被爆60年目の長崎

とらたぬき

tora1-1l.jpg
8月9日11時2分、私は長崎の平和公園で、多くの人々とともにすべての戦争犠牲者と原爆犠牲者に黙祷を捧げ、核の廃絶と不戦の誓いを新たにした。

60年前のこの日、人口約24万人の街の上空で爆発した原子爆弾は、一瞬にして半径1キロを廃墟にし、半径3キロを焼き尽くした。1945年12月末までに死者が73,884人、負傷者が74,909人を数えた。

原爆を投下した国の指導者は、同じ信仰を持つ人々が多く住む街であること、そして同胞が捕虜として収容されている事実を知っていた。当時 浦上の街に住んでいたキリスト教徒約1万2000人のうち8500人が犠牲となり、爆心地から500メートルにあった、東洋一の規模を誇る天主堂は、わず かばかりの壁を残して倒壊した。

被爆した人々は、後遺症に苦しみながら生き抜いてこられた。多くの方々がさまざまな病気と闘いながら、原爆反対、戦争反対の運動を続けている。

この日の午後に開かれた世界平和を祈る会合で、81歳になるご婦人の被爆体験をうかがった。みずから後遺症に苦しみ、ご子息も被爆の影響 と思われる病気で亡くしながら、やがて世界平和のために自らの体験を語りはじめ、ニューヨークの国連本部でも被爆体験を訴えられた。現在でも多くの学校に 招かれ、子ども達に戦争の悲惨さ、核廃絶の思いを語っておられるという。

半世紀を超えて、長崎は平和を学ぶ多くの青少年が訪れている。またこの日ともに祈りを捧げた中には、中国語、ハングル語、英語、ドイツ語など、私が見聞しただけでも多くの海外の人々の姿があった。

核廃絶への思いは世界の多くの民衆に拡がっている、いやもっと拡げていかなくてはならない。国家としては核保有に関してさまざまな思惑があるだろう。しかし、実際に戦争の被害を受けるのは、いつも間違いなく戦争に荷担していない市民が圧倒的に多いのだ。

「長崎を最後の被爆地に‥。」二度と核兵器による惨禍をこの地上にもたらさない、という強い決意から発せられた言葉である。世代を超えて、どんなに困難でも核兵器のない世界を、そして戦争のない地球と宇宙を、同じ志をもつ人々と連帯しながら築いていきたい。

tora1-2l.jpg tora1-3l.jpg