キューバ視察旅行報告

木村 英亮

2月26日(月)木村、浪木、浪木(香織)、片山、石橋、芝宮の6名、17時エアカナダ機で成田出発、現地時間15時10分トロント着、ホリデイ・イン泊、雪、0度。

2月27日(火)10時05分エアカナダ機でトロント発、13時45分ハバナ着、気温25度。空港からガイド・ホセの添乗で革命広場などを見てホテル・ハバナ・リブレ着、夕刻アメリカから鈴木合流、7名となる。革命広場はカストロの肖像や赤旗などなくあっさりした印象。ホテルは1958年ヒルトン・ホテルとして建築、地上25階建て、翌年カストロらが革命本部とした。1998年改修。野外劇場キャバレー・トロピカーナで20時-22時30分、夕食とショー鑑賞。

2月28日(水)10時20分ホテルを出て徒歩でハバナ大学訪問、午前中リク教授より大学について説明を受け、キャンパス見学。昼食後14時から16時30分ハバナ大学経済研究所でアミシア・ガルシア所長を含め3名の教授とトラベルボデギータ清野の通訳で懇談、富山大学の佐藤幸雄参加。旧市街見学。大学の建物は改修期にきている。

3月1日(木)8時30分ホテル出発、郊外アラマルの有機栽培農場訪問、農場長の説明の後見学、農場手作りの昼食を御馳走になり、午後は個人農場ラス・アメリカス農場見学、通訳はトラベルボデギータの佐々木。個人農場は0.5ヘクタール、夫婦で経営。

3月2日(金)8時ホテルをチェックアウト、ヘミングウェイ博物館見学、高速道路でシエンフェゴスに向かい、市内観光後昼食、世界遺産の古都トリニダのホテル・トリニダ・デル・マル泊。
軍事的必要もあって高速道路は整備されている。

3月3日(土)8時30分チェックアウト、トリニダの博物館、配給所を見た後市場で買い物、サンタクララでゲバラ記念碑・廟・博物館などを見学後、ビーチリゾート・バラデロに向かい、ホテル・メリア泊。

3月4日(日)11時チェックアウト、ハバナへ向かう。途中「老人と海」ゆかりの港町コヒーマルで昼食、ハバナ・リブレにチェックイン、旧市街のレストラン・エル・アルヒーべで最後の夕食。

3月5日(月)木村、浪木、鈴木、片山の4名、9時から9時40分まで日本大使館訪問、大野正義一等書記官と会う。鈴木はそのままアメリカへ、他6名は11時チェックアウト、14時45分ハバナ発18時20分トロント着、ホリデイ・イン泊、マイナス19度。

3月6日(火)13時25分トロント発、日本時間7日16時55分成田着、離陸が遅れ実際には18時ごろ到着。

日本から遠く往復に時間がかかり、実質5日のキューバ滞在であったが、企画と通訳の面でのトラベルボデギータの尽力、スペイン語の堪能な実務担当浪木の努力、見事な日本語を話す魅力的なガイド・ホセのサービスに恵まれたことによって、全員元気に期待通りの成果を挙げることができた。

経済的には楽でないであろうが、裸の子どもたちをみると栄養不足には見えず、また旅行中不安を感じたことはなかった。空と海は青く美しく合弁のホテルも整備されていて、観光立国の政策は成功している。ただし、高級ホテルばかりに滞在していたので、実態の把握はもちろん不十分であろう。ショーにサーカス的なものがあったこと、ゲバラ廟の永遠の火、タクシー運転手がウラジーミルであったことなどにソ連の影響を感じた。

参加者7名中、研究所メンバーは木村、浪木の2名のみであったが、旅行中に1 名増やすことができた。