田母神前航空幕僚長の発言について

中西 治

防衛省の田母神 (たもがみ) 俊雄前航空幕僚長が 2008 年 11 月 11 日の参議院外交防衛委員会で参考人として発言しました。この委員会の模様はテレビで中継されませんでしたが、その前後のマスコミの報道を通じて、日本は大変な人を空幕長にしていたことを知りました。背筋に寒さを感じます。

この人が、イラクで米軍と協力していた航空自衛隊の最高責任者だった、のです。この人が、名古屋高等裁判所が航空自衛隊のイラクにおける活動の一部を憲法違反と断じたときに、「そんなの関係ねぇ」といった人なのです。

この人が「日本が侵略国家というのは濡れ衣だ」と主張する一文を発表しました。このような考えは別に新しいものではありません。このような考えをもち、その意見を表明することは個人の自由です。しかし、日本国の防衛、とくに、現在の自衛隊のなかで最大の攻撃力をもつ航空自衛隊の最高責任者がこのような意見をもち、表明したとなると話しは別です。彼は批判をうけると、思想・信条の自由と言論の自由を持ち出して反論しています。屁理屈です。

この人はこれまで自衛隊のなかで同じようなことを言い、言論の自由を謳歌してきました。誰からも批判されず、むしろ、空幕長まで出世しました。彼が空幕長に任命された 2007 年 3 月の首相は安倍晋三さん、彼が「関係ねぇ」と言った 2008 年 4 月の首相は福田康夫さんです。安倍さんは戦後レジームからの脱却を唱え、福田さんは違憲の判決を「傍論だろう」と言った人です。彼と安倍さんと福田さんの三人は同じ考えです。

彼は自衛隊の外で同じことを言っても許されるだろうと考えていました。自衛隊の中と外は違うのです。外の風は冷たく、厳しいのです。インド洋での自衛隊による給油活動の継続が参議院で審議されており、総選挙を前にして、麻生さんはそのようなことを率直にいわれては困るのです。麻生内閣は彼を更迭し、定年退職として自衛隊の外に放り出し、責任逃れを図っています。

彼は裏切られたと思い、理非を明らかにせよと言っています。仲間割れです。それはできないのです。それをすると、彼を空幕長に任命した安倍さんと空幕長を続けさせた福田さん、麻生さんも責任を問われることになるのです。

田母神さんは過去の歴史を正しく認識し、現在の情勢を的確にとらえ、対処できない人です。

第二次大戦前から戦中の大日本帝国軍人を思い出します。自分だけが正しいと信じていた独りよがりな人々です。彼らはアジア・太平洋地域で多くの人を殺し、多くの日本人を死に至らしめ、国を滅ぼしました。これらの軍人と田母神さんが二重写しになります。