自衛隊と国連安保理を第9条に合わせるべきである。

私たちは宣言する。

1. 世界のすべての人が、平和のもとで生きる権利を有するがゆえに、私たち主権者は、国家および政府に対して、平和的生存権を保障させなければならない。
私たちは戦争と武力行使を永久に放棄した日本国憲法第9条を高く評価し、これを支持する。

2. 常備軍の存在は、他の諸国を絶えず戦争の脅威にさらすことになる。常備軍そのものが先制攻撃の原因となる。国家による人殺しを強制されない権利が保障されなければならない。
私たちは戦力の不保持を定めた日本国憲法第9条を高く評価し、これを変えることに反対する。

3. 戦争は甚大な犠牲を強い、地球環境を破壊する最悪の愚行である。戦争を放棄し、人権としての平和を高らかに宣言している日本国憲法は、人類普遍の原理であり、崇高な決意である。
私たちは真の国際貢献、平和実現のために、憲法第9条の精神を広く世界の人々と共有し、その実現に向けて努力することを誓う。

この宣言に多数の人々が賛同され、署名人となられるよう要請する。

2004年8月15日正午

署名人(敬称略)

青谷道子、今井康英、岩木秀樹、植木竜司、遠藤美純、王元、汪鴻祥、王広子、大江平和、掛川三千代、加藤恵美、亀山伸正、木我公輔、木村英亮、小林宏紀、近藤泉、近藤義雄、近藤よし花、近藤嘉人、近藤よし乃、近藤慶水、佐藤美津子、澤入恵子、澤入泰、徐顕芬、シンサワット・ヨートパーントーイ、神保泰興、スラパン・サーイプラディット、ソムデット・アップドウンラー、高橋勝幸、谷川真一、竹本恵美、張剣波、辻村伸雄、中西治、中西順子、中西節子、浪木明、野津志乃、白恩正、林亮、古野郁子、古野恭子、古野久子、古野久美、堀妙湖、森井賀津子、森井貞夫、吉野良子、和田正二、渡辺直毅

以上 51人

追加署名人(敬称略)

青木朋子、青木豊和、安達範子、雨宮裕一郎、尹春華、ウアムポーン・ソーンスワン、ウィライ・トゥラクーンシン、ウォーラヌット・チュールアンスック、ウォーラポン・ウェッチャマーリノン、梅林宏道、ウライ・ティティラッタカーン、遠藤正雄、王新生、大崎伸城、岡田康孝、小野和子、オーラタイ・パワーラム、カムポン・チャムパーパン、カンティカー・シーウドム、カンニカー・サートゥラプルン、川崎高志、姜元武、キッティポン・ジャイサムット、クリット・セーンインヨット、熊谷公子、熊谷陽一、クンナコーン・ワーニットウィルン、コーソン・チョーパーカー、胡徳坤、小林佶、佐藤武子、佐藤仁志、佐藤賀夫、澤井恵美子、シリペット・トリッサナーワディー、シリポーン・ポムウォン、ジャーモーン・ソーンペットナリン、ジャラン・ディッターアピチャイ、スターチャイ・イムプラサート、スダー・パノムヨン、スチャート・プーミボリラック、スティー・リムテーパーティップ、ソムギアット=ピブーンパット、ソムシー・チャイワニチャヤー、ソンクラ—ン=ポーンブンカン、タノームヌワン・ヒランヤテープ、玉井秀樹、タムロンサック・ペーチャロートアナン、ティッパワン・ジュンダートーン、ティーラポン=ムーシカサムパン、チャローン・スントゥラーワーニット、チャーンチャイ・チャイスックコーソン、張可喜、丁斗、チョーラダー・ジアムウィチャック、沈仁安、寺澤信子、寺澤美穂、ドウアンハタイ・チャートブッティクン、鄧海勇、鄧、ドゥッサディー・パノムヨン、ドーム・クライパコーン、ナンティヤー・カナーワッタナクン、楊麗君、ニッポン・ジェームドウアン、馮昭奎、長谷川薫、馬紅娟、バーラミー・サマーティパンヤー、パンティパー・コンターウォーン、ピポップ・ウドムイッティポン、ピヤナン=ソーポンシリ、プラシット・ポンウドム、プラティープ・ウンソンタム・秦、彭家声、中嶋大輔、ニパーポーン・ラッチャタパッタナークン、ノッパナート・アヌポンパット、モンタナー=ドゥワンプラパー、モンティパー・イムヨーン、ラックサー・スッティポン、ラックサー・ポーカーサティット、ラッダーワン・タンティウィッタヤーピタック、ラッチャナート=ワーニットソムバット、劉思危、ロッサナー= トーシラクーン、ワーニー・サーイプラディット

以上 139人(2007年8月7日現在)