二酔人四方山問答(37)

岩木 秀樹

B:どうしてオスマン帝国はあのような広大な帝国を作ることが出来たんだろう。イタリアやイベリア半島を除けば、ほとんどローマ帝国と版図は変わらないよね。

A:そうだね。東地中海、黒海、紅海はオスマンの内海だった。

B:バルカン半島もオスマン領だったんでしょ。

A:そう。現在でいえば、ウクライナ、モルドバ、ルーマニア、ハンガリー、旧ユーゴスラヴィア諸国、アルバニア、ギリシア、ブルガリアはオスマン帝国のものだった。この地域では現在でもオスマンの遺産が残っている。ブルガリアのヨーグルトはその典型だ。

B:カスピ海ヨーグルトもそうでしょ。でもなぜオスマン帝国はバルカン半島のほとんどを支配できたんだろう。

A:やはり巧みな支配をしたんだろう。オスマン帝国は軍事的・政治的には集権的な国家体制だったけれど、オスマン領に入った当初は、間接支配をして、徐々に色々な制度を浸透させた。

B:急激に制度などを変えると反発があるよね。

A:当該地域の支配者の地位も当面は認めたりした。またオスマン支配が進む頃、ちょうどキリスト教の正教とカトリックが対立し、分裂していた。その二つの分断線が現在のボスニアあたりだった。その分裂に付け入り、オスマン支配の拠点を作り、多くがイスラームに改宗した。

B:なるほど。このあたりは現在もイスラーム教徒が多いよね。

A:また当時はビザンツ社会の解体期であり、社会的混乱と分裂が進んでいた。そこにオスマンが介入し、社会の安定をもたらした。

B:1453年にコンスタンティノープルが陥落し、ビザンツ帝国は滅び、ローマの火は消えるんだよね。これ以降、キリスト教はイスラーム世界では衰退していくんでしょ。

A:それがそうでもないんだ。ローマのカトリックに対抗するために、オスマン帝国の側につく正教の聖職者もいて、正教はそれほど衰退しなかった。

B:へーそうなんだ。

A:キリスト教の五つの総主教座のうち、ローマだけが取り残され、他のアレクサンドリア、アンティキオ、エルサレム、コンスタンティノープルの四つはオスマン帝国領に入ることになった。

B:えー。五つのうち四つがオスマン帝国の管理下に入ったんだ。

A:むしろ正教はオスマン帝国内で保護された。ちなみに中東は「宗教の博物館」とも言われている。ヨーロッパではかなり昔に異端となったキリスト教各派が中東には現在でも存在する。

B:それはイスラーム世界の中でもキリスト教の存在が認められ、ある程度保護されていたということだね。

(つづく)