「隕石の地球落下に想う」への返信(1)

岡田 邦生

チェリャビンスク州は、私がこの数年、最も多く通っている州です。
一昨日、昨日(注)と、数名の友人と話しました。
隕石が市中心部を直撃したわけではないのですが、やはりその時は、パニック状態だったようです。
私の知る人には、幸い被害がないようです。
市内、州内全般では、爆風で窓ガラスが割れ、けがをされた人は、千人を上回るようです。
また、厳寒の冬季故、何百枚も割れたガラスを修理するのは、大変なことのようです。


(注)この文が投稿されたのは2013年2月17日であり、本文中の「一昨日、昨日」はそれぞれ2月15日、16日を指す。