日本語人・多国語人について

中西 治

私は人間を人種とか、民族とか、国籍で分けません。元をたどれば、皆、アフリカから出てきたのです。

純血な人は一人もいません。人間は一人では子供が産めないのです。人間は、皆、混血です。

いま日本人と言われている人も、150年ほど前は日本人という意識はあまりありませんでした。帰属意識は長州とか、薩摩とか、会津とか、だったのです。

民族とか、国籍は人間が作り出したものです。

人間は地球上のどこでも同じ人間です。喜怒哀楽や考えること、行動はそれほど変わりません。

少し違うのは言葉と食べ物です。食べ物は最近それほど違わなくなっています。

私は敢えて人間を分けるとき、コミュニケーションの手段で分けます。日本語人とか、中国語人とか、英語人とか、手話人とか、点字人です。

日本語と中国語ができる人は日本語・中国語人です。たくさんの言葉ができる人は多国語人です。

コミュニケーションの手段は人間の考え方や行動に大きな影響を与えます。地球上どこでも多国語人が増えています。

良い愉しい一日を!