月別アーカイブ: 2003年5月

有事法制の権威性への憂い

その他

投稿者:小林 宏紀

無辜の民を犠牲にしない政治が日本においてどれほど試みられているか。この一点についての公憤とともに、以下筆を執るものである。

冷戦終結後、世界で唯一の超大国となったアメリカに対し、その脅威の一方で、 法と民主主義に基づいたリーダーシップが期待され、求められてもいた。しかし漸次姿を現したアメリカの一国主義的行動は、特に同時多発テロ以後顕著なものとなった……

本文はPDFファイルでご覧いただけます。

有事法制を考える

岩木 秀樹

現在、有事関連三法案(武力攻撃事態法案、自衛隊法改正案、安全保障会議設置法改正案)が衆議院を通過しようとしている。多少の修正はあったが、根本的問題は解決されていない。

有事とは戦時であり、有事法制の整備とは戦争のできる国作りのことである。戦時体制下において、国民の安全・自由を守るものではなく、むしろ制限し、自衛隊と米軍を円滑に運用し、戦いやすい状況を作り出すものである。日本国憲法における武力行使の放棄や平和主義に反するのはもちろんのこと、基本的人権の尊重や国民主権にも大きな制約を加えるものである。

そもそも有事法制が本当に必要なのかを問わなくてはならない。日本が武力攻撃を受けるような事態は、外交の失敗を意味し、あってはならないことである。「有事法制を整えておくことは法治国家として当然のことだ」との議論があるが、それではなぜ今までほっておいたのか。当然の義務を怠った政治の責任は重く、今になってその論法を振りかざすのは自己欺瞞に満ちている。「冷戦崩壊後はテロの多発などで状況が変わった」という言い方もされるが、いつの時代でも脅威は喧伝されていたのであり、状況は関係ないのである。

さらに今回の法案は冷戦崩壊後の状況に対応しておらず、時代錯誤ですらある。陣地を築いて防御するということは地上戦を戦うということであり、これがどのようなことを意味しているのかは、沖縄での地上戦の犠牲を見れば明らかであろう。日本は人口密度が高く、資源に乏しく、多くの原子炉を抱える国である。到底戦争を前提にしては存在できる国ではない。戦争になると、死体の埋葬が間に合わないので、墓地以外でも埋めたり火葬できるようにするこの法案は地獄の法律であり、そのような状態はすでに破滅的であり、絶対に起こしてはならない。大量の人が亡くなった後に、どうやってまたどこで焼くかを規定する法案は、悲惨を通り越して、ブラック・ユーモアになってしまう。このようなことを前提に考えるのが、武と軍の論理である。

「有事法制は自衛隊が勝手に行動することを防ぐためのものである」との主張は、つまり現行の自衛隊法では自衛隊は何をするか解らないということである。そのようなシビリアンコントロールされていない軍隊は即刻無くすべきである。

有事法制が軍の超法規的行動を防ぐということも疑問である。有事法制が整備された戦前の日本の行きついた先は、焼け野原と多大な民衆の犠牲であった。現在でも強力な有事法制をもつ国が民主的である例は少ない。個人や企業、地方公共団体の権利や自由を奪うのがこの法案である。軍隊に超法規的行動をとらせないために、国民に対して超法規的措置を強要するのは矛盾もはなはだしい。

「公共の福祉のために、自由は制限される」との議論はすり替えである。「戦争は公共の福祉であり、従って自由や権利は制限され、戦争協力の義務を押しつけ、逆らえば投獄される。」この論理は真に国民の生命と財産を守るものではない。武力行使を放棄した日本国憲法において、公共の福祉のなかには戦争は当然含まれていない。

「もし敵が攻めてきたら」との言説そのものが、自己中心的発想である。日本が攻めてくると想定しているのは、アジアの諸国である。しかしかつて日本はそこを侵略したのである。むしろアジア諸国の方が、日本がアメリカと協力して再び介入してくるのではないかと危惧するのは当然であろう。冷戦崩壊後の日本では、周辺事態法、新ガイドライン関連法、テロ対策特措法等が作られ、戦時体制の整備が進められてきた。さらに歴史認識問題、靖国公式参拝、国旗国歌法など国家主義的傾向が強まっている。アジア諸国が日本に対して不信感を抱くのもうなずける。

さらに政府答弁ですら、外国軍が日本に対して侵略することは想定できないとしている。不審船は海上保安庁が行う国境警備問題であり、拉致は外務省と警察が対応すべきであり、「テロ」は警察が行うべき治安維持の問題である。このような問題と軍事組織が対応すべき有事とを混同すべきではない。

未だに「戸締まり論」や「もし誰々が攻めてきたら」ということが言われるが、多くは具体的な状況判断を前提としていない空論が多い。そもそも家庭における戸締まりとのアナロジーは、国家におけるパスポートコントロールや税関である。家庭において外敵からの攻撃を防ぐためにピストルや刀を日本ではもたないのと同様に、国家においても対外的に友好関係を築いていけば、過度な武力は不必要である。

「備えあれば憂いなし」との陳腐なスローガンは、暴力を基準にした考えである。備えが充実していれば安全であるとは言えない。世界第一の軍事力を持ったアメリカでさえ、9・11事件において経済と軍事のシンボルが破壊され、多くの人が亡くなったのである。合理的な理由もなく軍事的な備えをすれば、むしろ周辺の警戒や不信が高まり、憂いを招くこともある。憂いを招かないためには、軍事的備えではなく、様々な平和的備えが必要である。

今回の有事法制は対米支援のための基盤整備でもある。これができれば、米国の単独主義的な先制攻撃に日本も巻き込まれ、自衛隊だけでなく自治体や企業、国民も総動員される。まさに自衛隊と米軍に超法規的特権を与えるとともに、米国の戦争に協力させるために国民の権利を制限し、罰則つきで戦争協力を強制するものである。さらに自衛隊の海外での武力行使を合法化し、集団的自衛権まで踏み込むものである。

このように多くの点で問題のある有事法制は、大多数の国民が納得できるものとはなっていない。国家の根幹にかかわる安全保障問題であり、憲法にも抵触することが明らかであるので、今回の有事関連三法案は廃案もしくは凍結をし、さらなる国民的な論議が必要であろう。

「特定非営利活動法人地球宇宙平和研究所」正式発足1周年記念日にあたって

中西 治

私たちの研究所は2002年5月2日に正式に発足しました。それから1年が経過しました。この間に私たちの研究所は目覚ましい発展を遂げました。設立総会時に45名であった会員は現在では正会員68名、賛助会員13名、計81名の大きな研究所になりました。これもひとえに皆様のご支援・ご努力の賜物であると深く感謝しています。心から厚く御礼申し上げます。

私たちの研究所はこの1年間に多くの活動をしましたが、この機会に今回のイラク戦争をめぐって研究所の内外から寄せられた多くの貴重なご意見に関連して私の考えを述べさせていただきます。それは私たちの研究所の性格と今後の活動に大いにかかわっているからです。

研究所の中にはイラク戦争に反対する声明を研究所として出すべきであるとの強い意見がありました。これはもっともなことです。地球と宇宙の平和をめざす研究所として現に起こっている戦争について意見を表明することは当然です。しかし、私たちの研究所は声明を出さないで、別の方法を選びました。研究所の内外を問わず、この問題についての意見を研究所のホームページを通じて交換するという方法でした。何故このような方法を採ったのでしょうか。

私たちの研究所は地球上に住むすべての人に開かれています。私たちの一致点は地球と宇宙の平和を大切にし、人間の幸せを望むということです。私はこのような考えを持つすべての人に私たちの研究所に入っていただきたいと願っています。

私たちの研究所にはさまざまな考えをもっている方がおられます。今回の戦争についても地球と宇宙の平和を望みながらも、サダム・フセインの支配を覆すためにはイラクに対する攻撃が必要であると考えている方もおられるでしょう。もしも私たちの研究所が今回の戦争を非難する声明を出したとしたならば、その方々の考えを無視し、排除したことになります。私は会員の方が不愉快な思いをされるようなことをしてはならないと思っています。

私は今回の戦争について二度私の考えを率直に述べさせていただきました。その考えはいまも変わっていません。しかし、私は私の考えで研究所の意見をまとめるつもりは毛頭ありません。私は私たちの研究所がすべての人にあらゆる問題について自由に意見を述べる場を提供したいと考えています。そして、それをお読みになられた方々が自分の考えを固められ、それぞれの場で活動されても良いし、活動されなくても良いと考えています。

私自身は2001年の9・11事件に続くアフガンのタリバン政権に対する戦争と2003 年のイラクのフセイン政権に対する戦争などの問題を根本的に解決する方策として、すでに国際連合の拡充・発展と個人およびその集団による新しい地球安全保障機構と地球経済財政金融機構および地球警察の創設を提案しています。また、東アジアの平和を強化するために具体的な提案をし、活動をするつもりです。

歴史は指導者によって作られているように見えますが、実際は民衆によって作られています。指導者が民衆を使っているように見えますが、実際は指導者は民衆によって使われているのです。民衆の願いを正しく理解し、その実現のために努力するとき指導者は英雄となり、天まで持ち上げられますが、民衆の願いから離れ、それに反する行動をするようになったとき指導者は地獄にまで突き落とされるのです。しかも、同じ民衆によってです。私はそのような場面をこれまで何度も見てきました。

サダム・フセインにしてもしかりです。彼が多年にわたってイラクの最高指導者としての地位を維持できたのにはそれなりの理由があったからです。彼はそれまで外国の欲しいままにされてきたイラクの石油をイラク国民のものに取り返したのでした。彼は確かに専制的な指導者でした。しかし、専制的という点ではお隣のサウジアラビアの方がはるかに専制的であるし、アジアには朝に王を批判すれば夕方には捕まって獄に入れられるという国が今でもあるのです。アメリカはサウジアラビアの王侯はアメリカの言うことをよく聞くから守り、サダム・フセインはアメリカの言うことを聞かないから潰すということをしているのです。だから、アラブの多くの人々は怒っているのです。

2003年4月の統一地方選挙で私たちの研究所の方がお二人それぞれ異なる政党から立候補され、見事に当選されました。私はこれを心から喜んでいます。私は近い将来に私たちの研究所の方々が地方公共団体においても国政においてもあらゆる政党から、または、政党に属さずに立候補され、当選され活躍されることを願っています。私は日本国だけではなく地球社会全体でも私たちの研究所の方がさまざまな面で活躍されることを祈っています。そのような人が増えたときに地球と宇宙の平和はより確かなものになるでしょう。

21世紀は地球上に住むひとり一人の人間が地球社会の主人公の時代です。私は私たちの研究所をこの時代にふさわしい組織にしようと願っています。これまでの多くの組織は組織の長を頂点とする階層的な垂直的構造であり、構成員を組織に合わさせようとしてきましたが、私たちの研究所はすべての構成員が平等である水平的構造であり、構成員を組織に合わせるのではなくて、組織をひとり一人の人間に合わせるような研究所にしたいと願っています。現在はひとり一人の人間が地球社会に直接影響を与えることのできる時代です。

私は新たな気持ちをもって正式発足2年目に入る研究所の活動にいっそう積極的に取り組むつもりです。皆様の変わらぬご指導・ご支援をお願い申し上げます。

イラク問題についてはここで一旦論議を打ち切ります。次に朝鮮・韓半島の情勢と有事立法の問題についてご意見をお寄せ願えれば幸いです。