グローバル・アカデミー報告

岩木 秀樹

2010 年 10 月 17 日 (日) 13:30 から 16:20 まで、横浜市青葉区区民活動支援センター会議室 2・3 で、2010 年度第 2 回「グローバル・アカデミー (GA) 」が行われました。15 名の方が参加され、有意義なものとなりました。

今回は池田温会員 (東京大学名誉教授、創価大学名誉教授) が「伝統中国における非戦と平和思想」というテーマで発表されました。

まず日本と中国の国土・人口・歴史・民族・対外関係の相違点を指摘した上で、中国の歴史を概観され、中国は王朝交代、農民反乱の歴史であり、日本はほとんど外敵から攻められたことはなく、中国と日本の歴史構造の違いが考察されました。

戦国時代という乱世に生まれた墨子は、兼愛と非攻を説きました。兼愛とは利己主義のアンチテーゼであり、世の中のどのようなものでも価値があり、それを愛する必要があるということです。あらゆる個人を愛するということから、戦いを非とする非攻が生まれ、侵略戦争を否定することになりました。墨子は弱肉強食の現実を救うために兼愛と非攻を説いたのでした。

ただ儒家から見ると墨子の兼愛・非攻は異端であり、漢代以降は絶学といわれ、墨子はほとんど無視されるに至りました。しかし、最近の国際情勢を反映して、今一度注目されつつあります。

唐の詩人である杜甫は、社会的な問題にも目を向け、出征兵士の労苦を歌った詩も残しています。世の中の不正義に憤り、時の権力者にも批判の目を向け、戦争の悲惨さを詩の題材にし、平和の尊さを訴えました。

このようにアヘン戦争以前の伝統中国において、墨子や杜甫のように、非戦や平和思想の潮流が存在し、現在においてもその影響が一定程度残っていることが指摘されました。