二酔人四方山問答(9)

岩木 秀樹

B:イギリスの後はエジプトでテロ、イラクでもパレスチナでもずっと続いている。どうなっているんだ。しかもイギリスのテロの実行犯はイギリス人のようだね。

A:イギリスに生まれた育った移民の子供たちが引き起こした。外部からテロが来たのではなく、先進国の内部で絶望感のために生み出されたんだ。ワシントンポストにも「ロンドン・テロを生んだ社会的疎外感、もって行き場のない憎悪、そして狂信主義は国産物であり、いつ爆発してもおかしくない。もちろん米国でも」と書かれていた。

B:イラクに派兵した西側の先進国はみんな標的になっているのか。どうしてこんなことになるんだ。何が原因なんだ。

A:いや原因ははっきりしている。全て想定の範囲内だ。前にも行ったけれど地下鉄サリン事件よりも因果関係はわかりやすい。まずイスラーム世界の外部要因として、イラク戦争などへのアメリカの軍事介入、イスラエル・パレスチナ問題の停滞がある。内部要因として、貧困、失業、政治腐敗、民主主義の欠如、石油などの資源の不均衡な配分などがある。さらに歴史的要因として、第一次大戦期の西欧の外交による中東諸国体制の形成がある。これらがイスラーム過激派が台頭している要因だ。

B:でもこのままで行くと中東イスラームのみならず、世界がどうにかなってしまいかねないよ。「暴力の連鎖」を止めなくてはならない。

A:待って。その「暴力の連鎖」という言葉は最近よく使われるけれど、よく考えてみないといけない。特にイスラエル・パレスチナ問題を扱うときには。

B:また始まった。細かいこと言うなよ。いいじゃない、みんな使っているんだし、本当に止めなくてはならないんだから。

A:じゃあまず少し考えてみよう、例えば警察と暴走族がお互いが暴力を行使して戦った場合、それを「暴力の連鎖」というかい。

B:言うわけないじゃん。警察の方が正義であり、法律に基づいているし。

A:最近警察は非合法なこともやっているけれど、まあいいや、「暴力の連鎖」とは言わないね。ではアジア太平洋戦争中、日本の侵略行為に対するアジアの人々の抵抗運動と日本軍の戦いを「暴力の連鎖」と言うかな。ナチスに対するレジスタンスでも同じだ。

B:うーん。それは言わないね。まあ時代も違うからかな。

A:確かに時代性も考えなくてはいけない。ただ「暴力の連鎖」とは、暴力の規模や手段、それを使用する目的や理念が比較的均衡な集団間に使用される用語なんだ。そう考えてみると、特に中東イスラームの問題で根っこになっているイスラエル・パレスチナ問題は「暴力の連鎖」とは一概には言えないと思う。

B:そんなものかなー。

A:イスラエルとパレスチナは多くの点で非対称性がある。それは、イスラエルは主権を有する独立国家だが、パレスチナは自治政府とはいえまだ運動組織体であること。イスラエルは占領者で、パレスチナは被占領者であること。イスラエルは圧倒的な軍事力を持つこと。イスラエルはアメリカを始めとして多くの経済、軍事援助を得ていることだ。

B:そんなに違うんだー。

A:このような非対称性を持つ二つの主体の暴力を等価なものとみて、「暴力の連鎖」と言うことは明らかにイスラエルの側に立ったものの見方であり、強者の論理だ。

B:なるほど。パレスチナの側は、抵抗する側の止むに止まれぬ暴力、自分の命を賭してまでするレジスタンスか。

A:ただそこが今後問題になってくると思う。弱者や抵抗の暴力をどう考えるか。21世紀以後の究極の問題だと思う。20世紀までは暴力には暴力の時代であり、弱者の暴力がまだ問題として提起されなかった。ただ今一つだけ言えるのは、弱者や抵抗の暴力が無差別性・大量殺戮を続けていくと、強者の側とかわらなくなる。そしていつしか自らの理念や目標が、その無差別性という手段によって融解させられてしまうということだ。