理事会・講演会報告

事務局

2008年1月13日(日)午後3時から4時半まで、かながわ県民センター70 5号室で、第4期理事会第5回会議が開催されました。

出席理事は書面表決者を含め て11名で、オブザーバーは1名でした。

まず所報第2号発行について、印刷代は約38万円(全155ページ、表紙フルカ ラー印刷、600部発行)で抑えることができ、執筆者買い取りは現在までのところ 約24万円で、諸費用も含めて現段階で約18万円の赤字となっていることが報告さ れました。今後、買い取りや販売等を通じて、すこしでも赤字を少なくする努力をす ることになり、また次回の理事会で所報第2号の収支決算をすることになりました。

2007年度及び2008年度学術交流について、2008年2月25日から3月 6日までのキューバ訪問の参加者は最終的に5名となり、2月10日(日)10時か ら横浜市青葉区区民活動支援センター会議室1で、結団式を開くことになりました。

2008年9月初旬に1週間程度で北京・中国東北を訪問することになり、それが 確定し次第、朝鮮訪問を検討することになりました。

また2009年2月下旬から3 月初旬にかけて3泊程度で沖縄を訪問することも決まりました。

2008年度事業計画について、今後合同研究会を活発に行い、相互の知的コミュ ニケーション交流を活性化させることになり、研究会や学術交流をブックレットや叢 書などの情報提供活動と連動させ、これらの成果を出版して広く世に問うことになり ました。また地球宇宙平和学叢書を来年度、遅くとも再来年度には発刊することを目 指し、具体的に検討することになりました。

理事会について、事前にメールで詳しい内容を知らせ、相互に検討した上で、濃密 な議論をすることになり、今後理事会は3、4か月に1回程度開催することになりま した。

理事会終了後、午後5時15分から7時まで711号室で、中西治氏(本研究所理 事長)による新春講演会「地球社会の現状と私たちの研究所の課題」が行われまし た。そこでは、人類の誕生から説き起こし、近現代の地球の一体化や様々の革命、2 0世紀の地球秩序や現在の各地域の現状に触れ、最後に私たちの研究所の課題を展望 されました。多くの非会員を含めて20名ほどが参加され、活発な質疑応答もされ、 充実した時間となりました。

講演会終了後、新年宴会には10名以上の方が出席され、和やか、かつ活発に行われ ました。 お忙しいところまた寒い中お越しいただいた方々に感謝いたします。