エッセイ 59 思想について

木村 英亮

エッセイを書きながら、これがどれだけ自分のことばになっているであろうか、といつも気になってきた。

「日本では、生活の次元に止まる未萌芽の思想と、まだ生活に媒介されない、したがって生産性をもたない、外来の、カッコつきの思想があるばかりだ」(竹内好「日本共産党批判」1950,『全集・現代文学の発見』第4巻、学芸書林、1968,425ページ)。

竹内は、この文の初めの方で、「思想に一貫性がなければ、その人は、個人にしろ団体にしろ、独立した人格とは認められないだろう」(422ページ)と言っている。私もその通りだと思う。しかし、実際はこのように思っている人は少ないのではないか、という気もする。ソ連が崩壊したあと、それまでソ連の大学で必修科目であった「マルクス・レーニン主義」を担当していた教員たちは、「経営学」を教えている、と聞いたことがある。ソ連共産党の指導者たちで、いまも社会主義を信じている人は、少ないように見える。

それは、日本人の場合も同じである。ソ連崩壊後、社会主義を過去のものと考える人は圧倒的に多い。研究者の場合、1991年7月、『社会主義経済研究』誌が、「社会主義に未来はあるのか」というテーマで、社会主義経済学会会員などから抽出した240名にアンケートし57名の回答を得て、第17号(1991年11月)に掲載している。アンケートは3問で、1. 21世紀半ばまでに「社会主義体制」が世界のどこかで実現する可能性があると考えるか。a.ある b.ない c.どちらとも言えない、2. aと答えた方に対しその場合の企業の形態について、3. b.c.と答えた方に「資本主義体制」はどのように変化するか、というものである。1 についての回答は、a 23 b 6 c 21 その他7であった。1991年12月にソ連が崩壊した後、aはもっと減ったであろう。

このような判断は、どのくらい自分の「生活に媒介」されたものなのであろうか。