二酔人四方山問答(30)

岩木 秀樹

B:メディナに移ってからのムハンマドはかなり変わったのかな。

A:メッカでの彼は、啓示の伝達者としての宗教的な側面が強かった。それに対して、メディナへのヒジュラ後の彼は、政治指導者、調停者、裁判官、立法者などの役割を担っていくようになった。メディナの10年間はイスラーム共同体(ウンマ)の制度化・組織化の歴史だった。

B:どのような制度化をしたの。

A:一番大きいのは、メディナ憲章を作ったことだろう。当時のアラビア半島は部族社会であり、中央集権的な国家やルールがなかったので、いったん抗争が始まるとなかなか終結させることができなかった。

B:そのような抗争を終結させる調停者として、ムハンマドはメディナに迎え入れられたんだよね。

A:そうだ。メディナでのアラブ部族やユダヤ教徒を結びつける協定がこのメディナ憲章だったんだ。これが抗争を生む部族主義の紐帯に代えて、信仰を基礎とする共同体を樹立し、宗教共存による安全保障の原理をうち立てるものであった。

B:具体的にどのような内容なの。

A:ムハンマドに司法、行政、外交の最高決定権を委ねて、対外的には団結して外敵にあたる集団安全保障がうたわれている。対内的には無差別報復の禁止、犯罪者の引き渡しと罰則の規定、信教の自由、正義の原則、財産権の保証、戦費負担の義務などが定めてある。

B:へー、かなり細かいこともあるんだね。

A:この憲章は、国家を創設する社会契約と言ってもよいだろう。メッカからの亡命者とメディナのムスリムだけでなく、非ムスリムの多神教徒やユダヤ教徒の自発的な合意の締結により、立憲連邦国家とも言うべき政体を作ったんだ。

B:こうして制度化を進めていくとともに、対外的にも広がっていくんだよね。

A:次第にアラビア半島全体を巻き込む軍事的な闘争となっていく。だからメディナ期は戦役の歴史とも言える。

B:メッカ勢力との最初の大きな戦いはいつだったの。

A:西暦624年のバドルの戦いだ。メッカ軍は600人くらいでメディナ軍より倍以上も多かったが、ムハンマドの卓越した戦略や信仰心に燃えたムスリムたちにより、メディナ軍が勝った。

B:その後、ムハンマドの威信は高まったんだろうね。

A:そう。戦利品や捕虜を得て経済力も高まり、発言権や威信を得て政治力も高まり、さらにムスリムに神の加護を確信させることになったので宗教的意義も大きかった。

B:その後もどんどん戦争をしていくんだよね。

A:625年ウフドの戦い、627年ハンダクの戦い、その後628年にはフダイビアの盟約と言われる和平もあったが、ついに630年に一万以上の軍勢を率いたムハンマドはメッカのカーバ神殿に無血入城し、全ての偶像を破壊したとされている。

B:その後イスラーム勢力はアラビア半島の覇権を確立したんだよね。

A:ムハンマドは神の使徒として様々の部族集団を宗教・政治・経済的に統轄することにより、部族間の闘争は終わり、平和の到来となった。これがパックス・イスラミカと言われるものだ。

(つづく)