「和華の会」の親友たち

大江 平和

先月20日から29日まで、中国へ行ってきた。猛暑のなか、北京を皮切りに、西安、広州を回ったあと、再び北京に数日間滞在して戻ってきた。本帰国 して丸3年がたつが、帰国して以降、仕事抜きの個人旅行は今回が初めてである。そこで、このコラムで3回ほど連続して、中国での所感を書いてみようと思う。

今回の中国行きの目的は、旧交を温めることであった。西安はよくわからないが、北京と広州には、「日本人妻の会」なるものがある。北京のそれは通称「和華の会」というしゃれた名前で呼ばれている。中国人の配偶者をもち、現地で生活する日本人女性たちの会である。具体的な会員数は定かでないが、全体 的には増加の一途をたどっているようだ。その反面、生活の場を日本に移したり、残念ながら離婚をしたりして減少もしているらしい。私が再会を楽しみにしていた親友たちもこの会に属している。私もかつて北京に住んでいた頃はそうだったが、中国語という言語環境に囲まれて生活している彼女たちにとって、最大の楽しみは、心通い合う仲間たちと日本語で言いたい放題おしゃべりすることである。夫のこと、子供のこと、子供の学校のこと、舅、姑のこと、マンション購入のこと等々話はいつまでも尽きない。おしゃべりに夢中になっているうちに彼女たちの表情も和らぎ、時折笑い声がはじける。話の中身は、日本の主婦とさほど 変わりないようにみえるが、激動の中国の地で、価値観の異なる中国人の夫とともに家庭を円満に切り盛りしていくのは、並大抵のことではないようである。平和のために、対話を通してどう理解を深め、信頼を築いていくか、日々、努力と智慧と忍耐を要するのは、国際社会も家庭も同じセオリーかもしれない。彼女たちの話にじっと耳を傾けながら、「頑張って!」と心からのエールを送った次第である。