米国大統領選挙結果について

中西 治

2008 年 11 月 4 日におこなわれた米国大統領選挙結果がほぼ明らかになりました。

大統領選挙では民主党のオバマさんが大統領選挙人 538 人のうち 364 人を獲得、共和党のマケインさんの 163 人を大きく引き離して、第 44 代大統領に当選しました。オバマさんは 28 州と首都ワシントン、マケインさんは 21 州を制しました。まだ決まっていないのはミズーリ州の 11 人だけです。2008 年 11 月 7 日午後 5 時 (日本時間) 現在、得票数はオバマさんが 6468 万 8689 票、得票率は 52.5%、マケインさんが 5695 万 451 票、46.2%です。

日本ではこの二人しか紹介されていませんが、この他にも、もと緑の党、今回は無所属のラルフ・ネーダーさんが 66 万 8473 票、0.5%、リバタリアン (自由主義者) のボブ・バーさんが 49 万 4551 票、0.4%、憲政党・アラスカ独立党のチャック・ボールドウィンさんが 17 万 8406 票、0.1%、緑の党のシンシア・マッキンニーさんが 14 万 4543 票、0.1%を獲得しています。いずれも大統領選挙人の獲得にはいたっていません。

上院議員選挙では定員 100 人のうち 35 人が改選、当選は民主党 18 人、共和党 14 人。非改選を合わせると、民主党は改選前の 49 人から 6 人増えて 55 人、共和党は改選前の 49 人から 9 人減って 40 人です。改選前の民主党は同党系無所属 2 人を含んでやっと 51 人の過半数を確保していましたが、今後は単独で過半数を維持します。3 人はまだ未定です。

下院議員選挙は定員 435 人全員が改選で、当選は民主党 254 人、21 人増、共和党 181 人、21 人減です。

州知事選挙は改選 11 人で、当選は民主党 7 人、共和党 4 人です。民主党がミズーリ州で共和党に勝ち、1 人増やし、29 人、共和党は 21 人となりました。

大統領・上院・下院・州知事のいずれの選挙でも民主党が圧勝しました。

米国の選挙は州が単位です。もともとグレートブリテンから独立した 13 のステート (STATE=国=州) がユニオン (UNION=同盟=連合) を結んでできたのが、ユナイテド・ステーツ・オブ・アメリカ (UNITED STATES OF AMERICA=アメリカ合衆国) です。

各州は大きくても小さくても同等な独立国。それぞれの州から 2 人ずつの代表者を出して作る会議がセナート (SENATE=上院) 、議員はセナター (SENATOR=上院議員) 。現在は 50 州あるので、定員は 100 人、任期は 6 年。2 年ごとにおこなわれる下院選挙に合わせて定員の三分の一、33 人か 34 人が改選されます。今回は任期が 2009 年 1 月 3 日から 2015 年 1 月 3 日までの 6 年間の 33 人と任期が当選後すぐに始まり 2013 年 1 月 3 日まで続く 2 人の計 35 人の選挙がおこなわれました。

各州から人口数に応じて代表者を出して構成されるのがハウス (HOUSE OF  REPRESENTATIVES=下院) です。現在の定数は 435 人、任期は 2 年です。各州に割り当てられた定数の数だけ各州に選挙区が設けられます。すべて定数 1 の選挙区です。

首都ワシントンは連邦政府の直轄地で特別区です。上院議員も下院議員も選出できません。ただし、大統領選挙では 1961 年以来、3 人の選挙人を選出することが認められています。この 3 人と上院議員 100 人、下院議員 435 人、合わせて 538 人が米国全体の大統領選挙人の数です。それぞれの州の大統領選挙人は上院議員の定数 2 と下院議員の定数を合わせた数です。

今回の大統領選挙ではオバマさんとマケインさんの選挙人の獲得数の差は 200 人ほどと大きく開きましたが、得票数の差は 700 万票ほど、得票率の差は 6%ほどです。この程度の得票と得票率の差で獲得選挙人の数に大きな差が出るのは、ほとんどの州で、大統領選挙での得票が 1 票でも多い候補者がその州の選挙人を総取りする、からです。だから時には全米の総得票数で勝ちながら、選挙人数で負けて、大統領になれないことが起こるのです。

たとえば、現在のブッシュ大統領が初当選した 2000 年の選挙では、民主党のゴアさんの総得票数が 5099 万票、ブッシュさんが 5045 万票、他にネーダーさんが 276 万票とっていましたので、ブッシュさんの得票率は 48%でした。このように総得票数が少ないのに当選した例は 1824 年、1876 年、1888 年にも起こっています。2000 年の選挙のときにも一応問題になりましたが、にもかかわらず、この制度を変えないのは、米国は州という独立国家の同盟だという建前からです。同盟の代表者は各州の代表者が集まって決めるというのが原則なのです。

今回の大統領選挙の投票者は 1 億 2309 万 7708 人、投票率は 56.0%でした。前回、2004 年の大統領選挙では投票者は 1 億 2230 万人、投票率 60.7%でした。盛り上がったわりに投票者は 80 万人ほどしか増えておらず、投票率は落ちているのです。米国と日本の一部の報道で、今回の投票者数と投票率は前回に比べて大幅に増えたと伝えられましたが、これは間違いだったようです。

前回、2004 年の選挙で共和党のブッシュさんが 6200 万票ほど、民主党のケリーさんが 5900 万票ほど獲得しました。今回の選挙で共和党は前回より 500 万票ほど票を減らし、民主党は 500 万票ほど票を増やしました。今回は共和党が減らした 500 万ほどがそっくり民主党に移り、それに少し上乗せしたことになります。共和党の支持者の 1 割ほどが民主党に鞍替えしたのです。何故このようなことが起こり、これからどうなるのでしょうか。

第一は、ブッシュさんの人気があまりにも悪かったからです。もともとブッシュさんは大統領の器ではなかったのです。当選もおぼつかなかったのに無理をして大統領になりましたが、人気はいまひとつでした。ブッシュさんを救ったのは 2001 年の 9 ・ 11 でした。米国人の怒りを利用してアルカイダ狩りと称してアフガニスタンに出兵しました。いまだにオサマ・ビンラディンは捕まっていません。タリバンは息を吹き返しています。大量破壊兵器を持っていると称してイラクに出兵しました。大量破壊兵器はありませんでしたが、サダム・フセインは殺されました。米国はアフガニスタンとイラクで戦争の泥沼にはまり込んでいます。多くの人を殺し、殺され、巨額の金をつぎ込んで財政赤字をもたらし、金融恐慌に陥っています。米国民はこれに気づいたのです。

第二は、オバマさんの人柄です。初のアフリカ系大統領と言われていますが、オバマさんはアフリカ系でもあれば、アメリカ系でもあるのです。これまでも黒い人と白い人の混血はありましたが、米国社会はこのような人を大統領として受け入れるところまできました。人種差別の激しかった米国を垣間見、いまもときに触れて感じている私は、この米国人と米国社会の変化を喜んでいます。人間も社会も変わるものです。米国は多文化の共存と共栄を認める社会になりつつあります。これは多年にわたる歴史のなかで培われたものです。オバマさんは米国社会が生み、育てた人材です。

第三は、オバマさんの真価が問われるのはこれからです。米国の人間も社会も多様です。政治的には民主党、共和党のほかに緑の党や自由主義者党、州の独立党、社会主義者・コミュニスト等々がいます。自己主張の強い人がたくさんいます。これをまとめて政治をおこなっていくのは大変です。オバマさんはイラク戦争には反対していますが、アフガニスタン戦争は支持しています。これはおかしいのです。この二つの戦争は一つです。一方に反対し、他方に賛成するのは矛盾しています。しかし、オバマさんがイラク戦争にもアフガニスタン戦争にも反対していれば、おそらく民主党の候補にも、大統領にもなれなかったでしょう。米国民の 9 ・ 11 に対する恨みは深いし、報復心は強いのです。イラク戦争が始まったとき私は米国で研究中でした。ニューヨークでイラク戦争の開始に反対するデモを見ましたが、他方では、テレビや新聞などを通じて開戦に賛成する意見や考えを多く聞かされました。オバマさんは大変難しいところで政治をすることになります。気長にじっくりと政治を進めるしかありません。いずれ、米国民も現実に学び、いまイラク戦争に反対しているように、アフガニスタン戦争に反対することになるでしょう。

第四は、時代の流れです。米国は独立宣言以来、南北戦争、第一次大戦、ロシア革命、大恐慌、第二次大戦、米ソ対立、中国革命、朝鮮・ベトナム戦争、公民権革命、ドルの価値低下、湾岸・アフガン・イラク戦争などに直面してきました。そして、いま新たな金融恐慌の嵐のなかにあります。米国人だけでなく、地球上の多くの人々が転換を求めています。オバマさんは時代の子です。人間は時代の要求を正しく把握し、人々の願望を実現するために努力するときに英雄となります。しかし、この願望から離れ、敵対するようになったとき、かつて天まで持ち上げた同じ人が英雄を地獄に叩き落とすのです。私はそのような光景を何度も見てきました。オバマさんの当選を祝ってシカゴに集った人々、それをテレビを通じて地球上の各地で見た人々をオバマさんは失望させてはなりません。

第五は、日本です。「オバマさんが大統領になっても、日米の同盟関係は変わらない」と気落ちしながら力なく言うのではなく、第二次大戦後の日米関係を見直し、日米安保条約を日米平和友好条約にかえ、21 世紀にふさわしい新たな日米関係を築きたいと元気よく言う人はいないのでしょうか。日本は、このさい、戦後 60 年余にわたって多くの米軍基地をかかえて苦しんでいることを率直にオバマさんに言うべきでしょう。オバマさんはそれを聴く耳をもっていると思います。