5.デイヴィッド・クリスチャンの『時間の地図』: ユニバーサル・ヒストリーと宇宙・地球・人間の将来

中西 治

デイヴィッド・クリスチャン(David Christian)が2004年に出版した『時間の地図 (Maps of Time) 』は、第1部「生物のいないユニバース (The Inanimate Universe) 」、第2部「地球上の生命 (Life on Earth) 」、第3部「初期人間史:多くの世界 (Early Human History: Many Worlds) 」、第4部「完新世紀:幾つかの世界 (The Holocene: Few Worlds) 」、第5部「現代:一つの世界 (Modern Era: One World) 」、第6部「将来についての展望 (Perspectives on the Future) 」から成っています。この書については、辻村伸雄が『地球宇宙平和研究所所報』第2号、2007年の「大きな歴史――歴史研究のコスモナイゼーション――」で比較的詳しく紹介していますので、ここでは、2011年に再版された原書第2版に掲載されている130億年前のビッグ・バン(Big Bang) による宇宙誕生から1991年のソヴェト崩壊までの諸年表と巻末付録の地球の地質年表などを中西が整理し、紹介するに止めます。

「クリスチャンのビッグ・バンからソヴェト崩壊までの年表」

(1) 太陽以前のユニバースの歴史 (130億年前から45億年前まで)
130億年前 ビッグ・バン、ユニバースの誕生と膨張
        宇宙背景放射の放出 (Release of cosmic background radiation)
120億年前 最初の星、銀河 (First stars and galaxies form)
最初の超新星;新元素の創造 (First Supernovae; creation of new elements)
46億年前  冥王代 (Hadean Era) 現在使われていない
太陽、地球、太陽系形成 (Sun,Earth,solar system formed);月形成(Moon formed)
地球溶解:分化 (Earth melts down:differentiation)

(2)地球と地球上の生命の歴史 (45億年前から)
40億年前  始生代 (Archean Era) 太古代ともいう
地球上のもっとも早い生命か (Earliest life on Earth?) 原核生物 (Prokaryota)
35億年前 もっとも早い組織化石:ストロマトライト(藻類によってつくられたラミナ状の構造をもつ球状あるいは円柱状の石炭岩質の化石)(Earliest fossils of organisms: stromatolites)
25億年前  原生代 (Proterozoic Era) 太古代と合わせて先カンブリア時代(隠生代)という。古生代カンブリア紀以降今日までを顕生代という。
大気圏の酸素増大 (Oxygen in atmosphere increasing)
15億年前  最初の真核生物組織 (First eukaryotic organisms) 最初の性的再生産か (First sexual reproduction?)
10億年前  ロジニアの超大陸 (Supercontinent of Rodinia)
5億9000万年前 原生代エディアカラン紀 (Ediacaran period) もっとも早い多細胞組織 (Earliest multicelluar organisms)
5億7000万年前 古生代 (Paleozoic Era) カンブリア紀 (Cambrian period) 貝殻をつけたもっとも早い組織 (Earliest organisms with shells)
5億1000万年前 古生代オルドビス紀 (Ordovician period) 最初のサンゴ、脊椎動物 (First corals, vertebrates)
4億3900万年前 古生代シルル紀 (Silurian period) 最初の骨のある魚、最初の木 (First bony fishes, first trees)
4億900万年前 古生代デボン紀 (Devonian period) 最初のサメ、両生類 (First sharks, amphibians)
3億6300万年前 古生代石炭紀 (Carboniferous period) 最初の爬虫類、羽のある昆虫;炭層形成 (First reptiles, winged insects; coal formation)
3億年前   シベリア、ヨーロッパとつながり、超大陸パンガエア形成 (Siberia joins Europe, forming supercontinent, Pangaea)
2億9000万年前 古生代ペルム紀 (Permian period) 大量絶滅(Mass extinctions)
2億5000万年前 中生代 (Mesozoic Era) 三畳紀 (Triassic period) 最初の恐竜、トカゲ、哺乳類 (First dinosaurs, lizards, mammals)
2億800万年前 中生代ジュラ紀 (Jurassic period) 最初の鳥 (First birds)
1億4600万年前 中生代白亜紀 (Cretaceous period) 最初の花咲く木;有袋類 (First flowering  plants ; marsupials)
1億年前   インド、南極大陸から分離 (India breaks from Antarctica)
6500万年前 新生代 (Cenozoic Era) 暁新世紀 (Paleocene period)アステロイド・インパクト (小惑星衝突);恐竜絶滅、哺乳類の放散、花咲く木;最初の霊長類 (Asteroids impact; dinosaurs extinction,radiation of mammals, flowering plants; first primates)
6000万年前   北アメリカ、ヨーロッパ割れる;大西洋形成 (North America,Europe split; formation of Atlantic Ocean)
5700万年前  新生代始新世紀 (Eocene period) 最初の類人猿 (First apes) gorilla, chimpanzee, orangutanなど尾のない大形サル。
5500万年前  初期の馬 (Early horses)
5000万年前  オーストラリア、南極大陸から割れる (Australia splits from Antarctica)
4500万年前  インド、ユーラシアと衝突 (India collides with Eurasia)
3600万年前  新生代漸新世紀 (Oligocene period) 初期のヒト上科 (Early hominoids) ヒトと類人猿を含む
3500万年前  新世界サル (New World monkeys) 霊長類のうち小形で尾のあるサル。
2500万年前   草が進化、草食動物の進化をもたらす (Grasses evolve,allowing evolution of herbivores)
2300万年前 新生代中新世紀 (Miocene period) ヒトと類人猿の系統分離 (Separation of hominid and ape lines)
2000万年前 類人猿系とサル系、分離 (Ape,monkey lines separate)

(3)人間史の旧石器時代 (The Paleolithic Era) (700万年前から1万年前まで)
700万年前  最初のヒト (First hominine)、二本足ヒトのもっとも早い痕跡 (Earliest remains of bipedal hominine)
520万年前  新生代鮮新世紀 (Pliocene period)
500万年前  アルディピテクス属ラミダス猿人 (Ardipithecus ramidus)
400万年前  最初のアウストラロピテクス属猿人 (First Australopithecines)
300万年前  ホモ・ハビリス (Homo habilis)
200万年前  ホモ・エレクトス/エルガスター (Homo erectus/ergaster)
最初のヒト、南ユーラシアへ移住 (First homominine imigrations to South Eurasia)
160万年前 新生代洪積世紀 (Pleistocene period)
100万年前 アウストラロピテクス、ホモ・ハビリス絶滅 (Australopithecines, Homo habilis extinct)
20万年前 現世人がアフリカにいたもっとも早い確かな証拠 (Earliest possible evidence of modern humans in Africa)
10万年前  最後の氷河期はじまる (Last ice age begins)
ネアンデルタール人;ホモ・エレクトス絶滅 (Neanderthals;Homo erectus extinct)
現世人、南西アジアに (Modern humans in Southwest Asia)
7万5000年前 現世人、オーストラリア/サフルに (Modern humans in Australia/ Sahul)
5万年前   現世人、北ユーラシアに (Modern humans in northern Eurasia)
2万5000年前 現世人、アメリカスに (Modern humans in Americas)
1万2000年前 氷河期終結;農業開始 (End of ice age; beginnings of agriculture)
1万1000年前 近東での農業のもっとも早い証拠 (Earliest evidence of agriculture in Near East)

(4)人間史の完新世紀 (過去1万年)
1万年前   新生代完新世紀 (Holocene period) ポスト氷河期の人間史 (Post-Ice Age human history )
南東アジアでの農業のもっとも早い証拠 (Earliest evidence of agriculture in Southeast Asia)
6000年前  ロシア・ウクライナ・カザフスタンでの家畜飼育の証拠 (Evidence of pastoralism in Russia, Ukraine, Kazakhstan)
アメリカスでの農業の証拠 (Evidence of agriculture in Americas)
5000年前  最初の都市と都市国家 (First cities and city-states) 最初のエンパイア (First empires)
3000年前  世界的諸宗教の成立 (Foundation of world religions) 最初の超エンパイア ペルシャ (First superempire Persia)
1000年前   中国宋王朝 (Sung dynasty in China)
800年前   モンゴル・エンパイア(Mongol Empire) 、最大の家畜飼育エンパイアの成立(Foundation of largest pastoral empire) (Genghis Khan,ca.1220 CE) マルコ・ポーロ (Marco Polo)
700年前  黒死病 (Black Death) ペスト
600年前    コロンブス、アメリカへ航海 (Columbus sails to America)
400年前  ニュートン (Newton)
300年前   アメリカ独立戦争 (American War of Independence)
蒸気機関 (Steam engine)
工業革命 (Industrial Revolution)
フランス革命 (French Revolution)
100年前  アインシュタイン (Einstein)
第一次世界戦争 (First World War)
ロシア革命 (Russian Revolution)
第二次世界戦争 (Second World War)
最初の核兵器 (First nuclear weapon)
ソヴェトの崩壊 (Collapse of Soviet Union)

以上見てきたように、ビッグ・ヒストリーはビッグ・バンから今日まで130億年間ほどの出来事を対象とする大きな歴史です。数字はあまり厳密に考えなくて結構です。おおよその年として理解して下さい。

なお、ついでながら、辻村伸雄は前記の論文103ページの表2「人類史の時期区分」で第一の時代を「3万/2万5000年前-1万年前」としていますが、これは辻村自身が誤記であることに気づき、「30万/25万年前-1万年前」と訂正しています。『所報』編集部から正式の訂正が出ていないので、このさい、訂正しておきます。