ともに訪中・訪朝を!

中西 治

厳しい暑さが続きます。いかがお過ごしでしょうかお伺い申し上げます。今夏の訪中・訪朝計画は、すでにご案内の通り、次のように決まりました。

8月29日(火)昼過ぎに飛行機で成田を発ち、午後3時半に瀋陽に着き、夕方から翌日午前にかけて瀋陽を見学します。

8月30日(水)午後に飛行機で瀋陽から平壌に向かい、ただちに万寿台大記念碑を参観します。

8月31日(木)午前に金策工業総合大学を訪問し、午後に朝鮮社会科学院の先生方と話し合います。

9月1日(金)午前に自動車で開城に向かい、朝鮮と韓国の共同開発工業団地を見学したいと願っています。そのあと板門店を見学します。午後は平壌に戻り、金日成総合大学を訪問し、先生方と話し合います。

9月2日(土)午前に飛行機で平壌から瀋陽に戻り、直ちに自動車で阜新蒙古族自治県(阜蒙県)に向かいます。ここからは同県人民政府の招待です。自動車、宿舎などは同政府で用意して下さいます。

阜新では同政府や遼寧工程技術大学を訪れ、私たちの研究所の客員研究員である李峰さん、許振良さんとお会いします。

9月3日(日)に自動車で阜新から大連に移動し、大連を見学します。9月4日(月)午後に飛行機で大連を発ち、午後5時ころに成田に帰ります。

6泊7日ですが、内容の充実した有益な旅になるものと期待しています。

会員の皆様のご参加をお待ちしています。

非会員の友人方もお誘い下さい。

良い日々を!