文化学術交流」カテゴリーアーカイブ

第二次キューバ共和国訪問団報告

浪木 明

2月25日(月) 中西、浪木、片山、北原の4名、17時エアカナダ機で成田出発。約9時間のフライトを経てバンクーバー到着。入国審査の後、エアカナダ機034便に乗り換え、約4時間後にトロント着。スーツケースが出てくるまで1時間半近くかかる。ホリデイ・イン・セレクト泊。気温3度。

2月26日(火) 9時05分、エアカナダ機964便でトロント発。12時45分ハバナ着。カナダ・キューバ間は近い。気温22度。風が強く昨年よりも肌寒く感じられた。空港からガイドのヤセット、ボデギータの佐々木女史の添乗で革命広場、ホセ・マルティ記念博物館見学後、ユネスコの世界遺産に指定されているハバナ旧市街へ。ヘミングウェイが常宿としていたアンボス・ムンドス着。夜、先着の鈴木とボデギータの清野氏と合流し、ホテル・ナシオナルにてブエナ・ビスタ・ソシャル・クラブ・ディナーショー鑑賞。浪木、司会者のインタビューにスペイン語で応答。

2月27日(水) 6階ルーフガーデンのレストランで旧市街を眺めながら朝食。アジア・オセアニア研究センター訪問。元ラオス大使のマリア・アイダ・ノガレス・ヒメネス副所長よりセンターの沿革説明を受けた後、元インド大使のフアン・カレテーロ・イバニェス所長と会見。中西からIGCP及び訪問団紹介。研究センター側から若手研究者6名同席。今後の交流発展を約しあった。昼食後、昨年訪問したハバナ大学経済研究センター再訪。元所長のフアン・トリアナ・コルドビ教授と約1時間半討議。夜、世界で最も距離が短い中華街のティエン・タンにて食事。オーナーと記念撮影。

2月28日(木) 午前中、市内の有機栽培農園見学。オーナーは元軍人。11時、防衛研究センター訪問。マヌエル・カルボネル・ビダル副総裁、エンリケ・マルティネス・ディアス専門官、他1名と「キューバミサイル危機」について討議。議論が白熱し2時間近くに及ぶ。ここまでの通訳は清野氏。アンボス・ムンドスをチェックアウトし、ハバナ空港へ。20時、クバーナ航空にてオルギンへ。オールインクルーシブのビーチリゾートホテル、ソル・リオ・デ・ルーナス泊。

2月29日(金) 9時にホテルを出て、港町バリアイへ。1492年にコロンブスが上陸したバリアイ港国立記念公園見学。馬車に乗りながらの移動。時々雨。午後ホテルに戻り、各自ビーチ、バー、ショッピングを楽しむ。

3月1日(土) 9時にチェックアウトし、キューバ国歌誕生の地・バヤモへ。野外集会場でイギリス人観光客らと共に生演奏でサルサ、ソン、チャチャチャを踊る。午後、キューバ人なら必ず一生に一度は訪れる聖地、カリダ・デル・コブレ見学。夕方、メリア・サンティアゴ・デ・クーバ泊。

3月2日(日) 9時にホテルを出て、カストロら革命軍が集結し、モンカダ兵営襲撃作戦を練った、グランヒータ・シボネイ訪問。キューバ革命の出発点となった7月26日モンカダ博物館見学。町の至る所に「26」の数字が見られた。7月26日はキューバの革命記念日である。モロ要塞に移動し、美しいカリブ海を眺めながら昼食。午後、アントニオ・マセオ広場見学。夕食は世界で一番小さなキューバの鳥の名前がついたレストラン「スン・スン」。

3月3日(月) 7時チェックアウトし、ホテルが用意したお弁当を持って空港へ。クバーナ航空にてハバナに戻る。昼食はやはり鳥の名前を冠した「ラ・フェルミナ」。14時、ハバナ・リブレ着。ハバナに帰ってきたという感覚。ハバナ大学を中心に新市街を散策。

3月4日(火) 9時半チェックアウトし、在キューバ日本国大使館を表敬訪問。10時から約1時間、中西、浪木、鈴木、北原の4名、川真田一穂公使参事官、大野正義一等書記官と会見。終了後、ハバナ国際空港に向かいエアカナダ機でトロントへ。ホリデイ・イン・セレクト泊。気温マイナス10度、雪。

3月5日(水) 10時チェックアウトし、トロント国際空港へ。航空機、約2時間半遅延のため17時トロント発。

3月6日(木) 20時05分、成田着。気温5度、曇り。

今回の訪問は、昨年の訪問から新たな段階に大きな一歩を深く刻んだ非常に内容の濃いものであった。特に在日本キューバ大使館・コシーオ大使の支援、ボデギータの清野氏の通訳により、三つの研究センターとの交流を実現し、研究所として貴重な討議の機会を持つことが出来た。

11日間という長丁場にもかかわらず、中西団長を中心に全訪問団員が精力的かつ自立的に日程をこなし、何よりも全員が無事故で帰国できたことが、二年連続で実務に携わらせていただいた立場としては望外の喜びである。約一年間、清野氏と百回を優に越える企画・協議を重ね、3回のスペイン語講座を実施し、延べ50人に及ぶ訪問参加促進活動の苦労も吹き飛んだ。

個人的には、30年にわたって様々な御教示をいただいてきた中西理事長と、3年間にわたって英語を個人指導させていただいた北原由貴さんという、恩師と教え子の両方と旅をさせていただくという稀有の体験をさせていただき、大いに学ばせていただいた。教育は人の魂に触れる聖業である。この教育を重視し、大学教育を無償で提供するキューバの未来は明るい。更にスペイン語に磨きをかけ、再びキューバの土を踏むことをハバナの美しい日の出に固く誓った。関係者各位にこの場をお借りして心より感謝申し上げたい。

キューバ旅行の件

事務局

師走のお忙しい中いかがお過ごしでしょうか。

さて 2008 年 2 月 25 日 (月) 3 月 6 日 (木) までのキューバ旅行の詳細が決定たしましたので、お知らせいたします。下記と添付資料 (日程表. xls申込書.xls) のとおりです。ぜひ多くの皆様のご参加をお待ちいたします。参加望者は事務局岩木までご連絡ください。その際、第一次締め切りを 12 月 27 日、最終締め切りを 1 月 11 日といたします。また結団式・オリエンテーションを 2008 年 2 月 10 日 10 時より青葉区区民交センター (田園都市線田奈駅下車 1 分、電話 045-989-5265) で行います。

なお年内に費用を振り込まないと、さらに燃料付加価値税が 8,000 円程度加算さる予定です。お早目の振込みをお勧めします。

なお料金は旅行代金、空港税、燃油特別付加運賃、ツーリストカード込みで、 361,860 円となります。またシングル追加料金は 42,000 円となります。

また上記のほかに企画・立案料、お土産・チップ代等を地球宇宙平和研究所まで 10,000 円を振り込んでいただきます。現金を岩木または浪木までお渡しいただいてもかまいません。

振り込み先

・銀行振り込み 三井住友銀行三鷹支店 (普) 1700950
名義人: 特定非営利活動法人地球宇宙平和研究所
・郵便振り込み 郵便振替口座番号 00120-7-16913
口座名称: 特定非営利活動法人地球宇宙平和研究所

地球宇宙平和研究所 事務局 岩木秀樹

続きを読む

中国の旅のご案内

事務局

今年の夏の中国への学術交流計画をお知らせいたします。現時点で確定でなくて結構ですので、参加希望もしくは参加できそうな方は、三つの案のうちどれを希望するか(複数希望可)、事務局岩木に6月10日までにお知らせください。

募集人数はいずれも15名で、最低人数は11名となっております。人数が減った場合は料金が高くなります。また旅行代金の他に、土産・チップ・企画料として、研究所に一万円を振り込んでいただきます。多くの皆さんのご参加をお待ちいたしております。なお朝鮮への交流は2007年8月上旬から中旬、キューバへの交流は2008年2月から3月を予定しています。詳しくは追ってお知らせいたします。

地球宇宙平和研究所事務局
岩木秀樹

続きを読む

キューバ視察旅行報告

木村 英亮

2月26日(月)木村、浪木、浪木(香織)、片山、石橋、芝宮の6名、17時エアカナダ機で成田出発、現地時間15時10分トロント着、ホリデイ・イン泊、雪、0度。

2月27日(火)10時05分エアカナダ機でトロント発、13時45分ハバナ着、気温25度。空港からガイド・ホセの添乗で革命広場などを見てホテル・ハバナ・リブレ着、夕刻アメリカから鈴木合流、7名となる。革命広場はカストロの肖像や赤旗などなくあっさりした印象。ホテルは1958年ヒルトン・ホテルとして建築、地上25階建て、翌年カストロらが革命本部とした。1998年改修。野外劇場キャバレー・トロピカーナで20時-22時30分、夕食とショー鑑賞。

2月28日(水)10時20分ホテルを出て徒歩でハバナ大学訪問、午前中リク教授より大学について説明を受け、キャンパス見学。昼食後14時から16時30分ハバナ大学経済研究所でアミシア・ガルシア所長を含め3名の教授とトラベルボデギータ清野の通訳で懇談、富山大学の佐藤幸雄参加。旧市街見学。大学の建物は改修期にきている。

3月1日(木)8時30分ホテル出発、郊外アラマルの有機栽培農場訪問、農場長の説明の後見学、農場手作りの昼食を御馳走になり、午後は個人農場ラス・アメリカス農場見学、通訳はトラベルボデギータの佐々木。個人農場は0.5ヘクタール、夫婦で経営。

3月2日(金)8時ホテルをチェックアウト、ヘミングウェイ博物館見学、高速道路でシエンフェゴスに向かい、市内観光後昼食、世界遺産の古都トリニダのホテル・トリニダ・デル・マル泊。
軍事的必要もあって高速道路は整備されている。

3月3日(土)8時30分チェックアウト、トリニダの博物館、配給所を見た後市場で買い物、サンタクララでゲバラ記念碑・廟・博物館などを見学後、ビーチリゾート・バラデロに向かい、ホテル・メリア泊。

3月4日(日)11時チェックアウト、ハバナへ向かう。途中「老人と海」ゆかりの港町コヒーマルで昼食、ハバナ・リブレにチェックイン、旧市街のレストラン・エル・アルヒーべで最後の夕食。

3月5日(月)木村、浪木、鈴木、片山の4名、9時から9時40分まで日本大使館訪問、大野正義一等書記官と会う。鈴木はそのままアメリカへ、他6名は11時チェックアウト、14時45分ハバナ発18時20分トロント着、ホリデイ・イン泊、マイナス19度。

3月6日(火)13時25分トロント発、日本時間7日16時55分成田着、離陸が遅れ実際には18時ごろ到着。

日本から遠く往復に時間がかかり、実質5日のキューバ滞在であったが、企画と通訳の面でのトラベルボデギータの尽力、スペイン語の堪能な実務担当浪木の努力、見事な日本語を話す魅力的なガイド・ホセのサービスに恵まれたことによって、全員元気に期待通りの成果を挙げることができた。

経済的には楽でないであろうが、裸の子どもたちをみると栄養不足には見えず、また旅行中不安を感じたことはなかった。空と海は青く美しく合弁のホテルも整備されていて、観光立国の政策は成功している。ただし、高級ホテルばかりに滞在していたので、実態の把握はもちろん不十分であろう。ショーにサーカス的なものがあったこと、ゲバラ廟の永遠の火、タクシー運転手がウラジーミルであったことなどにソ連の影響を感じた。

参加者7名中、研究所メンバーは木村、浪木の2名のみであったが、旅行中に1 名増やすことができた。

キューバ学術交流の最終〆切

事務局

すでにキューバ訪問についてお知らせしましたが、旅行社から添乗員なしやトロントでの専用バスからシャトルバス利用の場合の料金を出していただきました。まだどのプランにするか決定していませんが、多少安くなる予定です。以下のプランを参照ください。

また燃油特別付加運賃も¥26,000から¥16,000へ下がりましたので、その他の諸費用も安くなります。

*参照プラン

8名〜10名添乗員なしの場合の料金¥269,000

15名〜20名 トロントでの移動をシャトルバスに切り替えた場合(添乗員同行)
ツイン利用の場合のお一人様あたりの料金 ¥279,000

11名〜15名 トロントでの移動をシャトルバスに切り替えた場合(添乗員同行)
ツイン利用の場合のお一人様あたりの料金 ¥287,000

なお日程表と見積書については参加者募集に関する記事をご覧ください。

現在までに10名弱の参加希望を受けております。ぜひ多くの皆様の参加をお待ちいたしております。最終〆切は2007年1月7日といたします。参加希望の方は事務局までご連絡ください。何卒宜しくお願いいたします。

事務局 岩木秀樹

キューバ学術交流の参加者募集

事務局

すでにお知らせしているとおり、2007年2月26日(月)から3月7日(水)までキューバへの学術交流を予定しております。

ハバナでの観光のほか、ハバナ大学・有機栽培農園訪問、ビーチリゾート・パラデロ1泊、古都トリニダ1泊などを予定しております。下記の日程表を参照ください。

今後、参加者の顔ぶれを見て、ハバナ大学等での学術交流プランを考えます。つきましては、10月25日までに事務局岩木まで、参加希望の方はご連絡ください。最終の参加表明ではないので、現在のところ行きたいと考えておられる方も連絡をいただければ幸いです。なおすでに8名の方が参加表明をされております。

また料金は今後変更があるかもしれませんが、31万円前後(見積書)になります。多くの皆様が参加をし、充実した楽しい交流にしていきたいと思います。何卒宜しくお願い申し上げます。

続きを読む

訪中 (2006年3月25日-3月30日)

事務局

3月25日 13:50成田発、16:00上海着、専用車で南京へ 22:00ごろ南京着
3月26日 南京見学 中山陵、南京大虐殺記念館など
3月27日 07:55南京発 09:20長沙着 湖南大学訪問・交流など
3月28日 湖南博物館、岳陽楼など見学、18:20長沙発 19:50上海着
3月29日 上海見学 上海関連大学訪問・交流
3月30日 11:35上海発 16:00成田着

参考: 中西理事長の訪中印象記

訪朝・訪中 (2005年8月25日-9月2日)

事務局

関連記事をニューズレターNo.9でご覧いただけます。

宿泊

平壌 羊角島国際ホテル
北京 友誼賓館ホテル

訪問日程

・8月25日(木)
新潟発(15:40)ウラジオストク経由(ビザ受け取り)平壌着(22時頃)

・8月26日(金)
万景台(金日成生家跡)、地下鉄、万寿台大記念碑、凱旋門、刺繍研究所、プエブロ号

・8月27日(土)
高句麗東名王古墳、定陵寺、主体思想塔、モラン第1高等中学校、アリラン公演

・8月28日(日)
大城山、革命烈士陵、広法寺、祖国解放戦争勝利記念塔、野外青年舞踏会

・8月29日(月)
朝鮮社会科学者協会との学術交流、金日成総合大学、トローリーバス乗車、サーカス

・8月30日(火)
板門店、開城へ、高麗歴史博物館、王権王陵墓、平壌へ戻り、少年宮

・8月31日(水)
平壌発(10:10)国際列車で北京へ

・9月1日(木)
北京着(8:30)、天安門、故宮博物院、王府井

・9月2日(金)
北京大学日本研究センターとの学術交流、北京発(16:50)成田着(21時頃)

訪中 (2004年8月31日-9月8日)

事務局

学術交流会を3都市で開催 (関連記事をニューズレターNo.6でご覧いただけます。)

8月31日(火)北京(新北緯飯店泊)

北京 (学術交流会)
日時: 8月31日午後4:00〜6:00
場所: 北京大学三院215室
中国側出席者: 北京大学日本研究センター常務副センター長彭家声教授ら研究者
内容: 中西理事長講演「日本政治の現状と地球宇宙平和研究所の課題」及び共同討論

9月1日(水)北京

天壇公園、天安門広場、故宮博物院、頤和園、交流会

9月2日(木)北京

中国人民抗日戦争記念館、盧溝橋、明の十三陵、万里の長城

9月3日(金)武漢(武漢循礼門飯店泊)

武漢  (学術交流会)
日時: 9月3日午後3:30〜5:00
場所: 武漢大学苴芟表廸
中国側出席者: 胡副学長、歴史学院・政治学院の教員・学生
内容: 中西理事長講演「日本政治の現状と地球宇宙平和研究所の課題」および質疑応答
その後、劉経南学長と会見、学長主催の歓迎パーティー

9月4日(土)武漢

湖北省博物館、黄鶴楼

9月5日(日)上海(兆安酒店泊)

浦東開発地区、豫園、東方明珠、外灘地区

9月6日(月)上海

上海博物館

上海  (学術交流会)
日時: 9月6日午後2:00〜4:30
場所: 上海社会科学会堂
中国側出席者: 復旦大学、上海師範大学、上海社会科学連合会関係の研究者
内容: 中西理事長講演「日本政治の現状と地球宇宙平和研究所の課題」および共同討論
その後、交流会

9月7日(火)蘇州、上海

拙政園、虎丘斜塔、寒山寺、刺繍研究所
上海南京路

9月8日(水)上海発