岩木秀樹先生講義内容 (2006年度後期)

事務局

イスラームと平和 ―なぜ戦争に、どうすれば平和に―

現在、イラク、パレスチナ、アフガニスタン等のイスラーム世界では戦争が続いている。なぜ戦争になったのか、どうすれば平和が訪れるのかを、考えていきたい。

イスラーム誕生の背景や教義、寛容な要因を説明し、歴史的な共存形態を見ていく。また近代の西欧とイスラームとの関係や中東諸国体制の成立を論じ、現在の戦争の淵源をたどっていく。今後どうすれば、イスラーム世界に平和が訪れるのかを展望し、さらに地球社会の未来を模索していく。

なお講義の後、懇親会をしながら、出席者と様々な問題について懇談していきたい。