研究会」カテゴリーアーカイブ

第4期理事会第3回会議・シンポジウム報告

事務局

2007年9月9日に理事会とシンポジウムが開催されましたので報告いたします。

特定非営利活動法人 地球宇宙平和研究所 第4期理事会第3回会議・シンポジウム報告

2007年9月9日(日)午後4時から5時半まで、かながわ県民活動サポートセンター711号室で、理事11名(書面表決者含む)、監事1名が出席し、第4期理事会第3回会議が開催されました。

  • まずキューバへの学術交流についての報告があり、今後の方針についての意見交換がなされました。
      1. 準備は順調に進み、10月以降にキューバ大使を表敬訪問し、さらなる交流の充実を図り、またスペイン語講座も開催されることとなった。
      2. キューバ大学や日本研究者との交流を恒常化させ、意義あるものにすること
      3. 交流の映像や音声を残し、記録に残すとともに今後のプロモーション活動に役立てることになった。
      4. ピーススタディツアー“沖縄-戦跡と基地の旅-”も、今後日程を調整しながら、3~4泊程度で研究会や沖縄の大学等とのシンポジウムも行い、充実したものにすることになった。
    • 所報第2号は当初の予定通り、10月末〆切、12月発行を目指し、出来るだけ赤字を減らす努力をしながら発行することになった。
    • 新春講演会2008年1月13日(日)午後5時半から、かながわ県民活動サポートセンター711号室で行われれる予定だが、会員の皆さんに講師の希望を募ることとになった。
    • 「9条を広める会」について、今後とも会員の皆さんの意見を聞きながら、会員の活動として位置づけていくことになった。
    • 研究所の中長期的展望について、以下のような様々が意見があり、今後とも議論を継続することになった。
        1. 内容の割に集まる人が少ないので、他のNPOとの連携を深めながら、広報のやり方を工夫する必要がある。
        2. 会員の皆さんに欲しい情報を提供する。
        3. あらかじめ出席できる日程を事前に調整する。
        4. 会員には聞くよりも主体的に話が出来る機会を作っていく。
        5. 理事の自覚や各理事への役割分担を明確にする。
        6. 今後学術交流についてはイニシャティブを持った人が責任を持って運営していく。
        7. インターネットを使った教育活動を充実させていく。
        8. 内外の機関や大学との交流・提携を充実させていく。
        9. 専任の研究員をおくかどうか議論していく。
                        1. 理事会の後、2007年度の教育活動の皮切りとして、午後6時から8時半まで同室で、シンポジウム「現代における戦争と平和」が開催された。報告者とテーマは以下の通りです。

                          植木竜司 「ネパールにおける戦争と平和~マオイスト人民戦争と平和地帯宣言」
                          高橋勝幸 「タイから見た平和と平和運動」
                          林   亮 「東アジア共同体の安全保障枠組みをめぐって~グローバリゼーションの矛盾と戦争への道を回避するために」
                          木村英亮 「ベトナム戦争の性格と意義について」

                          いずれの報告も刺激的で、現代の戦争と平和の問題を考える大きなきっかけとなるものであり、時間を大幅に超えて論議が行われた。

                          報告を引き受けていただいた方、特に急遽お願いした植木さんと木村さんには感謝いたします。今後ともニューズレターや所報等で議論は続けていきたいと考えています。

                          シンポジウム「現代における戦争と平和」

                          事務局

                          シンポジウム「現代における戦争と平和」

                          日時:9月9日(日)午後6時から8時まで
                          場所:かながわ県民センター711号室
                          http://www.kvsc.pref.kanagawa.jp/ JR横浜駅西口徒歩5分

                          司会兼討論者: 岩木秀樹
                          報告者及び報告テーマ(仮題):
                          植木竜司 「ネパールにおける戦争と平和 -マオイスト人民戦争と平和地帯宣言 -」
                          高橋勝幸 「タイから見た平和と平和運動」
                          林 亮 「戦争責任の恩讐をこえる~東アジア共同体の安全保障枠組みをめぐっ て~」
                          木村英亮 「ベトナム戦争の性格と意義について」

                          資料代:500円

                          *なおシンポジウムに先立ち、理事会を午後4時から711号室で開催いたします。

                          合同研究会のお知らせ

                          事務局

                          合同研究会を7月8日(日)かながわ県民センター711号室において午後5時から行います。
                          報告者(敬称略)と報告テーマ(仮題)は下記の通りです。
                          多くの皆様のご参加をお待ちいたします。なお理事会は午後3時から同室で行います。

                          地球宇宙平和研究所 合同研究会

                          ●日時:2007年7月8日(日)午後5時から
                          ●場所:かながわ県民センター711号室 (JR横浜駅西口徒歩5分)
                          http://www.kvsc.pref.kanagawa.jp/

                          ●報告者(敬称略)と報告テーマ(仮題)
                          中西 治   「日朝関係の展開」
                          木村英亮  「ロシア革命、キューバ革命 平和と社会主義」
                          汪 鴻祥   「中国外交とアジア平和」
                          玉井秀樹  「平和構築支援:これまでの取り組みと現状」
                          岩木秀樹  「最近の国際関係学の研究動向」

                          ●資料代500円

                          設立5周年記念新春シンポジウムのお知らせ

                          事務局

                          地球宇宙平和研究所では、下記のように新春シンポジウムを開催する予定です。5周年を記念して行うものであり、研究所の今までの総括をして、更なる飛躍をはかりたいと考えています。事業の反省や今後の研究所の在り方を論じるとともに、さらに私たちの目指す平和学とは、日本社会における公共性とNPOの使命なども討論できたらと考えています。

                          またこのシンポジウムでは、フロアーの皆さんからのご意見も積極的に受けたいと考えております。宜しくお願いいたします。なおシンポジウムの詳しい内容は追ってお知らせいたします。

                          多くの皆様のお越しをお待ちいたしております。なお下記のようにシンポジウムの前には理事会、後には新年宴会も予定しています。こちらも奮ってご参加ください。それではよいお年をお迎えください。

                          事務局 岩木秀樹

                          続きを読む

                          合同研究会

                          事務局

                          2006年7月9日(日) 午後5時から7時半まで かながわ県民センター711号室

                          報告者:岩木 秀樹
                          「現在の中東イスラーム世界の紛争要因と平和構築の方途」

                          報告者(敬称略):王 元
                          「日清戦争から見た国際競争と国家発展−伝統的東アジア国際秩序の崩壊−」

                          報告者:木村英亮
                          「人種・人口からみたキューバの歴史 ラテンアメリカにおける社会主義と民族」

                          報告者:林 亮
                          「アジア安全保障レジームと日米安保再編 不安定要因としての北朝鮮核・弾道弾問題」

                          報告者:中西 治
                          「地球宇宙平和学入門」

                          報告者:宮川 真一
                          「公教育における宗教教育とナショナリズム−日本の『教育改革』を事例として−」

                          * 参加費:500円

                          朝鮮民主主義人民共和国訪問記念シンポジウム「戦後60年と東アジアの平和」

                          事務局

                          2005年11月27日 午後3時半から6時まで かながわ県民センター711号室

                          統一テーマ:「東アジアの平和と繁栄」

                          報告者:中西 治(地球宇宙平和研究所理事長)
                          報告者:木村英亮(二松学舎大学教授)
                          報告者:清水 学(一橋大学教授)
                          報告者:汪 鴻祥(中国復旦大学日本研究センター兼任研究員)
                          報告者:王 元 (中国鄭州大学アジア太平洋研究センター専任研究員)

                          dscn1318-1.jpg

                          続きを読む

                          研究合宿 (2005年2月26日-27日)

                          事務局

                          詳細記事がニューズレターNo.7でご覧いただけます。

                          日時: 2005年2月26 (土)〜27 (日) 日
                          場所: ホテル甲子園 (山梨石和温泉)
                          テーマ: 「いかなる地球宇宙平和学を創るのか」
                          目的: 各研究部会の総括と地球宇宙平和学叢書発刊への準備及び相互の親睦

                          2月26日 (土)

                          午後 1:30 現地集合
                          午後 2:00-6:00 研究会

                          ・中西治「いかなる地球宇宙平和学を創るのか」
                          ・玉井秀樹「平和学の枠組み −大学における平和学講義のために−」
                          ・岩木秀樹「共存の歴史と平和思想の可能性 −共存・公共性・Cosmic Peace−」
                          ・渡辺直毅「『戦争』の性格における連続性と断続性の視座」

                          午後 7:00 夕食・懇親会

                          2月27日 (日)

                          午前 7:30 朝食
                          午前 9:00-12:00 研究会

                          ・林亮「北朝鮮核兵器・弾道ミサイル危機』を考える」
                          ・佐藤仁志「地球宇宙平和研究所と創価学会思想」
                          ・遠藤美純「1930年代における平和主義 —アインシュタインとロマン・ロラン—」

                          現地解散

                          第1回研究会

                          事務局

                          2003年7月20日 午後2時から5時半まで かながわ県民センター710号室

                          統一テーマ「東アジアの平和と繁栄」

                          報告者: 王 元 (本研究所理事)
                          「第二次朝鮮半島核危機について−『当事者』の意味:中国からの視点−」

                          報告者: 亀山 伸正 (創価大学大学院博士後期課程)
                          「クリントン、ブッシュ両政権の東アジア戦略および政策−政府機関報告書、政権関係者の論文、演説から−」

                          報告者: 渡邊 宏 (本研究所監事)
                          「『戦後的価値』の展開としての対アジア関係」

                          第4回研究会

                          事務局

                          2003年3月9日 午後2時から5時まで かながわ県民センター705号室

                          統一テーマ: 「東アジアの平和と安定のために−憲法・安全保障・自衛隊−」

                          報告者: 林 亮
                          「北朝鮮ミサイル・核開発と日本の自衛隊」

                          報告者: 渡辺 直毅
                          「東アジアの安全保障とコロニアリズム−日台コロニアリズムの連鎖を例として」

                          報告者: 岩木 秀樹
                          「紛争解決のために−日本国憲法・自衛隊・聖戦−」

                          第3回研究会

                          事務局

                          2003年2月9日 午後2時から5時まで かながわ県民センター705号室

                          報告者: 佐藤 智子
                          「日本とアメリカのシンクタンク概観」

                          報告者: 岩木 秀樹
                          「イスラムから見た現在の紛争と平和」