朝鮮は社会主義国にあらず

中西 治

朝鮮で金正日総書記の妹と三男と言われる人が「大将」に任ぜられ、後者が党中央委員と党中央軍事委員会副委員長に選出され、父の後継者になることが正式に決まったといわれている。そうなると、朝鮮では金日成に続いて、彼の息子と孫の一家三代が国の最高指導者になることになる。

このような国は社会主義国ではない。

社会主義者とは、生まれ落ちた星の下によって、その人の一生が決まることに反対する人である。ましてや、国の最高指導者の地位がである。なかには世襲が朝鮮の政治文化にふさわしいという人がいる。そのような政治文化に反対するのが社会主義者である。

現在の朝鮮は疑似社会主義である。

もともとスターリンは朝鮮にソビエト的秩序を導入することに反対であった。彼は日本の敗戦後間もない 1945 年 9 月 20 日に、北朝鮮でソビエト権力をつくらず、ブルジョア的民主主義権力を確立するように指示していた。当時、米国とソビエトは朝鮮半島を信託統治下におこうとしていた。これに南朝鮮の人々が強く反対し、 1948 年 8 月に李承晩を中心とする人々が大韓民国をつくった。翌 9 月に、これに対抗して、北朝鮮でも金日成を中心とする人々が朝鮮民主主義人民共和国をつくった。ソビエト軍は同年 12 月 15 日までに引き揚げ、米国軍も 1949 年 6 月 29 日までに撤退した。

1950 年 6 月 25 日に、ともに武力統一を主張していた南北朝鮮間で戦争が勃発した。これに米国と中国 が介入し、朝鮮戦争は拡大・激化した。 1953 年 7 月に休戦条約が締結されたが、いまも戦争状態は完全に終わらず、緊張状態が続いている。

建国間もない中国と朝鮮は社会主義の同盟国として米国および韓国と戦った。それから 60 年経った今日、中国は朝鮮を社会主義国と見ていない。社会主義国ならば、国の世襲統治などを考えないからである。

中国にとって朝鮮は国境を接する隣国である。隣国とは、相手がいかなる政治体制をとろうとも、仲良くしなければならない。長い世襲の歴史を有する天皇制をもつ隣国・日本ともである。

私は人民主権論者であるが、歴史のある段階で世襲制による国の統治が一定の役割を果たしてきたことを否定しない。しかし、このような前近代的な統治制度がいつまでも続くとは思っていない。

問題は朝鮮人民が国の世襲統治をいつまで容認するのかである。