書籍紹介: 中西治『ロシア革命・中国革命・9.11 ―宇宙地球史の中の20‐21世紀』

遠藤 美純

はじめに

私たちが生きるこの21世紀初頭は、大きな転換を遂げつつある特別な時代に思われる。いやそう思い知らされているのかもしれない。かつての当たり前が通用しなくなることは、しばしば神話の崩壊に例えられてきた。しかし、この変化の原動力は人間である。科学技術とナショナリズムが人間の力を増大させ、グローバリゼーションが人間の力の新たな接触をもたらしている。

本書は、本地球宇宙平和研究所の中西治理事長の11冊目の著作である。本書の出版にあたって、私はその編集・校正でお手伝いをさせていただいた。ここでは本書の内容と意義について若干の解説を加え、大著である本書の読みどころをページ番号を付して紹介したい。

現代における大転換と革命、そして人間

「現代」とはいかなる時代か。著者は「工業革命から運輸通信情報革命にいたる一連の科学技術革命が急速に進展し、同時に独立革命と民主主義革命が進行し地球が一つの人類共同体に成りつつある時代」(pp.121-122)とする。科学技術によって水平・垂直両方向に人間の結びつきが拡大された。その拡大のあり方は科学技術などの進度によって制約されてきたが、主権国家とナショナリズムは一定の地域統合と平和をもたらし、その枠組みがグローバル・スタンダードとなることで地球上は主権国家システムで覆われた。著者はこの現代の始まりを1776年のアメリカ独立宣言と1789年のフランス人権宣言に見る。外部からの政治的従属を脱するという独立革命は約200年かかって公式には地球上でほぼ完了する。内部における一方的な政治的従属を脱するという民主主義革命はいまだ進行中である。さらに1917年のロシア革命が平和の問題と経済的従属の問題に焦点を当てた。いずれの革命も科学技術の発展と社会の変化に対応した国内秩序、国際秩序をつくりだそうとする試みである(pp.249-250)。

私たちが生きる21世紀はこの変化と革命の延長線上にある。しかし、20世紀後半からの科学技術のとりわけ急速な革新は、人間の生き方についての考え方とそれとの間のギャップを著しく増大させている(p.19)。戦争技術の発展はその最たるものである。ナショナリズムの規模とグローバリゼーションとの衝突も顕著になった。地球規模の問題が極めて重要になっている。人間は地球の外に一歩を踏み出してもいる。脳科学などの新たな研究は人間や世界といった概念そのものを根本から揺るがしかねない。これまでにない大きな変化に対しては、これまで以上に大きな枠組みでの捉えなおしと取り組みが必要である。「21世紀は人間・科学技術・社会の総合革命が進行する時代である。」「21世紀は20世紀までとは質的に異なる社会を作り出す時代」であり、「それにふさわしい智恵と知識と技術をあわせもつ人間」が必要とされるのである(p.250)。

総合史としての宇宙地球史

本書は二つのアプローチからこの問題に取り組む。一つはより大きなアプローチである。国民国家を世界の単位とする国際政治学・国際関係論を遥かに超え、本書は総合史としての宇宙地球史を提唱する(p.66)。グローバリゼーション(地球一体化)に加えてコスモナイゼーション(宇宙一体化)という概念が提示され、そこに私たちが生きる 20‐21 世紀が位置づけられる(pp.120-122)。本書では宇宙・地球・生命の誕生(第3章)から、思想家・宗教家による宇宙観・世界観(第4章)や、グローバル・ヒストリーの業績(第2章)までが網羅的に取り上げられる。本書が描くのはいわゆるグローバル・ヒストリーをも超えるビッグ・ヒストリー(大きな歴史)である。本書はこうした取り組みに関する総合的かつ入門的な単著として、日本における最初の一冊である。

ここで大きく提示されるのは、客観世界における脱人間中心主義であり、主観世界における人間中心主義である。前者によれば、人間はビッグバン以降に生じた元素によって構成された生物の一つに過ぎない。人間という存在は宇宙・地球に依存する。人間は万物の霊長ではないのである(p.367)。しかし、人間にとって人間は重要である。著者の歴史的評価における多数者の重視(p.33)や、理論における論者のポジショナリティの重視(p.361)、人間が神や仏を作る(p.16)といった考え方は後者によるものである。

ロシア革命・中国革命・9.11

その一方、本書ではこのような大きな歴史の中で、20‐21世紀の大きな具体的出来事、ロシア革命(第5 章)、中国革命(第6章)、9.11 (第8章)ならびにその淵源としてのイスラエル建国(第7章)に検討が加えられる。これが本書のもう一つのアプローチである。その問題関心は、資本主義やナショナリズムなどによって分断された現代世界の統合と平和、その可能性の模索にある。

ロシア革命はアメリカ独立革命、フランス民主主義革命の延長線上に、新たに平和と社会主義の問題を提起するものであった(p.249)。それは資本主義がもたらしてきた世界の従属関係を新たに再構成しようとする試みであったがゆえに、20世紀における転換点となるものであった。共産主義の社会主義からの決別は、第一次大戦に反対したかどうかにあった。ナチス・ドイツに対する勝利へのソヴェト連邦の功績は決定的なものであった。さらにソヴェト連邦は宇宙に初めて人間を送り込んだ。だが、ソヴェト連邦は平和時における市場化・情報化に失敗し、人々の支持を失い崩壊した(p.243)。独立革命として始まった中国革命はその教訓に学びながら、工業化・市場化を進めている。アメリカ革命・フランス革命を含め、いずれの革命もまだ終わっていない未完の革命である。

イスラエル建国は9.11の淵源の一つであるが、それにはソヴェト連邦のスターリンとモロトフが大きな役割を果たした(p.344)。ソヴェト連邦はナショナリズム・ファシズム・レイシズムに対するオルタナティブを体現しようとしていた。しかし、イスラエルが建国されると、ソヴェト連邦のユダヤ人はソヴェト連邦を捨てイスラエルへと移住した。スターリンは裏切られた思いをした(p.350)。インターナショナリズムにナショナリズムが優ったのである。時代はナショナリズムの時代であった。

21世紀に至り、9.11はグローバリゼーションの結果を十二分に利用して計画され、組織されて、実行された。それへのアメリカ合衆国の対応は、アフガニスタンやイラクを攻撃するという旧来の対応であった。著者はアメリカ独立革命から現代が始まると考えるが、そのアメリカ合衆国が古さを体現し、9.11実行者が新しさを体現している。その意味で9.11は20世紀までの歴史と、21世紀以降の歴史を分かつ出来事なのである(p.362)。

おわりに

大転換の時代は、物質的・経済的な苦しみとともに、今までの信念体系の崩壊という精神的な苦しみをももたらす。なぜ自分だけが、なぜ今になって……、そう問わざるをえない裏切られたとの思いは、ときに陰謀論に回収されもする。しかし、そのときにこそ、宇宙地球史の中に20‐21世紀を論ずる本書は、新たな旅立ちのための灯明となるだろう。

母が1945年8月15日の玉音放送直後に「三代目は国を滅ぼしましたね」と父にひそひそと語っていた。これは驚きであった。私にとって昭和天皇は神武天皇以来124代目であったが、明治生まれの両親にとって昭和天皇は明治・大正に続く三代目であった。母のこの言葉が私の戦後思想への旅立ちとなった(p.12)。

確かに現代の私たちはある種の行き詰まりに至っているのかもしれない。しかし、その行き詰まりに気付くところに、新しい思想そして新しい時代への旅立ちがある。万物は流転する。その意味で絶対というものはない。今はとりわけそういう時代である。新しい宇宙地球時代にふさわしい人間が求められている。