『中国女性史入門 ―女たちの今と昔』

大江 平和

中国女性史入門―女たちの今と昔

少し前になるが、友人が一冊の本を送ってくれた。出版まもない関西中国女性史研究会編『中国女性史入門―女たちの今と昔』 (人文書院)という本である。深紅の表紙をめくると、彼女を含め三人の友人が執筆者として名を連ねていた。三人のうち二人は、私の北京滞在中、単調な学生生活の中で、常に知的刺激を与え続けてくれた存在で、私の修士論文作成にあたっては、大変お世話になった中国近代女子教育史の研究者である。もう一人は、私の小中学校時代の同級生で、何香凝の研究者である。この三人とは今も交流が続いている。

さて、本書の画期的なところは、これまでの近現代の中国女性解放運動史に限定されない、テーマ別に古代から現代までの中国女性について俯瞰できる ような女性史をそのコンセプトとしている点である。I 婚姻・生育、II 教育、III 女性解放、IV 労働、V 身体、VI 文芸、VII 政治・ヒエラルキー、VIII 信仰という8つのテーマでわかりやすく構成されている。入門書にふさわしく、キーワードはゴシックで強調されていて、各項目別に先行研究を紹介した研究案内や中国語の参考文献も挙げられており、概説だけではものたりない読者のニーズにも応えられるよう配慮されている。私が特に興味深かったのは、各テーマ、各項目につい て、現代はどうなっているのか、何が問題になっているのかなどについて、敢えて批判を恐れず「今」の中国の女性にまで踏み込んで活字にした点である。この部分は今なお変化し続けている部分だけに、それをどうとらえるのか、執筆者の苦労が偲ばれた。全体を通して読めば、中国女性の全容がつかめるだろうし、それがおっくうな場合には、興味のあるテーマだけひろい読みしてもよい。また、写真資料も豊富なので、写真をながめているだけでも興味は尽きない。

「中国の女性」に興味、関心を持つ人々に、一読をお勧めしたい一書である。