投稿者「その他」のアーカイブ

子どもから教わること

その他

投稿者:長谷川薫

2年程まえに、娘が通う小学校で3年生の「総合的学習(国際理解)」の時間をいただいたことがあります。知り合ったばかりのカザフ人女性をゲストに 招き、3コマ分の授業を担当していただきました。彼女は日本人と結婚して、来日数年。カザフ大学在学中にソ連が崩壊し、経済的・政治的混乱の中、大学生活 にも就職にも相当難義したという30代前半の方です。

昨今のサッカー人気のおかげで、「カザフスタン」の名前は多くの男の子たちが知っていましたが、何せ「ソ連」を知らない世代。事前準備には、相当悩まされました。簡単な地理・自然・学校制度・食生活などなど、9歳の子どもたちの興味をひきそうな内容に絞りました。

ビジュアルなものに目がいくのは当然ですが、意外だったのは、歴史、とりわけ冷戦時の話しに皆興味津々だったことです。「ソ連の時代は、日本とカザフの 間の行き来はあまり許されていませんでした。普通の人は全然行けませんでした。ソ連とアメリカはあまり仲がよくなくて、日本はアメリカと仲がよかったか ら。でも、今は自由に行けるようになりました。」との説明に聞き入っていました。

子どもたちからは「仲が悪かったのに、ソ連とアメリカが戦争をしなかったのはなぜですか?」との質問が出され、講師は言葉を選びつつ「それは、戦争がおきないように、粘り強く話し合いをしたからです。」と答えていました。 実感のこもった話しは心に残るのか、授業後の感想文の中に、「戦争が起きなくてよかった」と書く子が何人もいたそうです。

毎日のように戦場がテレビに写しだされている時代にあって、その異常に麻痺することなく、とにかく戦争は嫌だ!という子どもたちは正直だし、本当に健全だと思います。

何かと議論の多い「総合的学習」の時間。労多いことと思うのですが、失くしてしまっては「もったいない」限りです。大人(先生)の側にもきっと思わぬ収穫がありますよ。

・・・かかしの願い事・・・

その他

投稿者:かかし

もしも歩いて行けたなら、覗いて見たい場所がある。

碧い海、そのまた向こうに島がある
満ち潮どきはどんなかな
沖の鳥岩、そのてっぺん

断層の、その上に立つ、防災の、
基地があるそな立川に
司令室ってどんなかな

小泉さん、靖国参拝やめなさい
そう言う総裁次期候補
ほんとの気持ちはどんなかな

・・・かかしの独り言・・・

その他

投稿者:かかし

もしも話が出来たなら、一度言いたいことがある。

もしもあの時、小泉さん。
訪中できても行ったかな、遠いお国の北朝鮮。

個人の立場で参拝を、したというなら、小泉さん。
個人で訪中したらいい。

痛みを分かち合うと言う。
感じぬ痛みは分けられない。

クールビズは、ハァ涼しい。
こっちはビズが冷え冷えです。

民営で結局得する人がいる。
わたし幸せになれますか?

日本の歴史教育のあり方

その他

投稿者:社会派かあちゃん

かつて日本が米国と戦ったことを知らない大学生がいる?!

このようなことが取り沙汰されても、「ごく稀な特殊なことだろう」と思って信じなかった。ふと思いついて、教師を目指すある大学生に盧溝橋事件につ いて聞いてみた。なんと、事件を理解しないどころか名前さえも聞いたことがないと言う。彼の言葉に息を呑んだ。が、彼が言うのには「中学も高校も歴史の授 業は3学期になると時間が足りなくなり、近・現代、特に昭和以降は今までもまともに習ったことがなかった。」―――大学受験で歴史を選択しない限り、重要 なこの100年余りの歴史の教育を受ける機会がなかったのだ。

「盧溝橋」が教科書には載っていたのに、パラパラとめくることもしなかったことと、自分の偏った知識を恥じ危惧し、彼は今、高校生用の参考書を買い求め一から歴史を勉強し直している。

中学での新しい試み

一般的に公立中学の社会科は、1年・地理、2年・歴史、3年・公民、と区切って教えてきた。都内のある中学では、歴史を2-3年の1年半に亘って しっかり教えている。今までにはない勉強の進め方、けれど元からこうあるべきであったと感心した。上の大学生のような歴史教育を受けてきたであろう親達 は、このことに気づいただろうか。

担当教諭と学校の取り組みに敬意を払うとともに、今までいい加減に扱われてきた歴史教育に対し、親達が疑問も意見も発して来なかったことを改めて思い起こす。教育を見守ることは保護者の責務であり権利だと、今更ながら考えさせられた。

保護者にアンケートを取り、その結果も公表する「学校評価」が各地で暫時始まっている。学校側はこの評価に応え、学校運営の参考にしなくてはならな い。この制度の持つ意義は、とてつもなく大きい。「学校運営連絡委員」の制度とともに、学校教育の運営に保護者や地域の住民が自由に参加できる時代であ る。なんと素晴らしい社会になったのかと、社会派おばちゃんは、感動しつつ張り切っている。

おまけの感想・・・歴史のお勉強。もしかすると2年次に教えきれずに、ただ単に3年次にはみ出してしまったのかもしれない、、、。もしそうだとしても、時間が足りなくなり学ぶ機会を逸するより遥かに賢明である。他校の状況も含め研究する意味あり。

愛知万博にて

その他

投稿者:長谷川薫

つい先日、現在開催中の「愛・地球博」を訪れました。夫の勤務先が愛知万博にパビリオンを出しており、彼もその担当になっているとの事情もあって今 回で既に2度目です。開会直後は一日4万人くらいの人出だったのが、今回は16万人ほどと連日大盛況の模様。緑豊かな敷地は結構広く感じられたものの約 173haで、1970年の大阪万博の半分ほどの広さとのこと。日本で過去4回開催された万博のうち、大阪万博について、当時4歳の私の記憶にあるのは、 祖父の家にあった記念硬貨と「太陽の塔」の写真。一方、夫は修学旅行や家族旅行で訪れており、数々の思い出があるようです。ちなみに、ファーストフード店 に必ずあるシェークはこの時初めて飲み、痛く感激したとのこと。

今回の万博は「自然の叡智(Nature’s Wisdom)」をテーマに掲げ、(1)宇宙、生命と情報(Nature’s Matrix)(2)人生の”わざ”と知恵(Art of Life)(3)循環型社会(Development for Eco-Communities)がサブテーマとなっています。観覧できたパビリオンはごく一部ですが、その中から感じたことをいくつか綴ろうと思いま す。

まず、今回の目玉ともいえる「冷凍マンモス」ですが、同行の姑(72歳)曰く「何かふかふかしてるみたい」。頭部だけとはいえ、保存状態が抜群によく肉 感的なので、1万5000年前という時間がピンとこないほどです。永久凍土という地球の冷凍庫にあらためて感嘆させられます。また、「冷凍マンモス」に続 く手前のフロアには「月の石」も展示されていましたが格別注目を浴びることもなく、この石を見るために大勢の人々が殺到したのかと思うと、隔世の感がしま す。

テレビでも紹介されることの多い「トヨタ館」では、最新型のロボットたちが登場します。楽器を自在に操るロボットは、意外に愛らしく、将来ペット(家 族?)として普及するのかもしれません。そのときは、ロボットへの虐待や飼育(?)放棄などのない世界であってほしいと願うばかりです。ハンドル操作のい らない一人乗りの車など、先の「月の石」同様、数十年後にはありきたりのものになっているのでしょうか。

日本政府主催の「日本館」は、竹やエコ素材を駆使したパビリオンの中で、古き日本と最新技術の双方を魅せるよう趣向がこらされていました。主催国らしく、万博テーマをすべて押さえた内容かと思えます。

各国のパビリオンは、それぞれに興味深いものがあります。中には現地の観光案内所かと思えるようなものもありますが、自国の文化や伝統と現在を違和感なく調和させている展示も少なくありません。いずれの展示にしろ、その国を知る第一歩にはなります。

駆け足で会場をまわるうちに、いわゆる”かけがえのない地球”という言葉がより身近に感じられ、と同時に、常に発展し続けてきた技術革新について 考えさせられた一日でした。今日、技術革新の中に地球との共存という項目は必須です。「人にやさしい」から「地球にやさしい」という観点へ、またそこから 一歩進んで「宇宙にやさしい」まで突き詰めていくと、おのずと「生命の尊厳性」が見えてくるのではないでしょうか。「自然の叡智」ならぬ「人間の叡智」が 求められている時代だとあらためて確信した次第です。

今、高校で

その他

投稿者:社会派かあちゃん

埼玉県教育局は今年度から、滞納された授業料の徴収実績に応じて、県立高校の学校管理費予算に年間10~20万円上乗せする制度を導入したという。 今年度は計約500万円の予算を計上した。景気低迷の影響などにより、計151校の県立高校では毎月、総額約4800万円の授業料が期日に指定口座から引 き落とされないのが実情。埼玉県教育局財務課は「厳しく取り立てろというのではなく、『徴収できなくても懐は痛まない』という意識を変えたい」とし、教育 現場に理解を求めている。文部科学省初等中等教育企画課は「聞いたことのない制度だが、義務教育ではない高校には経営感覚が必要。各校の意識改革につなが るのではないか」としている。 (2005年6月4日 読売新聞朝刊 参照)

おばちゃんに言わせれば『あんたら、何を考えてるの?!』である。 数値目標まで設けて国を挙げて「少子化」対策に取り組んでいるこの「非常時」に、「情けない」の一言に尽きる。 (平成15年に時限立法化された『次世代育成支援対策推進法』には次のようにある。)

第9条 都道府県は、行動計画策定指針に即して、五年ごとに、当該都道府県の事務及び事業に関し、5年を一期として、地 域における子育ての支援、母性並びに乳児及び幼児の健康の確保及び増進、子どもの心身の健やかな成長に資する教育環境の整備、子どもを育成する家庭に適し た良質な住宅及び良好な居住環境の確保、職業生活と家庭生活との両立の推進その他の次世代育成支援対策の実施に関する計画(以下「都道府県行動計画」とい う。)を策定するものとする。

奨学金制度の充実なども含めて、学びたい者に教育の機会を厚く保障している欧米諸国に比べ、日本の教育行政の視点は一体何処を向いているのかといつ も驚かされる。こんな予算があるのなら、それを奨学金に当てるべきではないか。お父さんのリストラやお母さんのパート時間カットで授業料が払えなくなった 高校生には「、君がバイトするか、お金を借りて来られなかったら、残念だけど学校をやめてね。」とでも言うつもりなのだろうか。

国立教育政策研究所の小松郁夫教育政策・評価研究部長は「私学と比べ、『経営感覚』に乏しい公立校への意識付けとしては評価できるが、滞納する家庭には個別の事情がある。なぜ滞納しているのか、中身を分析することが大事だ」と話している。 ( 読売新聞 同朝刊)

「分析すること」が大事であるのは当然のこと、学業を続けるための救済制度に具体的に繋いであげ、心細い気持ちを励まし、卒業し上級学校へ進学・就職するまで責任を貫いて頂きたいと切望する。

パレスチナ問題

その他

投稿者:小林 宏紀

エルサレム旧市街を四角に囲む城壁の中は、四つに住み分けられている。大雑把に言えば、北側を上に見て右上がイスラム教徒地区、右下がユダヤ教徒地区、左上がキリスト教徒地区、左下がアルメニア人地区である。この旧市街の中に、ムハンマドが昇天した起点とされる岩があり、そこには岩のドームが建てられ、イスラム教の聖地となっている。キリストが十字架の刑に処せられたゴルゴダの丘には聖墳墓教会が建ち、巡礼者が後を絶たない。また、ダビデ王の子、ソロモンの時代に築かれた神殿の遺構とされる嘆きの壁には、ユダヤ教徒が祈りを捧げる。ユダヤ人とパレスチナ人は、それぞれエルサレムを民族の象徴とし、宗教問題の側面をも越えて、エルサレムに政治的主権を及ぼしたいとする。しかしながら、四つに住み分けられている旧市街を過去から現在に至るまで見渡した時、ここに物理的な仕切りがあったわけではなく、対立のみが続いていたのでもない。今、世界が不可分の領土問題の象徴のように見ているエルサレムであるが、その歴史の途上では、多民族共存の一大事例であったのだ……

本文はPDFファイルでご覧いただけます。

  1. ハマス最高指導者が暗殺された日の晩に
  2. アリエル・シャロン首相の戦争
  3. 権力者は人を守るか
  4. 日本の子供達と、母に
  5. 中国とパレスチナ

葬られた憲法

その他

投稿者:沢入 恵子

憲法第9条は、これまで多くの解釈を弄することで、歪められ、虐げられてきた。しかし、それでもなお、ぎりぎりのところで踏みとどまっていたのだ……

本文はPDFファイルでご覧いただけます。

生命と政治

その他

投稿者:小林 宏紀

出来うる限り生命に視点を向けて、この文章を書きたい。

去る11月12日発表の、「自衛隊は武器を持たないでイラクへ」と題された中西提言の全てに、筆者は賛同するものである。人道的支援というものを今日のイラクにおいてどこまで出来うるのか、いかにして行なうものなのか、上記提言の中に、その信条と、立案と、実行の仕方と、期待できる成果の全てが収められている……

本文はPDFファイルでご覧いただけます。

池子の森を訪ねて

その他

投稿者:佐藤 智子

10月25日の午後、「池子の森の見学会」に参加しました。 遅ればせながら少し報告と感想を。

この見学会の主催者は日本ジャーナリスト会議(JCJ)神奈川支部。 (JCJについては、http://www.jcj.gr.jp/ ) 午後2時に京浜急行「六浦」駅に集合。隣の神武寺駅まで歩き、その後、 近くの池子会館で質疑・交流。参加者は二十数名でした。 池子では今、新たに800戸の米軍住宅を建設する計画がもちあがっていて、 歩きながら池子問題を考えようという企画です……

本文はPDFファイルでご覧いただけます。