13. #13 「貨幣」: ユニバーサル・ヒストリー(宇宙地球史)入門(2)

中西 治

貨幣 (money) も、また、物語にみちた長い歴史をもっている。

人間は物々交換 (barter) で始まった。私が必要な何をあなたは持っているのか。それは労働の専門化とともに始まった。

ある人が終日、矢じり (arrowheads) を作っているとすると、あなたは彼からどのようにしてこの矢じりを入手するのか。あなたは、おそらく、彼が作った矢じりで狩猟したものを売ろうとするであろう。

貨幣は国家権力を強固にする手段として登場する。最初の農業都市社会であったシュメール人 (Sumerians) が貨幣の概念に最初に適応したのはこの故であった。

換言すれば、私が蓄えたものをたくさん持っていたとすると、あなたがいま、それは自分のものだと言っているものを、私はあなたに与えるであろう。事実上、それは善行の一形態である。

私たちは硬貨 (coins) から紙幣 (paper money) まで、最後は、すべての現代経済を可能にしている、命令と信用にもとづく通貨 (currency) の概念に到達した。それは、ヨーロッパ中世後期に発達し、そこでは信用証書 (letters of credit) とマルク証書 (letters of mark) が、貨幣制度 (coinage) の価値にもとづくものよりは、むしろ、国家権力にもとづく銀行を初めて私たちに認めさせることになった。