伝染病とグローバリゼーション

中西 治

新型インフルエンザA (H1N1) が世を騒がしている。伝染病が世を震撼させるのは昨日今日に始まったことではない。

私はすでに『地球宇宙平和研究所所報』第3号 (2008年12月) で紹介しているが、ギリシアの歴史家トゥキュディデスはアテネとスパルタとのペロポネソス戦争の結果としての疫病に注目し、英国の歴史家ギボンはローマ帝国の興亡を論じたなかで「バーバリアン (異教徒・野蛮人)」がキリスト教徒に勝った理由として病気をあげている。

最近では米国の歴史家アルフレッド・クロスビーが1972年に出版した『コロンブスの交流:1492年の生物学的・文化的結果』でコロンブスのアメリカ大陸到達後にヨーロッパ人が天然痘、はしか、コレラなどの伝染病を持ち込んだためにカリブ海諸島とアメリカ大陸のたくさんの先住民が死亡したことを明らかにしている。また、1990年の『アメリカの忘れられた流行病:1918年のインフルエンザ (邦訳『史上最悪のインフルエンザ:忘れられたパンデミック』)』で1918年にアメリカで発生し、流行したインフルエンザはヨーロッパからもたらされたものであり、1919年の病気の終息までに全世界で1億人が亡くなったと述べている。これは第一次大戦中に戦死した軍人の数、およそ860万人の10倍以上である。

さらに、米国の生物学者ジャレッド・ダイアモンドは1997年の『銃・病原菌・鉄:人間社会の運命 (邦訳『銃・病原菌・鉄:1万3000年にわたる人類史の謎』)』でユーラシア大陸を起源とする病原菌が世界各地の先住民の人口を大幅に減少させた例として次のような事実を挙げている。たとえば、1492年にコロンブスがやってきたときにおよそ800万人であったイスパニョ−ラ島(ハイチとドミニカ)の先住民の数は1535年にはゼロになっている。また、ハワイ島の人口はクック船長が到達した1779年に50万人であったが、クック船長とともに梅毒、淋病、結核、インフルエンザが上陸し、1804年に腸チフスが流行り、そのあともちょっとした伝染病が続いた結果、1853年には8万4000人に激減した。さらに天然痘が流行って1万人が亡くなった。

異なる社会の接触は相互に大きな影響を与えるが、言語、宗教、芸術様式、病気などが異なる社会では、それを受け入れる社会により大きな影響を与える。とくに疫病は免疫のある人が免疫のない人にうつした場合、免疫のない人と社会の歴史を変えるほどの大きな影響を与えることがある。たとえば、現在のメキシコにあったアステカ帝国は1520年にコルテス将軍率いるスペイン軍の最初の攻撃には耐えたが、そのあとに大流行した天然痘によって大打撃をうけ、皇帝クイトラワクも亡くなり、1521年に滅亡している。

それから500年。近年も鳥インフルエンザや豚インフルエンザが起こっている。人間は鳥や豚を恨んではならない。今回のインフルエンザは人インフルエンザと鳥インフルエンザと豚インフルエンザの混合であるという。人・鳥・豚はみな同じ動物である。人間は鳥や豚など他の動植物の恩恵をうけて生きている。

伝染病の流行はグローバリゼーション (地球一体化) 現象の一つである。人間は伝染病について多くのことを経験し、学び、この問題に冷静に科学的に対応できるようになっている。私は人間の英知を信じている。