刊行物」カテゴリーアーカイブ

地球宇宙平和研究所所報 第3号「特集 いまのキューバがよく分かる」発刊

事務局

『地球宇宙平和研究所所報  第3号』地球宇宙平和研究所、2008年12月、定価1,200円 (会員価格 1,100円)

ご注文は事務局までメールでお申し込みください。その際、郵便番号、住所、氏名、電話番号、注文冊数、会員かどうかをご明記ください。なお、ご注文の際、送料は本研究所が負担いたします。支払いについては、所報とともに振り込み用紙をお送りいたしますので、そちらで振り込んでいただきます。

目次

特集「いまのキューバがよく分かる」

はじめに/ 中西 治
I  革命いまだ終わらず/ 中西 治
II  キューバ ‘07 年春、’08 年春 ーのぞきみた横顔/ 鈴木 博信
III  伝統料理「アヒアコ」とキューバ人気質/ 清野 史郎
IV  キューバの経済改革と「革命キューバ」の行方/ 片山 博文
V  もう一つの道をめざすキューバ/ 岩木 秀樹
VI  キューバ日誌/ 浪木 明
むすび/ 中西 治

論文

歴史・日本・朝鮮・中国 ー武漢大学講義録 (2008 年 6 月)ー/ 中西 治
文明の衝突から文明の対話へ ー宗教の現在と宗教間対話の意義ー/ 岩木 秀樹

研究ノート
グローバル化による貧困問題と新しい共同 (コモン) の可能性/ 岩木 秀樹

資料
キューバ略史と基本データ

編集後記

ニューズレター No.16 特集「平和について」

事務局

ニューズレター No.16 を発行しました。PDF ファイルでご覧いただけます。

巻頭言
・戦争に先回して平和を先取りするために/林 亮/2

特集 平和について
・ヨーロッパの「平和」 日本の「平和」/渡辺 宏/4
・テロ支援国家指定解除から米朝・日朝の国交正常化へ/中西 治/5
・グルジア、スターリン雑感/木村 英亮/6
・平和憲法を学ぶ/今井 康英/7
・宗教間対話の可能性と新しい「宗教」の模索/岩木 秀樹/9

・地球宇宙平和研究所の新たな発展をめざして/中西 治/11
・合同研究会報告/12
・理事会報告/13
・事務局からのお知らせ/14

ニューズレター No.15 特集「世界の政治」

事務局

ニューズレター No.15 を発行しました。PDF ファイルでご覧いただけます。

巻頭言
・洞爺湖サミットと「ボトム・ビリオン」/川崎 高志/2

特集 世界の政治
・いま日本の政治に求められるもの/徳永 雅博/3
・裁判官の良心、“こだわり”あるいは国民の不断の努力について/今井 康英/4
・胡錦濤訪日と日中関係の発展/汪 鴻祥/5
・2008 年の中国現代史における意義/王 元/6
・ネパールにおける「チベット問題」と対中関係/植木 竜司/7
・混迷するタイの政局: 野党民主党の不信任動議に思う/高橋 勝幸/8
・EUの最前線 ―アイルランド国民投票とリスボン条約/吉野 良子/10

第7回総会報告
・総会記念講演「今日のベトナムとアジアの平和」/古田 元夫/12
・2007 年度事業報告、収支報告/15
・2008 年度事業計画、収支予算/19
・会費滞納および理事会の件/23

・第二次キューバ訪問団報告/浪木 明ほか/24
・理事会報告/26
・地球宇宙平和研究所所報について/28
・事務局からのお知らせ/30

ニューズレター No.14 特集「所報第二号発刊記念」

事務局

ニューズレター No.14 を発行しました。PDF ファイルでご覧いただけます。

巻頭言
・宇宙平和の構築のために(汪 鴻祥)

特集 所報第二号発刊記念
・「冷戦」について(渡辺 宏)
・国際関係論・国際社会論から宇宙地球史・地球社会論・地球宇宙平和学へ
―20世紀の学問から21世紀の学問へ(中西 治)
・私の夢(岩木 秀樹)
・地球と宇宙の平和、それって、誇大妄想?(吉野 良子)

・理事会報告
・地球宇宙平和研究所所報について
・事務局からのお知らせ

地球宇宙平和研究所所報 第2号 発刊

事務局

『地球Vol2-hyoushi宇宙平和研究所所報 第2号』地球宇宙平和研究所、2007年12月、定価1000円 (会員価格 900円)

目次

論文

中西 治「中国革命・中ソ同盟・朝鮮戦争・日米安保体制
―スターリン・蒋介石・毛沢東・金日成・ローズヴェルト」
汪 鴻祥「『和諧アジア』の構築をめざして ―中国のアジア外交の変化を中心に」
岩木 秀樹「地球宇宙平和学の構築をめざして
―非戦の歴史における憲法9条と自衛権・主権概念の再検討」
辻村 伸雄「大きな歴史 ―歴史研究のコスモナイゼーション」

研究ノート

高橋 勝幸「タイにおける第二次大戦の記憶 ―自由タイ、『メナムの残照』、『王朝四代記』を中心に」
植木 竜司「ネパールにおける地域格差の諸相」

所報執筆要綱
編集後記

ニューズレター No.13 特集「文化学術交流」

事務局

ニューズレター No.14 を発行しました。PDFファイルでご覧いただけます。

巻頭言
・「東アジア共同体」論議と日本の「戦後」(渡辺 宏)

特集 文化学術交流
・中国との交流拡大を目指して (汪 鴻祥)
・第二回キューバ学術文化交流について (浪木 明)
・中華人民共和国遼寧省阜新市人民政府代表団の歓迎宴 (植木 竜司)

第6回総会報告
・総会記念講演「日米関係と戦争の記憶」(油井 大三郎)
・2006年度事業報告
・2006年度収支報告
・2007年度事業計画
・2007年度収支予算
・第4期役員

書評
・栗原優『現代世界の戦争と平和』ミネルヴァ書房、2007.6 (木村 英亮)
・会員紹介 (片山 博文)
・理事会報告
・地球宇宙平和研究所所報について
・事務局からのお知らせ

ニューズレター No.12 特集「キューバ訪問」「設立5周年記念」

事務局

ニューズレター No.12 を発行しました。PDFファイルでご覧いただけます。

巻頭言
・地球宇宙平和研究所の本格的な発展を! ―設立10 周年にむけて― (中西 治)

特集 キューバ訪問
・キューバ視察旅行報告 (木村 英亮)
・第1回キューバ学術交流に参加して (浪木 明)
・キューバ共和国訪問団会計報告

設立5周年記念特集
記念合宿
・文明の衝突から文明の対話へ ―宗教間対話の覚え書き― (岩木 秀樹)
記念新春シンポジウム
・地球宇宙平和研究所の意義と使命 岩木 秀樹9
・茶の間と社会をつなぐ平和学 ―おばちゃんの持つ使命と研究所の課題― (近藤 泉)

・理事会報告
・事務局からのお知らせ

地球宇宙平和研究所所報創刊号 発刊

事務局

『地球宇宙平和研究所所報 創刊号』地球宇宙平和研究所、2006年12月、定価1000円 (会員価格 900円)
所報創刊号

印刷版の在庫が無くなったため、PDF版(地球宇宙平和研究所所報創刊号)を公開いたしました。(2013/10/27)

目次

中西  治 「創刊の辞」
中西  治 「宇宙地球史の展開」
岩木秀樹 「東アジアの平和のために」
植木竜司 「グローバリゼーションとネパール」
宮川真一 「公教育における宗教教育とナショナリズム」
王 元  「中国社会动乱的周期性与自律性」
林 亮  「東アジア安全保障レジームと日米安保再編」
高橋勝幸 「北朝鮮を訪ねて 2005年8月」
木村英亮 「人種から見たキューバの歴史」

「編集後記」

ニューズレター No.11 特集「等身大の平和とは ―家庭・地域・社会―」

事務局

ニューズレター No.11 を発行しました。PDFファイルでご覧いただけます。

巻頭言
・朝鮮に平和を、東アジアに平和を、全地球に平和を! ―第5回総会を終えて― (中西 治)

特集 等身大の平和とは ―家庭・地域・社会―
・身近な平和と「遠く」の戦争 (岩木 秀樹)
・家族と平和 (宮川 真一)
・「子ども達の平和学習」―クイズつき― (近藤 泉)

講演会記録
最近のラテンアメリカ情勢をめぐって ―キューバ、ベネズエラを中心に― (加茂 雄三)

第5回総会報告
・2005年度事業報告
・2005年度収支報告
・2006年度事業計画
・2006年度収支予算

・教育研究活動 (講義・演習) 日程
・事務局からのお知らせ

ニューズレター No.10 特集「グローバリゼーションと日本社会」

事務局

PDFファイル でご覧いただけます。

巻頭言
・いっそう多面的な活動を! ―設立5周年記念日をめざして― (中西 治)

特集 グローバリゼーションと日本社会
・グローバリゼーションの日本的受容について (渡辺 宏)
・グローバリゼーションと「自己責任」論 (渡辺 直毅)
・タブーと日本社会 (岩木 秀樹)
・グローバリゼーションと教育基本法 (宮川 真一)

「洋光台九条の会」発足記念講演
・憲法九条は人類の誇り その精神を地球全体に広めましょう! (中西 治)

書評
・王元編著『中国の文化と近代化』白帝社、2006.1. (木村 英亮)

講演会記録
・東アジア共同体と東北アジア共同の家 (和田 春樹)

・会員紹介 (亀山 伸正)
・理事会報告
・合同委員会報告
・地球宇宙平和研究所新版ブックレット [1] 発刊
・事務局からのお知らせ