5. 「前人類時代」と「人類時代」、「宇宙一体化」と「地球一体化」: ユニバーサル・ヒストリー(宇宙地球史)入門(1)

中西 治

第一の基準にもとづき、宇宙の誕生から今日までを大きく二つに分け、700万年前の人類の誕生までを「前人類時代(Pre-Human Age)」、それ以後を「人類時代(Human Age)」とした。

宇宙一体化の観点から言うと、宇宙の誕生から1957年のソヴェトによる人工衛星スプートニクの打ち上げまでは、宇宙が誕生し、拡大し、地球が誕生した「宇宙一体化第一期(First Period of Cosmonization)」である。

スプートニク打ち上げ以後は人間が拡大した宇宙を結び合わせ始めた「宇宙一体化第二期(Second Period of Cosmonization)」である。

地球一体化の観点から言うと、地球の誕生から1492年のコロンブスのアメリカ到達までは人間が地球の各地に拡散した「地球一体化第一期(First Period of Globalization)」である。

コロンブスのアメリカ到達からスプートニク打ち上げまでは地球上に拡散した人間が結合し始めた「地球一体化第二期(Second Period of Globalization)」である。

スプートニク打ち上げ後は通信衛星などによって地球の一体化が促進された「地球一体化第三期(Third Period of Globalization)」であり、同時に人間が宇宙空間に進出し、拡大した宇宙を結び合わせ始めた「宇宙一体化第二期(Second Period of Cosmonization)」である。