「憲法 9 条をまもる 平和共同かながわ」総会と基地問題意見交換会の成功を喜ぶ

中西 治

私も参加する「憲法 9 条をまもる  平和共同かながわ」の第 2 回総会と「米軍再編と神奈川の平和運動」についての意見交換会が昨日 (2008 年 7 月 21 日) 、横浜で開かれました。これには多数の人々が参加し、熱心な討論が展開されました。大成功でした。私も多くのことを学びました。

総会については追って事務局から正式に報告されますので、ここでは意見交換会についての感想を述べます。

神奈川県大和市議会議員大波修二さんの映像を交えての報告は簡潔かつ説得的でした。かつて沖縄を二度訪問し、北から南まで自動車で訪ね、大きな沖縄の中に小さな基地があるのではなく、大きな基地の間に小さな沖縄があると感じました。嘉手納飛行場での米軍機の荒っぽい離着陸を見、爆音を聞いて、これはひどいと思いました。厚木基地でも同じようです。

厚木基地には横須賀に入った米国の航空母艦の艦載機だけではなく、岩国の海兵隊機、韓国の空軍機なども飛来し、航空母艦に無事に離着艦できるような訓練をうけ、すさまじい騒音をまき散らしています。米軍機の使用の合間に日本の自衛隊機も訓練しています。

大和市の測定によると、厚木基地の滑走路北約 1 キロメートルの住宅地における 70 デシベル以上、5 秒以上の継続音は今年 5 月に 2227 回起こっています。最高音は 117 デシベルとのことです。環境基本法にもとづく騒音についての基準値は住宅地で昼間 55 デシベル以下、夜間 45 デシベル以下です。厚木基地周辺の住宅地の最高騒音は基準の 2 倍を超えています。

航空騒音については、デシベルを元に時間帯などを考慮して再計算した WECPNL が使われています。大波さんはこの値 75 を爆音被害値とし、厚木基地では面積約 100 平方キロメートル、8 自治体、人口 70 万人、5 年前より 10 万世帯増え、現在、24 万世帯が精神と肉体に被害をうけていると指摘しています。嘉手納爆音訴訟の判決では、受忍限度対象地域が WECPNL85 以上に引き上げられ、原告 1600 人余りの賠償が退けられました。

爆音問題は厚木だけではなく、嘉手納、普天間、小松、横田、岩国にもあることがよく分かりました。基地問題は沖縄だけではなく、神奈川にもあるのです。

私は 1987 年以来、4 次にわたって訴訟を起こし、闘っている厚木基地爆音防止規制同盟の皆さんに心から敬意を表します。大波さんはこの同盟の書記長です。今年の 5 月 12 日に横浜地方裁判所で始まった第 4 次原告団は 2458 世帯、7054 人です。

米国の原子力航空母艦ジョージ・ワシントンが横須賀に配備されれば、厚木基地の爆音はいっそう激しくなるでしょう。大波さんは原子力空母の母港化に反対し神奈川の基地撤去をめざす県央共闘会議の代表も務めています。

基地問題を抜本的に解決するために、日米安全保障条約を再検討すべき時期がきていると思います。