参議院議員選挙結果に寄せて

中西 治

2007年7月29日の参議院議員選挙の結果が明らかになりました。

民主党が圧勝し、自民党が大敗を喫し、安倍内閣は瀕死の重傷を負いました。

民主党は改選前の32議席から60議席に増え、非改選を加えて109議席となり、参議院の第一党となりました。自民党は改選前の64議席から37議席に減り、非改選を加えても83議席にとどまり、第二党に転落しました。公明党は改選前の12議席から9議席に減り、非改選を加えて20議席です。共産党は改選前の5議席から3議席に減り、非改選を加えて7議席です。社民党は改選前の3議席から2議席に減り、非改選を加えて5議席です。民主党の一人勝ちです。

与党は自民党と公明党を加えても103議席にしかならず、野党が参議院の過半数を制しました。安倍さんは最初の国政選挙で大負けに負けたにもかかわず続投すると言っています。安倍さんは今回の選挙結果が安倍さんの政治に対する主権者の厳しい批判であることが分かっていないようです。

日本の政治はいま重大な変わり目にきています。

2001年の参議院選挙のときに自民党は比例代表で2110万票獲得していました。その他にのちに自民党に合流した保守党が120万票、合わせて2230万票ほどでした。それが2004年には1670万票、今回も1650万票ほどです。これに対して民主党は2001年に890万票、のちに民主党に合流した自由党が420万票、合わせて1310万票ほどであったのが、2004年には2110万票、今回は2320万票ほどです。この6年間に自民党は2200万政党から1600万政党に、民主党は1300万政党から2300万政党になり、その立場が逆転しました。

公明党はそれぞれ810万票、860万票、770万票ほどです。共産党は430万票、430万票、440万票ほどです。社民党は360万票、290万票、260万票ほどです。

日本の政治はこれからどのようになるのでしょうか。 いくつかのシナリオが考えられます。

第一は安倍さんが党と政府の人事を手直ししながら、内閣の延命を図る場合です。今回の参議院の構成は少なくとも2010年まで続きます。戦後レジームからの脱却をめざす安倍さんのこれまでのような強引な政治手法はもはや通用しないでしょう。野党と妥協するのか、それとも、起死回生を求めて衆議院を解散して強行突破を図るのか。

第二は安倍さんが新しい連立の枠組みを求めて野党に手をさしのべる場合です。選挙で大勝した民主党はそう簡単に連立に応じないでしょうし、民主党を飛び出して人気のない自民党と手を組む政治家もいないでしょう。

私は第一の場合も第二の場合も現在の安倍さんにはそのような力はないと考えています。1960年安保のときに四面楚歌となり、政権を投げ出した岸信介さんが思い起こされます。

第三は安倍さんに替わって新しい指導者が自民党に登場し、第一のシナリオか、第二のシナリオを実行する場合です。これはつぎの衆議院議員選挙と2010年の参議院選挙を経て日本の政界の再編成をもたらすでしょう。その核となるのは憲法9条の改定問題です。

日本の政治はいよいよ20世紀システムから21世紀システムへと向かい始めました。今回の参議院選挙はその出発点でした。