我が土、我が民(その7)-故郷の大地を俯瞰する(その3)

王 元

臨渙には安徽省境内保存状態の一番良いと言われる土城(土の城壁)がある。漢代のもので、宋まで歴代の王朝が整備してきたが、元の時代廃棄したとい われる。下図で示すように、正方形に近い形で、面積は約1.96平方km(1.4 km×1.4 km)、高さは7 m -15 m、南は澮河に面し、東、北、西三面に「護城河」(防衛のために城壁を取り囲む堀)が流れる。護城河の深さは約4m、広さは約10m。

居民の生活区1980年代までは東南の約三分の一の区域に集中したが、いまは城壁内全域まで広がった。

g_ou7-1l.jpg

レンガ構造にしなかった原因は不明。故郷には「夜転亳州」という伝説がある(臨渙のレンガ構造の城壁が一夜で亳州のものになったという話)。

黄土を「夯」という技法で固める構造であるため、長年風雨の浸蝕にもかかわらず、北の段保存状態がいい。1970年代、「農業学大寨」の下で行われた 「平整土地」により、その時まで、ほぼ完全な状態である北の段の外の面(北の面)は、少なくとも、四分の一が削られてしまった。

しかし、黄土であるため、煉瓦焼きの格好の材料になる。特に人民公社時代の煉瓦窯は皆土城をくいものとした。また、粘性の高い黄土は練炭の球つくりにも 必要な材料だ。こうした人間の破壊活動により、現在は旧生活区に近い東南の段はかつての「城壁」の面影がなく、東、西の段も長い「小土岡」しか見えない。 今は植木、草が見えるが、昔(僕の小、中学校時代)、城壁が皆の物であるため、樹木、草も全て採られて、禿げ城であった。

臨渙土城 北の段
臨渙土城 北の段

臨渙高校の操場から見る臨渙土城 東の段
臨渙高校の操場から見る臨渙土城 東の段

g_ou7-4s.jpg
土城は臨渙人の公共墓地でもある(所謂「土葬」)。東の段、保存状態の悪い東門の付近。写真には『臨渙区志』主編の呉延東先生(右)、筆者(中)、県技術局長(元臨渙鎮長)の宋克華氏。