エッセイ 67 スターリン、毛沢東と読書

木村 英亮

花田清輝はスターリンについて1955年に、かれくらい自我をもっていなかった人間はすくなく、チーム・ワークをとるだけのみ存在していたようだ、「おそらくかれは、かれのまわりにいる人間のほうが、かれよりもはるかに有能だということを、つねに忘れたことはなかっただろう。それがスターリンの政治家としてすこぶる老練なところなのだ」(粉川哲夫編『花田清輝評論集』、岩波文庫、1993,146ページ)、それに比べヒトラーは、シロート政治家で自分を天才ではなかろうかと思い独断専行、ついに没落した、と書いている。

スターリンは本好きで、歴史、戦史に関するものをよく読んだが、自分が粛清した「人民の敵」の書いたものもよく読み、「(19)30年代中頃、この国でたった一人の自由な読書家、ということになった」(メドヴェージェフ『知られざるスターリン』、現代思潮新社、2003,354ページ)。フルシチョフは読書家ではあったが系統性がなく、ブレジネフ、エリツィンは読書嫌いであった。

毛沢東は、スターリンとかなり違ったパーソナリティをもっており、まわりにいる人間のほうが有能だと考えていたとは思えないが、意外に共通の面も多いようである。それは、相手の言い分を注意深く聞くこと、読書好きというところである。いつも大きなベッドに、四季を通じてタオルケットだけで休んだが、ベッドの半分には中国の歴史書を積んでいた(林克他『「毛沢東の私生活」の真相』、蒼蒼社、1997,168ページ)。

毛沢東は、蒋介石を打倒したことと文化大革命を発動したことを、自分の2つの大仕事といっていた(厳家家祺他『文化大革命十年史』下、岩波現代文庫、202,440ページ)。文革は人権を蹂躙したが、同時にあらゆる伝統と習俗を徹底的に破壊した。「今日の中国大陸の空前の、権力と金の交易、汚職腐敗、風紀の乱れなどに直面するとき、人々は『文革時代』がまるで奇跡のような汚職腐敗が絶無の時代、エロ文化一掃の時代だったことを発見するであろう」(444ページ)。

ロシア人もスターリン時代を顧みて、似たような感慨をもつのではないであろうか。