日本社会の現状をどのように見るのか

中西 治

ジャパン・アズ・ナンバーワン (Japan as No.1=日本は世界一) とは、かつて流行った言葉である。世界の各地を回って、久しぶりに横浜や東京のビル街・繁華街に立つと、日本は世界一だと感ずることがある。

外観の華やかさのなかで、一部の人が大儲けをし、多くの人が低い賃金と厳しい労働条件のもとで働き、苦しい生活をしている。

医療と介護は、真面目な多くの医師や看護士・介護士の報われない献身的な努力によって支えられているが、その状況はこの数年間に急速に悪くなっている。ごく最近まで入院が難しかった名のある大病院の病室に空きが目立つ。医療関係者の異動も激しいが、患者も長く同じ病院で治療をうけられなくなっている。

話題の後期高齢者医療保険料額決定通知書を受け取った。私の2008年度保険料は50万円。上限の50万円を超過している分は免除されている。3月までの私学共済短期掛金は月額1万9012円。75歳になった途端に、強制的に新しい制度に移行させられ、保険料は社会保険庁の老齢基礎年金から天引きされる。年金生活者にとっては大変な減額となる。

親が子を殺し、子が親を殺し、人が無差別に人を殺している。中学生がバスジャックをし、教育者が教育者の採用と昇進を縁故と金で動かしている。日本社会は狂っている。

このような日本社会の状況に、日本の有権者は昨年の参議院議員選挙で「ノー」と言った。自民・公明の与党と政府は有権者のこの声を衆議院での多数によって圧殺した。有権者の怒りは高まっている。いま総選挙をすれば、与党は間違いなく敗北する。だから、衆議院の解散・総選挙はできない。

2008年7月19日の『朝日新聞』朝刊で聖路加国際病院理事長の日野原重明さんは「自衛隊の維持費や駐留米軍への思いやり予算など軍事にかかる費用の一部を老人医療費に回してはいかがでしょうか。平和憲法を守るためにも、よいアイデアだと思います。」と書いている。私は日野原さんのこの提案に賛成である。

私は次の総選挙を「憲法9条をまもる内閣をつくる」選挙にしたいと願っている。自衛隊の行動が違憲だという判決が出ても、それは傍論だろうといって鼻であしらい、冷笑し、無視するような人物を日本国の内閣総理大臣や大臣・政府高官にしてはならない。

日本社会を狂わせているのは、金第一主義であり、理想の欠如である。