20. #6 「衣類」: ユニバーサル・ヒストリー(宇宙地球史)入門(2)

中西 治

「衣類 (clothing) 」がなければ、人々は温かくて、乾いたところに居なければならない。なめした動物の皮で覆われることから、ある形に合わせてその動物の皮を縫う針の使い

方を理解するまでに長い時を要した。布を織り、そして、仕立てた衣服 (clothes) 、重ね着の

衣服を作るのにさらに長い時を要した。

石器時代、殺したものを食べるだけではなく、また、それを着た。

私たちは、オーストリア・アルプスの氷河が退いたときに発見された、銅器時代の猟師、ウッゼ (Utze) の衣服を再現することができた。

彼は断熱のために草を裏に用いたスノー・シューズを履いていた。彼は編み合わせた草で作られたケープを持ち、洗練された動物の皮のバッグを身の回り品みとして持っていた。

彼は誰かに矢でうたれて死に、この氷河の中で凍えるまで、本当に幸せなさすらい人であった。