第4期理事会第4回会議等の報告

事務局

2007年11月11日(日)午後5時から6時半まで、かながわ県民センター709号室で、第4期理事会第4回会議が開催されました。出席理事は書面表決者を含めて12名で、オブザーバーは2名でした。

まず所報第2号発行について話し合われ、継続性を重視することから、第2号の表紙は創刊号と同様なものにすることになりました。

新春講演会については、中西治理事長が講師となり、2008年1月13日(日)午後5時から6時半まで、かながわ県民センター711号室で行うことになりました。またそれに先だって、午後3時から4時半まで705号室で理事会が、講演会のあと午後7時から9時まで新年宴会が開催されます。

2007年度及び2008年度学術交流について、2008年2月25日から3月6日までのキューバ訪問の準備が順調に進んでいることが報告されました。キューバ大使表敬訪問の後、日程・金額等が確定し次第、会員の皆様にお知らせいたします。また2008年8月から9月にかけて中国を、2009年2月から3月にかけて沖縄を訪問する予定であり、それらの準備をすることになりました。

2008年度事業計画について、以下のような様々の意見がでて、今後とも理事会等で検討することになりました。会員に会費に相応しい情報を提供すること。講師の派遣や海外からの人材受け入れ等の事業拡大をすること。合同研究会を増やし、相互の情報交換を増やすこと。土曜日の夜も有効活用すること。学術交流後にブックレット等による情報発信に力を入れることなどです。

認定NPO法人の資格取得に向けて、中西理事長を中心に2008年3月31日までに申請することになりました。

最後に10月13日に杉田劇場で行われた磯子区NPO連絡会設立記念イベントへの参加の報告が行われ、今後とも会員一人一人が各地の様々なNPOや団体と連携をはかっていくことになりました。

理事会終了後、午後7時から9時まで同室で、片山博文氏(桜美林大学准教授)による講義「グローバル・コモンズの構築をめざして」が行われました。ヒロシマの原爆映像なども紹介されながら、平和と地球環境の問題についての講義であり、新鮮かつ興味深いものとなり、質疑応答も30分ほどしました。

なお理事会に先立って、午後1時から3時まで青葉区区民活動支援センターでは、浪木明氏によるスペイン語講座が行われ、午後4時から5時まではかながわ県民センターで所報編集委員会が開催されました。また講義終了後は和やかに懇親会も行われました。