古田元夫著『ドイモイの誕生』紹介

中西 治

私たちの友人である古田元夫さんが、新著『ドイモイの誕生』青木書店、を2009年9月10日に上梓しました。

古田さんは2008年5月18日に私たちの研究所の第7回総会で「今日のベトナムとアジアの平和」と題して記念講演をしました。古田さんは、また、私たちの研究所代表団が2009年9月1-8日にベトナム社会主義共和国を訪問するにあたって種々ご指導下さいました。

古田さんのおかげで、私たちの代表団はハノイでベトナム社会科学院と学術交流をすることができました。

その古田さんが、新著で、ベトナム共産党が1986年12月の第6回大会で「ドイモイ(刷新)」と呼ばれる改革を本格的に開始するまでの過程を明らかにしています。

1986年といえば23年前。

その前年の1985年3月にゴルバチョフがソビエト共産党書記長に就任し、1986年2-3月の第27回党大会を経て、同年6月の党中央委員会総会で「ペレストロイカ(ベトナム語訳では改組)」を打ち出し、7月に「ペレストロイカは革命である」と述べました。その最初の具体的な政策が同年11月の「個人勤労活動法」の採択でした。それまで禁止されていた「白タク」が公認されました。

ベトナムの「ドイモイ」はソビエトの「ペレストロイカ」の影響をうけたものとされてきました。

古田さんは、ペレストロイカがドイモイ路線の形成に影響を与えていることは事実であるが、「それをドイモイ路線形成の主たる要因として扱うことは問題である」と主張しています。

古田さんは「ドイモイ路線形成には、まずベトナムの一般の人びとや、地方の下級の共産党組織による「下からのイニシアティブ」が重要な役割を果たし、これを受けて共産党の最高指導部のなかに生まれたチュオン・チン(長征、本名ダン・スアン・ク)を中心とする改革推進勢力が、より保守的な、あるいはより慎重な他の指導者を、ある時には説得し、ある時にはその反対を押し切って、ドイモイ路線の形成にいたった」ことが決定的に重要な意味をもっている、と強調しています。

古田さんがこの書を歴史学研究会のシリーズ「民族を問う」の一冊として世に問うたのは、ドイモイ路線の形成がベトナムにおける社会主義の「民族化」の道を切り開くものであり、社会主義と民族という問題が交差する性格をもっていると考えているからです。

1965年以降、米国軍の爆撃が恒常化するなか北ベトナムでは農業が集団化され、大半の農家が高級合作社に参加し、国家がその作物を安い価格で買い取り、都市に提供していました。

都市では配給制度が実施され、国家が米や布をはじめ生活必需品を安い値段で労働者をはじめとする市民に提供していました。ソビエトや中国からの無償の援助物資が大きな役割を果たしていました。

「丸抱え(配給制度)時代」、「貧しさを分かちあう社会主義」、ベトナム版「戦時共産主義」でした。

1975年4月にサイゴンが陥落し、1976年7月に南北ベトナムが統一し、ベトナム社会主義共和国が発足したあと、いつまでも戦争中の制度を維持することはできませんでした。

1977年には中国との関係が悪化し、中国からの援助物資が来なくなりました。ソビエトや東ヨーロッパ諸国からの援助も減り、生活必需品は通常の貿易で入手しなければならなくなりました。

国内での食糧生産量は籾換算で1976年に1349万トン、1977年に1262万トン、1978年に1227万トン、1979年に1398万トンであったのに、国家徴収量は1976年に204万トン、1977年に169万トン、1978年に159万トン、1979年に145万トンと激減していました。もはや、戦時中のように農村から安価な食糧を調達できなくなりました。

地方の党と政府が米を農民から高い値段で買い入れるとか、配給制で安価に提供してきた生活必需品の価格を引き上げ、その代わりに賃金を引き上げるとかの「地方の実験」を始めました。これをハノイの中央の党と政府は簡単に認めませんでした。

この1970年代末から1986年の「ドイモイの誕生」にいたる時期を、古田さんは「ベトナムにおける改革路線の形成過程」として、近年公刊された「党文献」や「未公開資料」および「著者によるインタビュー」などを使って詳細に明らかにしています。

古田さんは「地方の実験」に対して当初、否定的であったチュオン・チンがこれに肯定的になり、第6回大会では党書記長として「ドイモイの生みの親」に変身する過程を描き出しています。同志たちとの一連のやり取り・論争は一編のドラマです。

1985年6月のレ・ズアン書記長の発言、「自らの理論のなかで、マルクスはプロレタリア独裁を、レーニンは労農同盟に言及したが、ベトナムは集団主人公と言っている。」、という言葉や1986年4月のチュオン・チンの発言、「第6回大会は、観念のドイモイ、知識のドイモイ、発想のドイモイ、とくに経済の発想のドイモイ、ホーおじさんの作風にならっての仕事のしかたのドイモイという面に体現される、基本的で重要なドイモイの一歩を記す大会にならなければならない。」という言葉は心に残ります。

私はこの本を読んで、ソビエトの「戦時共産主義」から「新経済政策(ネップ)」への転換、「独ソ戦争」から「スターリン死後の改革」、「ゴルバチョフのペレストロイカ」から「ソビエト体制崩壊」への過程、中国の「文化大革命」から「改革開放政策」への転換、「朝鮮とキューバの現在の状況」などを思い浮かべています。

日本やドイツのように戦争に負けた国では、否応なく戦時中の体制が破壊され、新しい体制を作ることになります。

戦争に勝った国、負けないで持ちこたえた国は、非常時の体制から平時の体制への切り替えがきわめて困難です。人びとは貧困と生活の不自由さから変革を求めます。指導者はその体制で戦争に勝利したのですから、体制に愛着を持っています。

人びとと指導者とのあいだには常に認識と意識の相違があります。人びとの認識と意識が進んでいる場合、「下からの改革」となり、指導者の認識と意識が進んでいる場合、、「上からの改革」になります。

いずれの場合も下と上とのあいだで衝突が生じます。これを上手く処理したとき、体制は持ちこたえ、新たな発展をします。上手く処理できなかったとき、体制は混乱し、崩壊します。

1986年段階で、改革はベトナムの方がソビエトよりも先を進んでいました。ベトナムではいまも体制は維持されていますが、ソビエトでは体制は崩壊しました。

ベトナムを初めて訪れて、「百聞は一見に如かず」と思いました。その後、この本を読んで、「一見は一読に如かず」と感じています。本は人間の認識と意識を変えます。

古田さん、おめでとうございます。ありがとうございます。