総選挙の開始に寄せて

中西 治

2017年9月28日に衆議院が解散され、総選挙が始まりました。公示は10月10日、投開票は22日です。

「民進党」の前原誠司さんが小池百合子さんの「希望の党」との「合流」を希望しました。

小池さんはこれを断りました。小池さんの「選択的併合」となりました。

「民進党」はこれまで出した公認をすべて取り消しました。立候補希望者は「民進党」を脱党し、改めて「希望の党」に公認を申請することになりました。

小池さんはこれらの人々の申請を無条件に認めず、個別に、とくに、安全保障に対する考え方を考慮して決定すると言っています。

「民進党」は選挙が始まる前に候補者が一人もいなくなりました。総選挙が終わると、参議院議員もいなくなります。「民進党」はなくなります。

「自由民主党・公明党」と「民進党・共産党・自由党・社会民主党」との闘いが「自民党・公明党」、「希望の党」、「共産党・社民党」の三者の闘いとなりました。

自民党は競争相手が二つに割れたことにほっとしているでしょう。

「自民党」も「希望の党」も「保守と改憲」です。どちらが勝っても本質的に変わりません。

今回の出来事の「黒幕」はほくそ笑んでいるでしょう。

安倍さんは長くなりました。それに強引すぎます。

小池さんも東京都知事に当選したときや東京都議会議員選挙に勝利したときと比べて輝きを失っています。

有権者は変化を求めています。どのような選択をするのでしょうか。