福田康夫さんの辞任表明について

中西 治

昨年、2007 年 9 月 12 日午後 2 時に安倍さんが辞任を表明しました。「なんとも無責任な人です。日本国首相の地位をなんと思っているのでしょうか。」と私は書きました。

今日、2008 年 9 月 1 日午後 9 時 30 分に福田さんが辞任表明をしました。またかという感じです。自民党の末期症状です。

福田さんの表面的な理由は、安倍さんのように国会が開かれ、施政方針演説をしたあと野党の意見を聞かないで辞任するよりも、国会が開かれる前に辞任した方が国民と国会に迷惑をかけないですむ、ということのようです。

本当の理由は、1 か月前の 8 月 1 日に内閣を改造したのに、内閣の支持率が上がらず、国会を乗り切ることも、国会を解散することもできず、進退窮まった、というところでしょう。

私は安倍さんや麻生さんより福田さんが好きです。「自分自身を客観的に見ることができる」という福田さんの言葉は、その通りでしょう。しかし、福田さんは内閣総理大臣としての資質と力量をもっていなかったようです。

さあ、自民党はどう出るのでしょうか。小泉さんをもう一度引っ張り出すか、麻生さんでいくか、それとも、加藤紘一・元幹事長のような人を担ぐか。かつての自民党には田中角栄でだめなら、三木武夫でという知恵と度胸がありました。いまは、どうでしょうか。

いずれにしても、自民党は政策を抜本的に転換する必要があります。そうでなければ、元の木阿弥です。

ここで自民党は野に下り、政権を民主党に渡すというのも一つの手ですが、権力亡者の集まりである自民党は、そのようなことができるでしょうか。

誰が首相になろうと、衆議院の解散と総選挙です。いよいよ私たち主権者の出番です。 21 世紀の日本の政治の枠組みを作る重要な選挙です。

私は積極的に発言し、行動します。