二酔人四方山問答(8)

岩木 秀樹

B:イギリスではテロの余波がまだ続いているね。イギリスにあるモスクなどが焼き討ちにあったり、女性がナイフで斬りつけられたり、イスラーム教徒への暴力が強まっているらしい。

A:日本でも似たようなことがあった。朝鮮民主主義人民共和国が過激な行動をとると、日本国内の朝鮮人学校の女生徒のスカートが切られたりした。当該問題の行動を起こした主体とその周りの一般の人々をごっちゃにしているんだ。

B:そうだよね。例えば、アメリカ政府がイラク戦争などで、国際法を無視した犯罪行為をしたとしても、アメリカ人全員が犯罪者とは限らない。

A:それはそうだ。ただ政策決定の中枢にいた人、それを支持した人、黙認した人、反対した人などで、犯罪に関する責任の度合いが違うということはあ る。これは戦争責任論などで大きな議論になる。また被害者から見れば、同じ集団に属している者は、皆同じ犯罪者に見えてしまうのかもしれない。これはイス ラーム過激派側にも言える。西側に属する者は皆、イスラームに敵対する者だ、みたいに。それはそれとして、今回のように同じイスラーム教徒という理由だけ で、様々な暴力を受けるのは明らかにおかしい。このような暴力が続いていくと、穏健なイスラーム教徒も過激化する可能性がある。

B:新聞に載っていたんだけど、イギリスに住むイスラーム教徒へのアンケートで、「差別を受けた」との回答が2000年は約45%だったけれど、2004年は約80%になったそうだよ。明らかに、9・11事件やイラク戦争などが影響しているよね。

A:イギリスには約160万人のイスラーム教徒がいて、現在は2世3世が多い。彼らは失業や貧困にあえぎ、偏見とも闘わなくてはならない。そのよう な中から一部が過激化する。移民の1世は祖国をよりどころに出来るが、イギリス生まれの2世3世はイスラームに自己のアイデンティティを求める傾向にある そうだ。

B:差別や迫害を受けた社会には適合しようとせず、むしろ憎悪の対象にしてしまうのかな。

A:こんなアンケートもある。イスラーム教徒の中で、「イギリス社会の一員だ」と答えた人は41%、「一員ではない」と答えた人は27%だ。

B:一員ではないが27%か。これは多い数字だよね。

A:多いと思う。これからの課題は、貧困や失業などの対策を図り、平等性を高めることによって、穏健な人々を過激化させないということだ。イスラー ム教徒の多くはテロ行為には反対だ。西側諸国にも話し合いで解決しようとの流れも大きい。いわば「対話派」の人々の世界連合を作る必要がある。

B:でもアメリカの保守派は「文明の衝突」を声高に主張している。

A:アメリカの保守派もイスラームの過激派もどちらも文明の衝突になってほしいと考えている。どちらの側もキリスト教や自由、イスラームをイデオロギーとして利用し先鋭化している。

B:案外、敵同士だけれど、どちらの側もお互いの存在があって自分たちの存在証明をしている側面があるよね。

A:どちらも相手が必要なんだ。

B:そうそう、そのことを誰かがこう言っていた。なんだっけ。えーと。「ジハードとマックワールドの共謀関係」かな。

A:バーバーの言葉だね。彼によれば、ジハードとは自らの共同体に過剰なまでの誇りを持ち、敵対する者たちを聖戦で打倒する傾向。マックワールドとはアメリカに端を発し、英語を基幹言語として、資本主義経済、物質至上主義、消費文化を謳歌する傾向だ。

B:なるほどね。その二つは、一見全く逆の立場だけれど、共謀・共犯関係にあって、互いが互いを必要としているってことか。

A:おもしろい論だし、キャッチフレーズとしてもなかなかだと思う。でもジハードは本来このような意味ではないことは前回説明したとおりだ。イスラーム教徒から見ても、自分たちの宗教的用語を歪曲化されて使用されるのは侮辱と捉えるだろう。原理主義という用語もそうだけれど、本来はアメリカのプロ テスタントの一部の運動をファンダメンタリズムとしたが、それが他にも使用されるようになり、今ではイスラームの専売特許のように使用されている。本来の 意味を援用して学術用語として使用する際はもっと慎重にする必要があると思う。

B:マクドナルドだって怒るかもしれない。われわれはもっと高い理想を持っている、ってね。裁判沙汰にならないのかな。

A:でもマックだったら宣伝してくれて有り難う。マックはその通りだ、と言うかもね。