理事長就任に当たって

中西 治

2002年の新春をお慶び申し上げます

「特定非営利活動法人 地球宇宙平和研究所(Institute for Global and Cosmic Peace=IGCP)」の設立総会が45名の設立者の賛同を得て2001年12月15日にかながわ県民センターで開催され、2002年1月28日に神奈川県県民部県民総務室へ法人設立認証の申請を行ないました。県公報による公告、県民総務室での2か月間の縦覧を経て認証を受けたあと、法務局に法人設立登記をし、設立登記完了届を県へ提出することによりすべての手続きが終わり、研究所は正式に発足します。

小室金之助創価大学前学長ご夫妻をはじめ中国の先生方、各界で活躍されている多くの方々が設立者として参加されたことに心から厚く御礼申し上げます。

設立総会で12名の理事と2名の監事が選任され、第一回理事会で理事長に中西治、副理事長に佐藤智子さんが互選されました。そこで理事長就任に当たって設立に至る経緯と私たちの地球宇宙平和研究所がめざす目標について所信を述べたいと思います。

この研究所の淵源は30年前の1971年4月に遡ります。私が1969年から教え始めた神奈川大学の学生が3年生になる段階で私を中心としたゼミナールを開いてもらいたいとの要望を大学当局に出しました。私は当時、非常勤の講師であったにもかかわず、大学当局は学生のこの希望を入れて、ゼミナールの開設を認めました。私のゼミナールは大学のゼミナールとして理想的な出発をしました。その後、1974年に神奈川大学外国語学部の専任教員となり、1976年にゼミナール発足5周年を記念してゼミナール誌を出すことになりました。

ゼミナール誌の名称をめぐって様々な意見がありましたが、結局、『輩流』ということになりました。この案を出したのは今回、理事に選任された牧野常夫さんでした。『輩流』創刊号には次のような編集後記が編集委員によって書かれています。「”輩流”という名のいわれであるが、同じ何かを求めあう目的を持ちあったものが一つ場に集まり、会して議して議して会する、これが同輩である。僕達は通常、孤独であることを忘れて生活している、あるいは自分をごまかして生活している。現実は常に流れ行き、僕達は多種多様の経験にもまれ、視野は絶えず外界に向いている。同輩は一つ場に集まり、そこで心の安らぎを覚え、そして自分を見つめ、孤独を認識し、自分の中の世界の存在を知る。在学中だけでなく卒業してからもそういう形でのつながりを持ち続けていく。そんな人間と人間の姿を追求してゆきたい願望をこのタイトルにこめて名づけたものだ。」

神奈川大学のゼミナールは私が1977年に創価大学に移ったあと一時休ませていただきましたが、1992年9月に私がモスクワ大学で10か月間研究するために日本を離れるまで続きました。1978年10月1日に私がゼミナールを担当した法政大学、神奈川大学、創価大学の卒業生・在学生が中心となって「輩流会」が組織されました。1979年に創価大学の最初のゼミナール生が出した卒業論文集は『輩流』と名付けられました。その時のゼミナール幹事が今回、同じく理事に選任された林亮さんです。その後も創価大学で出された『輩流』は「輩流会」の機関誌的な役割を果たしました。1986年12月30日に「輩流会」を基礎として地球と宇宙の平和をめざす国際研究所(International Institute for Global and Cosmic Peace=IIGCP)が設立されました。この国際研究所は主として研究・出版活動を行なってきましたが、2001年10月1日に設立15周年を記念して特定非営利活動法人の研究所をつくる準備委員会を発足させました。それからわずか45日で設立総会が開かれました。

「特定非営利活動法人 地球宇宙平和研究所」はこのような前史を持っています。しかし、この研究所はこれまでの国際研究所と目的は同じですが、大きく異なっています。それはこれまでの研究所はゼミナールの同窓生を主たる構成員とした私的な団体でしたが、今度の研究所は公的な団体です。これまでの研究所も世界に広く開かれていましたが、今度の研究所はすべての人々に開くことが法的に義務づけられています。私たちは新しい研究所をこれまでよりも量的にも、質的にも優れたものにしたいと願っています。新しい「特定非営利活動法人 地球宇宙平和研究所」が認証され、正式に発足すると同時に、これまでの国際研究所は発展的に解消します。

地球宇宙平和研究所は地球上に住む60億以上の人間の生活、文化、社会、歴史を調べ、その知識を人々に普及します。人間と人間社会を良く知り、その多様性を認め、それを互いに尊重しあうことが人々が平和に生きるための基礎です。地球上で戦争が起こらないようにし、起これば、即座に止めさせ、広がらないようにし、地球上の戦争が宇宙空間に拡大しないように努力します。また、地球上の平和を確立するための方策と組織を提言します。私たちの研究所がめざす平和は地球と宇宙の全体的な調和のとれた平和です。

地球宇宙平和研究所は人間の幸福と平和への灯台の役割を果たしたいと願っています。

志を同じくする多くの人々のご参加をお待ちしています。