米国大統領選挙結果(追伸)補正版

中西 治

米国大統領選挙結果の票数はまだ公式に確定していませんが、United States presidential election, 2008 – Wikipedia (2008 年 12 月 2 日日本時間午前 6 時) により、ほぼ固まった票数をお知らせします。カッコ内は前回お知らせした数字です。

大統領選挙では民主党のオバマさんが大統領選挙人 538 人のうち 365 (364) 人を獲得、共和党のマケインさんの 173 (163) 人を大きく引き離して、第 44 代大統領に当選しました。オバマさんは 28 州と首都ワシントンおよびネブラスカ州の 1 人、マケインさんは 22 (21) 州を制しましたが、うちネブラスカ州の 1 人はオバマさんがとりました。ネブラスカ州の大統領選挙人の定数は 5 人ですが、うち一つの選挙区でオバマさんが過半数をとり、1 人の大統領選挙人を獲得しました。前回まだ決まっていなかったミズーリ州の 11 人は、マケインさんがとりました。得票数はオバマさんが 6846 万 5974 (6468 万 8689) 票、得票率は 52.80 (52.5) %、マケインさんが 5941 万 7826 (5695 万 451) 票、45.82 (46.2) %です。

日本ではこの二人しか紹介されていませんが、この他にも、もと緑の党、今回は無所属のラルフ・ネーダーさんが 72 万 6462 (66 万 8473) 票、0.56 (0.5) %、リバタリアン (自由主義者) のボブ・バーさんが 53 万 2995 (49 万 4551) 票、0.41 (0.4) %、憲政党・アラスカ独立党のチャック・ボールドウィンさんが 19 万 1340 (17 万 8406) 票、0.15 (0.1) %、緑の党のシンシア・マッキンニーさんが 15 万 8427 (14 万 4543) 票、0.12 (0.1) %、その他の候補者が 18 万 8660 票、0.15%を獲得しています。いずれも大統領選挙人の獲得にはいたっていません。

上院議員選挙では定員 100 人のうち 35 人が改選、当選は民主党 19 (18) 人、共和党 14 人。非改選を合わせると、いまのところ、民主党は改選前の 49 人から 7 (6) 人増えて 56 (55) 人、共和党は改選前の 49 人から 9 人減って 40 人です。改選前の民主党は同党系無所属 2 人を含んでやっと 51 人の過半数を確保していましたが、今後は単独で過半数を維持します。 2 (3) 人はまだ未定です。いずれも現職は共和党ですが、ミネソタ州は票の再確認中、ジョージア州は 12 月 2 日に決選投票がおこなわれます。これらの 2 州も民主党が獲得すると、民主党は同党系無所属を含めて 60 議席を確保し、長時間演説による議事妨害を阻止できます。これを filibuster-proof と言います。

今回の大統領選挙の投票者はいまのところ 1 億 2968 万 1643 (1 億 2309 万 7708) 人、投票率は 62 (56.0) %でした。前回、2004 年の大統領選挙では投票者は 1 億 2230 万人ほど、投票率 60.5 (60.7) %でした。投票者は 700 万 (80 万) 人ほど増え、投票率は 1.5%ほど増えています。

前回、2004 年の選挙で共和党のブッシュさんが 6200 万票ほど、民主党のケリーさんが 5900 万票ほど獲得しました。今回の選挙で共和党は前回より 300 万 (500 万) 票ほど票を減らし、民主党は 900 万 (500 万) 票ほど票を増やしました。今回は共和党が減らした 300 万 (500 万) ほどがそっくり民主党に移り、それに 600 万上乗せしたことになります。共和党の支持者の 300 万 (1 割) ほどが民主党に鞍替えし、さらに 600 万人が新たに民主党の支持者になったのです。前回より増えた 700 万人の投票者のうち 600 万人がオバマさんに投票したことになります。これがオバマさんと民主党に大勝利をもたらしました。

2008 年 12 月 2 日 午前6時 改訂