お知らせ」カテゴリーアーカイブ

ローコスト・ハイプロファイル・サステイナブル ―研究所20周年を展望して―

浪木 明

2012年7月28日発行のニューズレター第22号の巻頭言を転載いたします。―事務局

ローコスト・ハイプロファイル・サステイナブル
―研究所20周年を展望して―

浪木 明(特定非営利活動法人 地球宇宙平和研究所 理事長)

2年前の本日、中西治前理事長が脳梗塞を発症し入院された。数日後、ご本人からお電話をいただいた時、病状はもとより「研究所はどうなるのだろうか?」との言い知れぬ不安感に襲われたことを鮮明に覚えている。その1ヶ月前の第10回総会では、非常にお元気でロシア訪問にも強い意欲を表明されていらっしゃったので、電話をいただいた時は現実を素直に受け入れることが困難だった。

思案の末、まずは快復に向け、可能な限りのサポートをさせていただくことが研究所を守ることにつながっていくと考え、昨年第6期副理事長として、武漢大学シンポジウムに同行、12月18日の神奈川県民ホールでの10周年記念講演会・祝賀レセプションを盛大に開催することが出来た。

詳細は省くが、結果として本年4月29日、任期途中で理事長の大任をお引き受けすることとなった。宇宙が、地球が、世界が大変動しつつある荒海の中での船出である。天命と考え、20周年に向けての構想を以下のようにまとめた。

スローガンは「ローコスト・ハイプロファイル・サステイナブル」である。私は財務・会計担当をここ数年させていただいている。この間、役員・会員・支援者の皆さんのご協力により、赤字を出さずに今日に至っている。現在、研究所は正会員59名・賛助会員29名・UU会員12名、合計100名の組織であり、NPOである私たちの研究所を支えているのは、会費収入・寄付金収入・事業収入である。2010年度は33万8100円、2011年度(10周年)は121万2813円の経常収入だった。2012年度予算では54万1千円を見込んでいる。決して余裕のある収入ではなく、現状維持ではローコストでの運営を余儀なくされる。そこで研究所の財務状況改善に重要な位置づけとなるのが、ユニバーサル・ユニバーシティーの発展・拡大である。そのためには、ハイプロファイル(高度のプロフィール作成)、すなわち広報PR強化が不可欠であり、とりわけホームページの充実、ツイッターや動画発信などのソーシャルメディア活用が時代の必須アイテムであると、この分野の専門の方から伺った。

そして、以上のことを踏まえツールを有効に稼動させ、サステイナブル(持続可能な)組織を構築し、主要な業務謝礼(総会・ホームページ管理・所報・ニューズレター・会計等)の増額、役職手当(現在、理事長も含め全理事・監事は無給)、海外連絡事務所(ベトナム・チェコ)設置、医療介護事業(医療通訳者養成、実務日本語指導)や、ユニバーサルサロン展開、ミャンマー訪問などの構想実現を心に描いている。

私は現在10代の中高生の英語個別指導に携わっているが、指導が難しい年齢が11歳・14歳・17歳、いわゆる「反抗期」であると感じている。研究所を生命体と仮定するなら、昨年12月に10歳の誕生日を無事迎え、内外の祝福を受けたことになる。11周年、14周年、17周年を乗り越え組織を拡大し、20周年記念事業を全世界同時中継したいと考えている。これは本研究所がめざす「地球と宇宙の平和に貢献すること」であり、会員の皆さんに喜んでいただけると確信している。本年、新たなスタートとなる11周年は女性の声を積極的に取り入れ、UU会員の飛躍的増加を事業の中心に推進してまいりますので、皆様のより一層のご指導ご鞭撻を何卒よろしくお願い申し上げます。

2012年6月20日

近況報告と講演会について

中西 治

私は2010年6月20日に発病してから間もなく2年になります。本年1月10日から3月31日まで九州の湯布院で保養し、随分良くなりましたが、完全には元に戻っていません。しかし、私はこれで治ったことにしました。

横浜に帰ってきてから、下記の講演会の準備に没頭し、何とか目途がつきました。皆さんを130億年の昔からもっともっと長い未来への楽しい宇宙旅行に案内しようと思っています。もっとも太陽の生命はあと50億年とか、80億年とかという説があり、地球はそれ以前になくなるといわれており、楽しい話しばかりではありませんが、そのときは人間は太陽系以外の惑星に移住するという手があるようです。いずれにしても、これらは遠いと遠い先の話し、私は悠々楽々と生きることにしています。

今回の講演は会員向けにインターネットでも中継していただける由、中継方法は改めてお知らせします。ぜひ、見て、聴いて下さい。 もちろん、お出でいただいて、お会いできれば、なお嬉しいです。

ご健勝をお祈りいたします。

<地球宇宙平和研究所総会記念講演会>

1.日時:2012年6月10日(日)17:20-18:50

2.場所:かながわ県民センター711号室(JR横浜駅西口徒歩5分)
横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 電話 045-312-1121

3.講演者:ユニバーサル・ユニバーシティー学長 中西治

4.演題:ユニバーサル・ヒストリーと宇宙・地球・人間の将来
――ユニバーサル・ユニバーシティー開校講義――

総会記念講演会・総会の開催について

浪木 明

特定非営利活動法人 地球宇宙平和研究所会員の皆様

拝啓 陽春の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

4月29日の理事会で新理事長に就任させていただきました浪木明です。(新)会員中心の組織改革を目指し、2013年6月30日まで研究所運営・拡大の指揮を執らせていただきますのでよろしくご指導ご支援をお願い申し上げます。

下記の通り、総会記念講演会、総会を開催致します。知人・友人の方々にもお声をかけていただき、一人でも多くの皆様に足を運んでいただけたら幸いに存じます。

1.日時:2012年6月10日(日)17:20-19:40

2.場所:かながわ県民センター711号室(JR横浜駅西口徒歩5分)
横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 電話 045-312-1121

<総会記念講演会>
時間:17:20-18:50
講演者:ユニバーサル・ユニバーシティー学長 中西治
演題:ユニバーサル・ヒストリーと宇宙・地球・人間の将来
-ユニバーサル・ユニバーシティー開校講義ー

<第11回総会>
時間:18:50-19:40

後日、総会議案書、2012年度会費振込み用紙、正会員の方には委任状ハガキを送付させていただきます。時節柄、くれぐれもご自愛下さい。

2012年5月2日(11周年目の研究所設立記念日に)
地球宇宙平和研究所 理事長 浪木明

ユニバーサル・ユニバーシティー(UU)の教育研究活動開始について

中西 治

特定非営利活動法人地球宇宙平和研究所(NPO IGCP)理事会は2012年4月29日にユニバーサル・ユニバーシティー(UU)を設立し、学長に中西治を任命しました。学長は遠藤美純さん、片山博文さん、竹田邦彦さんの3名に学長補佐を委嘱しました。

UUは本日から本格的に活動を始めます。


中西治は2012年度に次のような講義と研究指導をおこないます。

講義

テーマ:ユニバーサル・ヒストリー(UH=宇宙地球史)入門

  1. UHとは
  2. UHの時期区分
  3. 宇宙の歴史
  4. 地球の歴史
  5. 生物の誕生と進化の歴史
  6. 人類の誕生とホモ・サピエンス(知恵の人)の出現
  7. 日本人はどこから来たのか
  8. 現代とはいかなる時代か
  9. 宇宙・地球・人間の将来
  10. ユニバーサル・サイエンス(US=宇宙地球学)とは

参考文献:

中西治『ロシア革命・中国革命・9.11――宇宙地球史の中の20-21世紀――』南窓社、2011年.
中西治「ユニバーサル・ヒストリー(宇宙地球史)入門(1)――時期区分を中心として」 『地球宇宙平和研究所所報』第6号、2011年、65-71ページ;
  辻村伸雄、同上中西論文補説、同上誌、72-80ページ.
中西治「ユニバーサル・ヒストリー(宇宙地球史)入門(2)――科学技術革新を中心として――」2011年.
中西治「ユニバーサル・ヒストリー(宇宙地球史)入門(3)――世界の研究教育状況――」2011年.
中西治「ユニバーサル・ヒストリー(宇宙地球史)入門(4)21世紀にふさわしい新しい思想と学問の創造を!――ビッグ(ユニバーサル)ヒストリーが地球を救い、宇宙を救う――」 2012年.
Newton別冊『大宇宙――完全版――』ニュートンプレス、2012年.
観山正見・小久保英一郎『宇宙の地図』朝日新聞出版、2012年.

研究指導

テーマ:上記参考文献と下記英文文献の講読

Fred Spier, Big History and the Future of Humanity, Wiley-Blackwell (hardback 2010, paperback 2011).
David Christian, Maps of Time: An Introduction to Big History, with a New Preface, 2nd edition, University of California Press, 2011.

第1回講義は2012年6月10日に第11回総会記念講演として横浜駅西口のかながわ県民センタ-でおこないます。

その後は横浜市磯子区洋光台の中西宅で講義と研究指導を交互に実施します。


UU会員はいつでも学び、教えることができます。ともに学び・教える場がキャンパスです。2012年度はすでに始まっていますので、教育担当と研究発表を希望するUU会員は、随時、教育または研究のテーマ、要旨、実施予定日時、場所、方法などを文書で学長または学長補佐に提出して下さい。学長と学長補佐は、教育担当と研究発表を希望する会員と協議し、教育研究計画の 実施を決めます。2013年度以降は年度初めに全体の教育研究計画を発表します。


IGCP正会員および賛助会員はそれぞれの会費にUU会費が含まれており、自動的にUU会員となりますが、UU だけの会員となることもできます。UUの理念と目的、今後の教育・研究計画、入会申込書などを別途公開します。IGCPに加入していない方々に、UUへの入会をお勧め下さい。よろしくお願い申し上げます。

IGCP理事長辞任とUU学長就任にあたって

中西 治

私は特定非営利活動法人地球宇宙平和研究所(NPO IGCP)理事長の職を本日の理事会で辞任し、IGCP内に新たに設けられたユニバーサル・ユニバーシティー(UU)の学長職に就任しました。

私がIGCP理事長を辞任したのは、IGCPの基礎が2001年12月15日の設立以来10年間に固まり、新たな多面的な発展の段階に入ったと考えたからです。新たな段階には新たな人材が必要です。発想力豊かな行動力ある人材です。私はこのような人材にIGCPの未来を託します。

私は学ぶことを止めません。研究者・教育者の道は一生続きます。私は、これからもUU学長として、21世紀以降にふさわしい新しい思想と学問の創造・確立・発展に努めます。UUの第1回講義を2012年6月10日に開催されるIGCP第11回総会の記念講演としておこないます。

IGCP正会員および賛助会員はそれぞれの会費にUU会費が含まれており、自動的にUU会員となりますが、UU だけの会員となることもできます。UUの理念と目的、今後の教育・研究計画、入会申込書などを添付でお送りします。IGCPに加入していない身近の方々に、UUへの入会をお勧めいただければ幸いです。

多年にわたるご厚情に深く感謝するとともに、変わらぬご支援を心からお願い申し上げます。

ご健勝をお祈り致します。

地球宇宙平和研究所第6期理事会第2回会議の結果について

中西 治

特定非営利活動法人地球宇宙平和研究所会員の皆さん

本日、2012年4月29日に 特定非営利活動法人地球宇宙平和研究所第6期理事会第2回会議が下記の通り開かれました(敬称略)。

1.日時:2012年4月29日(日)午後2時から午後4時まで。
2.場所:横浜市磯子区洋光台1-9-3の研究所事務所
3.議題および報告者(括弧内):
(1) 2011年度決算報告について(浪木明副理事長)
(2) 2011年度活動報告について(岩木秀樹理事)
(3) 2012年度予算について(浪木明副理事長)
(4) 2012年度活動計画について(岩木秀樹理事)
(5) 教育研究体制の整備拡充と理事の担当業務(理事長・副理事長職を含む)について(中西治理事長)
(6) 研究所事務所の変更について(中西治理事長)
(7) 第11回総会の開催準備について(中西治理事長)

会議には理事13名のうち12名(6名は書面表決)が参加したほか、監事2名のうち1名がオブザーバーとして出席しました。 会議では次のような報告・審議・決定がおこなわれました。

議題(1)~(4)については、各報告担当者が役員専用メールで事前に全役員に送付していた報告(案)を説明し、審議の結果、全員一致で承認しました。

議題(5)については、中西理事長が事前に送付した「ユニバーサル・ユニバーシティー(UU)設立についての申し合わせ(案)」を説明し、審議の結果、全員一致で承認しました。新設された学長職に中西治を任命しました。中西治の理事長辞任の申し出を承認し、後任の理事長に浪木明、副理事長に岩木秀樹を互選しました。なお、中西治UU学長は遠藤美純、片山博文、竹田邦彦にUU学長補佐を委嘱しました。

議題(6)については、定款第2条の研究所事務所所在地を現在の「神奈川県横浜市磯子区洋光台一丁目9番3号」から「神奈川県横浜市青葉区しらとり台62番地6ライオンズガーデン青葉台南606号」に変更することを決定しました。定款の変更は総会出席正会員の4分の3以上の議決を必要とします。新理事長が変更の時期を決め、変更の手続きをおこないます。

議題(7)については、新理事長が第11回総会を招集します。日時・場所は2012年6月10日(日)午後、横浜駅西口のかながわ県民センターです。追って、正式の通知と資料を送ります。

2021年をめざして新しい飛躍を! ―2012年度の開始にあたって―

中西 治

2011年度が終わり、2012年度が始まりました。本年度の課題はこれまでの10年間の成果を踏まえ、第二の10年間の新しい飛躍を図ることです。

本日から新しい認定NPO制度が実施されます。研究所の基礎は固まり、進むべき道は決まりました。21世紀にふさわしい新しい思想と学問を創り出し、新しい地球社会の構図を示すことです。

そのために教育研究体制を整備・拡充し、教育研究を体系化し、質の向上をめざすとともに、活動を多様化します。

ユニバーサル・ユニバーシティ・インターネットとグローバル・アカデミーを統合し、ユニバーサル・ユニバーシティー(UU)とし、その中にインターネット部とグローバル・アカデミー部を置き、UUに学長(RECTOR)職を設けます。

医療介護分野へも進出します。

以上の諸問題と関連して、来る2012年4月29日(日)午後に研究所事務所で理事会を開催し、理事長・副理事長職を含むすべての理事の担当業務を再検討し、2012年度の執行体制を確立し、活動をいっそう活発にします。役員には理事会招集の正式の通知をメールで送ります。

第11回総会は2012年6月10日(日)午後にいつもの横浜駅西口のかながわ県民センターで開催します。詳しい日程・議案書などは郵便で送ります。

本年度もよろしくお願い申し上げます。

特定非営利活動法人地球宇宙平和研究所設立10周年記念講演会のお知らせ

中西 治

特定非営利活動法人地球宇宙平和研究所は本年12月15日に設立10周年記念日を迎えます。これを祝って下記のように記念講演会と祝賀レセプションを開催します。年末のお忙しい時とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご臨席下さいますようご案内申し上げます。

特定非営利活動法人地球宇宙平和研究所設立10周年記念講演会
辛亥革命100年・9.18(満州)事変80年・日中国交正常化40年
真に友好的な日中関係の未来をめざして

とき:2011年12月18日(日)15時30分~18時30分
ところ:神奈川県民ホール本館6階大会議室(横浜山下公園前)
参加費:無料

歓迎挨拶:中西

講師と演題:

胡徳坤教授(中国第二次世界大戦史学会会長、武漢大学国際問題研究院長、同大学中国辺界海洋研究院長および日本研究センター長)
「20世紀以来世界歴史の発展趨勢と中日関係の行方」

謝岳教授
「最近の中国の群集事件」

王邦佐教授(元上海社会科学学会連合党組織書記兼副主席、元復旦大学国際政治学部長および元上海師範大学学長)
「中日関係と東北アジアの地域協力」

挨拶:

方幼封教授(元復旦大学国際政治学部教授・ラテンアメリカ研究者)
沈(瀋)亜楠さん(武漢大学大学院生・日本研究者)

挨拶と講演は日本語から中国語、中国語から日本語に通訳されます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

地球宇宙平和研究所設立10周年祝賀レセプション

とき:2011年12月18日(日)19時~21時
ところ:神奈川県民ホール本館6階レストラン英一番館(横浜山下公園前)
参加費:6300円(実費)

グローバルアカデミー(GA)シンポジウム報告

岩木 秀樹

2011 年 7 月 10 日 (日) 午後 4:30 から 7:00 まで、かながわ県民センター 604 号室で、統一テーマを「今、原発問題を考える」として、グローバルアカデミー(GA) シンポジウムが開催されました。会場には 13 名の方、ネット参加でも多数の方が参加されました。

まず、片山博文さん (桜美林大学准教授) より「リスク社会における原発の経済分析 ―原子力損害賠償制度を中心に―」とのテーマで報告がありました。環境経済学の観点から、原子力開発の歴史に触れ、米国と日本における原子力損害賠償制度の問題を述べ、原発のリスクは市場においても国家においても吸収しきれないことを考察されました。

次に、竹本恵美さん (創価大学非常勤講師) より「原子力ヒバク問題をめぐる科学の限界と社会的判断」とのテーマで報告がありました。原子力ヒバクの歴史や人体に与える影響を述べ、現在のヒバクの認定基準の甘さを指摘され、その基準は人命を守るものではなく、原発を推進するものであると主張されました。

2 人の報告の後、林亮さん (創価大学教授) より、コメントがあり、現在の問題の根底には、米国、核兵器保有国、原発保有国、原発も持たせてもらえない国といった国際的な核秩序ヒエラルキーがあり、核兵器も原発も表裏の関係であることを指摘しました。

その後、ネット参加者も含めて大いに議論が盛り上がり、原発がないと経済は回らないのか。今後、原発をどうすべきか。国家犯罪として裁判をすべきだ。原発がなくなっても数十年は収束のために雇用は確保される。原発推進のために、無理やり電気を消費させてきた。原発推進が自己目的化しており、政・官・財・学・マスコミが癒着している、などの問題が議論されました。

地球宇宙平和研究所としても、原発、核の問題は重大なテーマであり、今後の平和社会を創る上で、大きな障害になりうるので、さらに議論を継続していきたいと考えています。

シンポジウムのお知らせ

事務局

下記のように、グローバルアカデミー(GA)のシンポジウムを行います。重大かつタイムリーなテーマです。皆さんとの議論の時間もかなり取っております。ぜひご参加いただき、議論に加わってください。会員向けにインターネット中継も行う予定です。宜しくお願いいたします。

グローバルアカデミー(GA)シンポジウム
統一テーマ「今、原発問題を考える」

日時:7月10日(日)午後4:30から7:00まで
場所:かながわ県民センター604号室(36名対応)
横浜駅西口徒歩5分

報告者:片山博文(桜美林大学准教授)
「リスク社会における原発の経済分析」

竹本恵美(創価大学非常勤講師)
「原子力ヒバク問題をめぐる科学の限界と社会的判断」

討論者:林 亮(創価大学教授)

司会:岩木秀樹(地球宇宙平和研究所理事)

参加費:無料